脇のイボの取り方とは?脇の下のポツポツしたイボの薬を解説!

脇 イボ
脇にイボがあると気になってしまうんですよね。

脇の下のポツポツしたイボは加齢が関係していることもありますが、他にも原因はあります。

今回は、脇のイボができる原因、白いイボができる理由、脇のイボを皮膚科で治療する場合の料金相場、市販薬などを詳しく説明していきます。

また、痛みやかゆみがあったり、大きい脇のイボのケアや対処法、取れそうな脇のイボの取り方なども解説しています。

脇のイボの悩みを解決する手助けになれば嬉しいです。

脇にイボが出来る原因|赤いイボや黒いイボの違いと出来る原因の違いと改善方法

脇に赤いプツプツや黒いイボが出来ることがありますが、その原因や改善方法は異なります。その違いについて簡単に説明します。

まず、脇は身体の中でも皮膚が薄く柔らかいため、刺激を受けやすく、その影響によりイボが出来てしまうのです。

そして原因によりその症状は異なります。赤い場合はニキビか毛嚢炎が考えられます。ニキビは皮脂や汚れが毛穴に詰まることによって炎症を生じるため赤いプツプツとなってしまうのです。

また、毛嚢炎はムダ毛処理などの際に肌を傷つけ、そこに雑菌が入ることにより生じます。どちらも軽症なら自然に改善できますが、重度の場合は皮膚科での治療が必要です。

そしてイボが黒い場合はアテロームが考えられます。ターンオーバーの低下や肥満などにより皮脂や老廃物が蓄積してしまい、小さなイボが出来てしまったのです。

そしてこの蓄積物は酸化することにより黒ずんでしまいます。そのため黒いしこりとなってしまうのです。これは自然治癒しないので皮膚科で施術を受ける必要があります。

このように脇のイボは症状によって原因や改善方法が異なります。このようなことから脇のポツポツを効果的に治すなら症状を確認して適切な処置をする必要があります。

イボ 脇 原因

脇のイボが白い理由は膿や脂肪の塊?脇のイボが白くなる原因と対処法とは?

脇の下にできる白いイボには病気が原因のものもありますが、できる理由としては皮膚の新陳代謝がうまく行われず毛穴が詰まってしまうことが大きな原因となります。

そもそも脇の下は汗腺が多く皮脂が詰まりやすい部位です。例えばお年寄りの方や肥満気味の方は新陳代謝が低下してきますから比較的できやすいと言えます。

肥満体型だからといって白いイボの中身は脂肪か、なんて思う方もいるかもしれませんが、脂肪ではなく古い角質や皮脂が詰まったものであり、膿や脂肪などではありません。

炎症が酷くなると膿が出ることもありますが、その理由はイボを自分で潰した際に細菌が入ってしまうということが一つあります。膿が出るほどの炎症にならぬよう、自己ケアする場合は市販薬を使うか皮膚科に相談しましょう。

またイボができる他の理由としては、衣服の摩擦やムダ毛処理による肌への刺激、それらに加えて紫外線なども刺激となり白いイボが発生する場合があります。

対策としては脇に刺激を与えないようきつすぎる衣服の着用は避ける、ムダ毛処理後は保湿を心がけ、ダメージを残さないようにする、露出が多い夏場では脇の下のUVケアも欠かさないようにすることが効果的です。外部からの刺激を極力防ぐだけでも大分違ってくるのではないでしょうか。

イボ 脇 白い

脇の下のイボは加齢や老化が関係していますか?年齢によるイボの出来やすさの違いとは?

脇の下というのは、日頃あまり意識しない部位かもしれません。しかし、ある日突然、ポツポツとしたものが出来ていることがあるので注意しましょう。

脇の下は、関節があるので、皮膚同士が擦れやすく、服によっても擦られている部位です。そのため、他の部位の皮膚よりも刺激が強く、お肌のターンオーバーがうまくいかなくなってしまうことがあります。

ポツポツとしたものは老人性イボといって、老化によるものだとされています。老化というと、お年寄りにしかできないイメージですが、年齢は若い人でもなることがあり、20代や30代でできる人も珍しくありません。

加齢が関係する症状ですが、そこまで年を重ねた年齢でなくても起こる症状です。

女性の場合は、脇の下のムダ毛の処理などもするので、刺激がより強くなっています。加齢や老化に加えて、これらの刺激が加わることも、イボと大きな関係があります。

老人性イボは、加齢や年齢に関係するから仕方ないと考える人もいますが、治療によって除去したり、イボ用のクリームを塗ることでやわらかくすることができます。服が引っかかって痛みを感じるという場合は、病院に行くなどの対処方法を考えた方がいいかもしれません。

イボ 脇の下 加齢

脇のイボに痛みや痒みがある場合のおすすめ対処法は?

