脇のぽつぽつしたイボの改善法|クリームを使ったケア方法

脇 ぽつぽつ
脇や脇の下のぽつぽつとしたイボに悩んでいる人は少なくありません。

白いぽつぽつや痛みがある場合もありますし、取れそうなものがあると気になります。

今回は、脇のぽつぽつしたイボの原因、効く市販薬を紹介します。

また、脇の下のぽつぽつとしたイボは加齢などが原因としてありますが、脇の下の大きいぽつぽつとしたイボのケアや対処法、皮膚科の治療の仕方などについても触れています。

ちなみに、脇の下の毛穴の黒ずみ対策も書いていますので、あなたの役に立てば嬉しいです。

  
脇のぽつぽつしたイボに効くクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

脇のぽつぽつとしたイボが出来る原因と改善方法|赤いぽつぽつや黒いぽつぽつの違いとは?

ぽつぽつ 脇 原因

肌トラブルというと顔にできるニキビやシミ、毛穴の開きをイメージする人が多くなりますが、脇も起こりやすいので注意が必要です。脇にできる肌トラブルの1つに、ぽつぽつとしたイボがあげられます。これらには赤いものや黒いものがあるのが特徴です。

ぽつぽつができる原因には、いくつかあります。ウイルス性などの悪性タイプのものは、自分で改善するのは難しくなります。ですが、原因によっては自己改善できるぽつぽつもあります。

脇にできる赤いぽつぽつや黒いぽつぽつは、大半が間違ったムダ毛の自己処理が原因となってきます。ですので、ムダ毛の自己処理の仕方を改善することで、ぽつぽつのケアと予防をすることができます。

間違ったムダ毛の自己処理を続けていると、ダメージから肌を守るために角質が厚くなることがあります。そのため、肌が固くなり、固くなってしまったものがイボとなります。

黒いぽつぽつは、角質が厚くなったものが多く、皮脂と混ざり酸化することで黒さがましていきます。それに対して赤いぽつぽつは血管腫とも呼ばれ、血管が関係してくることがあります。

イボの種類に違いがありますが、肌が摩擦などのダメージを受けるとできやすくなるのは共通です。ムダ毛の処理回数を減らしたり、保湿ケアで肌をいたわるようにして予防しましょう。
  

脇のぽつぽつのイボが白い理由は膿や脂肪の塊?その原因と対処法って?

ぽつぽつ 脇 白い

首や脇など比較的肌が薄く、デリケートな部位に出来やすい白いぽつぽつに悩まれている方は少なくありません。

一見ニキビのような症状に見える場合もありますが、これは古い角質などが毛穴に詰まって起こる角質粒などの症状だと言われています。主な原因は肌が老化してターンオーバーが正常に働かずに古い角質が蓄積してしまったり、紫外線を浴びて肌にダメージが蓄積することが原因で起こるといわれています。

また脇は定期的にムダ毛の処理としてカミソリや電動シェーバーを利用してお手入れをしている方も多いですが、頻度の高いお手入れは肌に負担を与えます。

その外的な刺激によって肌が傷つき、毛穴に膿や脂肪が詰まって白いぽつぽつになってしまう場合もありますので、白いぽつぽつを綺麗に治すためには皮膚科クリニックなどで適切な治療を行う必要があります。

皮膚科で治療が必要な理由として、脇などの皮膚が柔らかい部位は自分で無理に膿や脂肪を除去しようとするとかえって炎症を起こしてしまう危険があるためです。

その理由から医師により殺菌した針を利用した膿や脂肪の除去を適切に行うことで、毛穴の詰まりを改善することが出来ます。また一度角質粒が出来た人は除毛を繰り返していると再発してしまう理由となってしまうので、脱毛ケアに切り替えることが大切です。
  
脇のぽつぽつしたイボに効くクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

脇のぽつぽつのイボに痛みや痒みがある場合のおすすめ対処法とは?

ぽつぽつ 脇 痛み

脇の下にいつのまにかぽつぽつができてしまい、痛みや痒みを撃退するおすすめの対処法はないかと悩んでいる人は案外多いものです。このぽつぽつはほとんどの場合悪性のものではなく、遺伝性のものだったり、皮膚の老化が原因です。

そのままにしておいても健康上に問題はないとはいっても、やはり気になるものですよね。特に痛みや痒みが少しでもあったら、場所が脇の下であるだけに人前では対応しづらいというものです。

そんな脇のぽつぽつにおすすめの対処法はいくつかあります。まずはぽつぽつが結構大きくなってしまい痛みや痒みが酷いという場合は、病院に行ってレーザー治療で除去してしまうという方法があります。

局部麻酔をかけて行うのでそれほど痛みを感じませんし、除去した後の肌にも傷が残りにくいというメリットがあります。大きなイボができてしまって日常生活にも支障が出るというような人にはおすすめです。

病院に行くほどではないけど自分で何とかしたいという人には、ぽつぽつに直接塗る塗り薬や、副作用のない漢方などがおすすめです。

また、老化が原因のイボにはスキンケア化粧品で継続的に脇の下をケアすることも効果的な対処法です。角質を柔軟にすることで新陳代謝が高まり、皮膚の柔らかさを回復することができます。
  

脇のぽつぽつのイボが取れそうな時は自分で切るのはNG?正しい取り方は?

ぽつぽつ 脇 取れそう

夏が近づくと、肌の露出が多い服装が多くなります。そんな時に、目につくのが脇にできたぽつぽつとしたイボです。脇は身体の中でも普段はあまり、目に入らない箇所ですがノースリーブやタンクトップなどの袖のない服を着ると、必然的に脇に目がいきやすくなります。

そのため、ぽつぽつがあれば自分だけでなく他人からも目に付きやすいため、どうにかしたいと思うようになるのが自然です。

そして、そのぽつぽつが取れそうな場合、自分で取ろうとする人もいますが、素人がぽつぽつを切ると出血をしてしまったり、切った箇所が化膿してしまうこともあります。

また、イボの中には稀に悪性のものもあるため、誤った取り方をしてしまうと大変危険なのです。一見すると、すぐに取れそうなイボでも、素人が誤った取り方をしてしまったり、イボを切るときちんと切れなかったり、跡が残ってしまうこともあるため、素人が自分でイボを取ることはおすすめできません。

そのため、たとえそのイボが取れそうだと思っても無理に引っ張ったり、自分で切るのではなく病院へ行くことが重要です。病院へ行けば、医師の手によって安全で適切な取り方をしてもらえるため、身体へのダメージも少なく、跡が残ってしまうといったリスクも少なくなるのです。
  

脇のぽつぽつのイボに効く薬に市販薬はある?薬局やドラッグストアにも売ってるの?

ぽつぽつ 脇 薬

イボにはウィルス性や悪性腫瘍と老化現象が原因の2種類があります。ウィルス性や悪性腫瘍の場合は病院で処置してもらわないといけないのですが、老化現象が原因なら自分で治療できます。

自分でイボを取りたいと思っても、ウィルス性や悪性腫瘍だと触るだけで他の部位にイボが増える可能性もあります。見分けが難しいなら病院で診察を受ける方が良いです。

脇にできたぽつぽつのイボは薬局やドラッグストアで売っている市販薬で取ることができます。ただ、個人差があるので効き目が遅いこともあります。
誰もが薬局やドラッグストアでも見掛けたことがあるほどポピュラーな市販薬の塗り薬から化粧品まで多数あります。脇のぽつぽつなら化粧品よりも塗り薬や飲み薬が良いです。

具体的な商品名ですが、紫雲膏が昔から使われていて有名です。ゴマユやトウキなどの植物由来の成分やラードが入っています。漢方の軟膏になので、効果が出るまでに時間は掛かりますが脇だけでなく顔や首にも安心して使えるメリットがあります。

薬局やドラッグストアでキズ薬としても販売されています。他にも脇のぽつぽつに使える市販薬は飲み薬ならイボコロリ内服錠があります。錠剤で服用しやすく、汗をかきやすい脇にはピッタリです。
  
脇のぽつぽつしたイボに効くクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

脇の下のぽつぽつしたイボは加齢や老化が関係してる?年齢によるイボの出来やすさって?

ぽつぽつ 脇の下 加齢

脇の下にできるイボのぽつぽつは加齢や老化に関係している場合が多く、年齢を重ねるごとに増えてきます。これは良性腫瘍の1つで脂漏性角化症と呼ばれています。

このぽつぽつは脇の下の他に首や胸、脇腹などの皮膚が薄い箇所にできやすく、30代以降に多くなってきます。この原因は老化による免疫力や新陳代謝の低下が関係しています。

人は年齢を重ねるごとに新陳代謝が衰えてきます。皮膚の健康はターンオーバーを頻繁に繰り返すことで保たれていますが、年令を重ねて新陳代謝が衰えてくるとターンオーバーのサイクルが乱れて皮膚が弱くなってきます。

皮膚が紫外線の刺激や衣服との摩擦に弱くなることが原因で、皮膚の表面が硬くなりやすくなって脇の下のイボのぽつぽつとなります。

また、加齢とともに新陳代謝の衰えて太ってくると皮膚と衣服が擦れあい、刺激を受けやすくなるのも原因の1つです。老化が原因でできるぽつぽつですが太っている人は年齢に関係なく20代でもできる人はいます。

逆に加齢を重ねてもしっかりと紫外線対策をして、スキンケアに気を使い、皮膚を強くするビタミンなどを摂取している人はぽつぽつができにくくなります。改善や予防のためにもお肌に良い生活を心がけることが大切です。
  

脇の下のぽつぽつとしたイボが大きい場合、病院で除去する必要はある?メリットとデメリットとは?