脇のイボに痛みや痒みが伴う場合の、おすすめの対処法がいくつかあります。

まず、必要な皮脂は残して、清潔を保つことを意識することが大切です。
お風呂で体を洗う際は、弱酸性などの肌に優しいものを使用し、摩擦による刺激でトラブルが起きることを避けるために、ボディソープなどをよく泡立てて優しく洗いましょう。

そして、痛みや痒みを伴う脇のイボがある時は、肌に刺激を与えないようにするため、脇のムダ毛処理を行う際は、肌への負担を最小限に抑える、正しい方法で行うこともおすすめの対処法です。

ムダ毛の処理後は、肌のバリア機能が低下していて炎症が起きやすくなるため、肌に合う化粧水やクリームなどで保湿をする必要があります。
その際は、コットンに化粧水などをたっぷりとしみ込ませてパックをすると、なめらかな肌にすることが期待できます。

それから、痛みや痒みを伴うイボが発生している時は、衣服の摩擦による刺激を避けるため、なるべくゆとりのある服を選ぶこともおすすめの対処法のひとつです。

さらに、紫外線も肌への刺激になるため、脇を露出する服で出かける際はUVケアを心がけることが大切で、脇を様々な刺激から守ることがイボの予防につながると言われています。

イボ 脇 痛み

脇の下の大きいイボは病院で除去できる?大きいイボの除去のメリットとデメリットとは?

脇の下のイボが大きいとそのままにしても問題はないとはいっても非常に気になってきますので病院で除去してもらう方法を選択する人が増えてきますが、その場合はデメリットがあるのでしょうか?

このイボ自体は古い角質が固まってできたもので、良性なので心配はありません。ただし、脇の下ですので衣服にこすれることがありますので、除去すればそういうことも無くなってスッキリしますし見た目もきれいになります。

大きいイボは摩擦を受けることが多くなりますので、除去した方が日常生活が楽になります。

デメリットとしては、病院で治療を受ける場合には簡単ですが手術が必要となります。大きいものを取り除くと、皮膚が引っ張られるような感覚が残ったり、麻酔が切れた後に痛みが出るケースもあります。受けた後に後悔しないように、デメリットの面もきちんと考えてから治療を受けることが大切です。

病院に行ったら、治療を受けた後にどのくらいの期間が経てばいつも通りの生活に戻れるのかもしっかりと確認しておかなければなりません。

脇の下は意外と敏感な場所ですので、除去した部分が外的刺激にさらされて皮膚症状がなかなか治まらないようなこともありますので、その点にも注意が必要です。

イボ 脇の下 大きい

脇の下のイボを皮膚科で治療する時の料金相場は?保険は適用される?

脇の下に出来るイボを皮膚科で治療する際にかかる料金はレーザー治療は自由診療となりますが、一般的に保険が適応し初診料金を入れて一回2000円~5000円くらいで治療が出来ます。さらにお薬が処方されるとプラス数百円加算されます。

ではどのようなイボの治療が行われるかというと、保険が適応される漢方の処方や大きいイボの切除が料金3000円ほど、液体窒素を使っての治療の場合保険適応で一か所1000円ほどとなっています。

ちなみに皮膚科で処方される漢方は脇の下・首のイボに効果があるヨクイニンなのですが、こちらは別名ハトムギと呼ばれ日本人にはお馴染みです。

なお脇の下に出来るイボの種類としては2mmから3mmほど大きさの物が沢山出来るアクロコルドンと呼ばれるタイプや直径1cmほどの大きめの軟性線維腫、これよりも大きい懸垂性線維腫などがありますが、特に30代以降の更年期の女性や肥満気味の方に出来やすくお肌の老化現象の1つでもありますし、衣類の摩擦や紫外線によっても発症しやすいので日ごろのお肌のケアも大事です。

また中には悪性の物やウイルス性のものもあるので気になる方はまずは皮膚科に行って診てもらうのが一番良いでしょう。

イボ 脇の下 皮膚科

脇のイボが取れそうな場合、自分で取れる?自分で切る方法や取り方って?