ぽつぽつ 脇の下 大きい

気が付いたら、脇の下にぽつぽつとしたものができていることがあります。特に痛みなどはなくても、ぽつぽつしていると気になるものです。

この脇の下にできるぽつぽつは、老人性イボといって、古い角質が固まってできたものです。

良性のイボですが、放置していると大きくなったり、数が増えることがあります。お肌のターンオーバーに合わせて排出されるはずの角質が残ってできたものです。老人性とはいっても、30代あたりからできる人が増え始めます。

脇の下に大きいイボがあると、衣服が擦れることがあります。大きい物は病院で除去することが可能です。絶対に取り除かなければいけないというものではありませんが、除去した方がすっきりするという患者さんが多いです。

病院で大きいイボを除去するデメリットは、簡単な手術が必要になるという点です。病院に行った際には、どの程度で日常生活に戻れるかということをよく聞いておきましょう。

皮膚が引っ張られる感覚や、麻酔が切れた後に痛みが出るというデメリットもあります。もちろん、デメリットだけでなく、メリットもあります。イボがなくなり、皮膚が戻ればきれいな状態になることができます。事前に医師と相談して決めましょう。
  
脇のぽつぽつしたイボに効くクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

脇の下のぽつぽつしたイボを皮膚科で治療する時の料金相場は?保険は適用される?

ぽつぽつ 脇の下 皮膚科

脇の下にぽつぽつしたものがあると、気になるだけでなく、服が引っかかるなどして痛みを伴います。このぽつぽつしたものは、老人性イボと呼ばれるもので、古くなった角質が蓄積されてできます。

良性のものですが、そのままにしておくと脇の下にぽつぽつが増えてしまったり、サイズが大きくなるということがあります。

気になる脇の下のぽつぽつした老人性イボは、皮膚科で治療することができます。いくつかの方法があり、一般的なのは液体窒素をぽつぽつしたイボに当てるというものです。意図的に組織を壊死させることで、イボを取り除きます。

保険が適用されるので、料金も1000~3000円程で治療できます。また、皮膚科ではレーザーを使った治療もあります。保険が適応されないので、料金は1つあたり5000円程かかってしまいますが、1度できれいに取り除くことができ、跡も残りません。

サイズが大きなイボの場合、皮膚科では除去するための簡単な手術を行います。保険が適応されるので、料金は5000円ほどですが、サイズの大きな気になるイボをきれいにすることができます。

どの治療法もメリットとデメリットがあるので、自分の状態に合ったものを選ぶことが大切になります。医師と相談して決めましょう。
  

脇の下に出来るぽつぽつのイボや目立つ毛穴の黒ずみに効く化粧品や化粧水はある?

ぽつぽつ 脇の下 黒ずみ

脇の下の下着が当たる部分や洋服でこすれやすい部分にできることがあるぽつぽつや毛穴の黒ずみが気になる人は意外と多く、効果的な化粧品や化粧水を探している場合には、肌のケアを行うことをおすすめします。

脇の下にできてしまうぽつぽつには、肌の色と同じものや黒ずみのようになっているものなどがありますが、肌の老化によって起きていることが多く、遺伝的な要素や角質粒が原因になることがあります。
イボは肌の新陳代謝が低下して、角質がたまってはがれにくくなりぽつぽつになったり、毛穴の部分の角質がはがれにくくなっていることで汚れと古い角質が混じって、黒ずみのようになってしまってできることが多く、脇の下は下着や衣服にこすれることが多いため、肌が乾燥して肌の生まれ変わりや新陳代謝が低下しやすく、イボができやすい部分です。

脇の下のぽつぽつが気になる人は、肌の生まれ変わりを促すために、保湿をすることがおすすめです。化粧水などの化粧品をつける人もいますが、肌をしっとりとうるおしながら美白もできるクリームを使うことがおすすめです。

イボ対策に化粧水などの化粧品を探している人は、保湿と美白ができる肌に優しいクリームを毎日塗ることで、イボの対策だけでなく、乾燥による毛穴の開きや黒ずみにも効果を期待することができます。
  

脇の下に出来るぽつぽつのイボに効くクリームと正しいケア方法とは?

ぽつぽつ 脇の下 ケア

脇の下にぽつぽつとしたイボができることがあります。このぽつぽつとした脇の下のイボは首元などにもできるものと同じもので、悪性腫瘍やウィルス性のイボではなく、紫外線や衣類の摩擦などにより角質が硬くなり、年齢を重ねることで皮膚の新陳代謝が乱れることでできたイボなので心配はいりません。

首元や脇の下など皮膚の柔らかいところにできるぽつぽつは角質や皮膚の脂肪などからできているためぽつぽつが柔らかいのも特徴的です。肥満体質や更年期を過ぎた女性に多くみられるぽつぽつで肌の老化現象とも考えることができます。

脇の下のぽつぽつはクリニックなどに効くレーザー治療で取り除く方法もありますが、病院に行かずに自分でケアすることもできます。セルフケアする場合にはイボに効く専用のクリームを塗る方法があります。

イボに効く専用クリームを塗る方法では、皮膚の角質を柔らかくするサリチル酸などの成分が配合されているクリームを使うと良いです。

また毎日のセルフケアも大切で、角質が硬くなったイボにはハトムギ種子エキスなどが配合されたクリームを使うと皮膚のターンオーバーを促進して古くなった角質が固まった脇の下のぽつぽつを排出することが期待できます。
  
脇のぽつぽつしたイボに効くクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。