加齢や肌のトラブルによって首元や胸元、脇などにできるイボには、取れそうな自分で切ることができるようなイボもありますが、正しく行わないと衛生面や痛みや跡が残る原因にもなりますので、必ず病院で取り方を説明してもらった上で処置してもらいましょう。

脇のイボには、広範囲に発生する1㎜ほどの大きさで平らなものやぶら下がったような形状の『アクロコルドン』、良性ではありますが1㎝を超えるような大きさの『軟性線維腫』、軟性線維腫を放置しておいた結果更に大きくなり『懸垂性線維腫』と呼ばれるものがあります。

脇のイボの取り方としては、皮膚科での外科用ハサミで切り取る外科的な手術や電気メスで焼き切る方法のほかに、飲み薬ではハトムギの成分であるヨクイニンを服用する方法、またサリチル酸を含有している塗り薬やヨクイニンを含有した塗り薬があります。薬による取り方では長期の服用や使用が必要です。

他の取り方としては、液体窒素を使った治療や、レーザー治療という方法もあります。いずれにしても皮膚科での受診は必要で、自分で取れそうだと思っても、自分で切るようなことは避けましょう。

また市販の塗り薬で取れそうなものには、使用できる部位のみに使うことが原則です。さらに肌トラブルを起こさないためにも説明書に書いてあることは守らなければなりません。

イボ 脇 取れそう

脇のイボに効く薬で市販薬はある?薬局やドラッグストアにも売ってる?

脇にイボができてしまった場合、薬局やドラッグストアによく効く市販薬が販売されています。イボというのは大きく老人性とウイルス性の2種類に分けることができます。どちらのタイプであるかによって市販薬も異なりますので注意しましょう。

ここでは老人性の場合について説明いたしますが、老人性のイボというのは紫外線などが原因となって起こる皮膚の老化現象です。そのため高齢者に多く見られます。色は茶色から黒で、どんどん増えていくウイルス性とは異なる一つだけポツンとできる特徴があります。

薬局やドラッグストアで薬を購入する場合は、老人性の薬であることをよく確認する必要があります。また、脇の場合は老人性用であればどの薬でも問題はありませんが、首や顔には使用できない市販薬もあるので使用上の注意をよく確認し間違えないようにしましょう。

脇にできた老人性のイボに対して、現在薬局やドラッグストアで購入できる市販薬としては、「イボコロリ」や「紫雲膏」などが人気です。どちらも効果が高く、きちんと治すことができます。また、医薬品以外にも、ドクダミエキスや化粧品のポロポロジェルなどがあります。ポロポロジェルは古い角質層ごと除去することができますのでおすすめです。

イボ 脇 薬

脇の下に出来るイボやポツポツ目立つ黒ずみに効く化粧品や化粧水は?

脇の下のポツポツは皮膚の繊維や脂肪からできています。このポツポツに触れてみると分かりますが、柔らかいのが特徴です。若いうちはあまりできませんが、30歳を過ぎると徐々に出来始めます。

肥満体質の人にできやすく、肌の老化現象の一種とも言われています。脇の下以外にも首や胸、脇腹などの皮膚の薄い場所にできるイボであり、衣服との摩擦や紫外線による影響も考えられます。

特に脇の下は衣服と密着しやすい部分ですので、一度イボができるとどんどん大きくなる傾向にあります。

摩擦が起こる場所にはイボ以外に黒ずみも頻繁に現れます。脇の下に黒ずみが出てくると、せっかくムダ毛処理を行っても肌が綺麗に見えませんので、黒ずみも一緒にケアしたいところです。

ポツポツと現れたイボや黒ずみをケアする場合、化粧水などの化粧品を活用します。ムダ毛処理を行った後は肌に負担をかけないようにワセリンのような保護機能を持つ化粧品を使い、普段から保湿化粧品を使うことも忘れてはいけません。

角質を柔軟にして肌代謝を高めたい時にはヨクイニンエキスを含む化粧水が有効であり、サリチル酸や杏仁オイルが含まれる化粧水も高い効果を期待することができます。

イボ 脇の下 ポツポツ

脇の下に出来るイボに効く、クリームはある?脇の下のイボのケア方法とは?

脇の下にできてしまったイボというのは、加齢による乾燥でお肌の古い角質が硬くなってしまったものが原因かもしれません。

あるいは、夏場などに脇の下あたりを露出することが多く、紫外線のダメージを受け続けた結果、イボができてしまった可能性もあります。

脇の下は下着、洋服などが擦れることもありますし、ムダ毛の自己処理などのダメージも大きく、古い角質も蓄積しやすい部分の一つなので、ポツポツが気になった時には、手始めに皮膚を柔らかくしてイボを取り除くようなケアを試していただきたいところです。

手軽にできるケア方法としておすすめしたいのは、あんずやハトムギエキスが配合されたイボ専用のクリームを使うことです。

専用のクリームを使ってケアする方法でしたら、皮膚科などに通う手間を省くことができますし、イボに効く成分が豊富に含まれていて、着実に改善していくことができるようになります。

また、今後も脇の下にポツポツが出来ないようにするためには、ムダ毛の自己処理等によってダメージを与えないように気をつけたり、丁寧に保湿ケアをしていくことが重要な方法と言えます。

専用クリームでしたら、ポツポツに効くだけでなく、保湿にも効くので、ポツポツが改善した後も使い続けてみてください。

イボ 脇の下 ケア

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。