腕のぽつぽつイボの原因と効く薬|二の腕や肩のポツポツ対処法

腕 ぽつぽつ
二の腕、肩などの腕にできるぽつぽつとしたイボに困っている人は少なくないです。

腕のぽつぽつには痛みがある場合もあり、大きいものだと目立つのでなんとか対処していきたいですね。腕のぽつぽつとしたイボの原因には加齢によるものもありますが、病気だったりすることもあります。

ここでは、腕のぽつぽつしたイボの原因や効く市販薬、皮膚科での治療方法や治療費などを解説しています。

また、子供の二の腕のぽつぽつしたイボを対処する方法も紹介しています。

これらの情報があなたの役に立てば嬉しいです。

  
腕のぽつぽつが取れるクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

腕や腕の関節にぽつぽつのイボが出来る原因と改善方法|日焼けも原因の一つ?

ぽつぽつ 腕 原因

腕や腕の関節にイボのぽつぽつが出来る原因としては、肌の老化などが考えられます。

また、日焼けなどによっても、肌にダメージとなり、その原因により腕や関節にぽつぽつができるという場合もあるため、日頃から、生活習慣の改善やスキンケアなども心がけていくのも大切です。

規則正しい生活、運動不足の改善、バランスの良い食生活などを心がけていくというのも重要です。

そして肌に潤いを与え、肌荒れなどを起こさないようにスキンケアしていくこと、きれいな肌の維持、肌の老化などをある程度遅らせることにもなるので、日頃から化粧品などでしっかりとスキンケアしていくのも必要でしょう。

また、日焼けなどに関しても、ある程度防ぐというのも必要です。紫外線対策をしていくことで肌に対してダメージを防ぐということで、ぽつぽつを防ぐことにもつながりますので、日焼け対策を怠らないことは重要です。しっかりと対策をしていきましょう。

また、肌の状態をよくするために生活習慣の改善をしていくのも重要です。生活習慣の乱れを改善して、肌の状態をより良い状態に保ち、肌の荒れる原因を改善しましょう。

腕の関節などにもイボが出来る場合には、服などによる摩擦などで刺激を与えないように自分なりに対処を考えていくのも大切です。
  

腕のぽつぽつとしたイボが出来る原因には加齢や老化も関係してる?老人性のイボとは?

ぽつぽつ 腕 加齢

腕のイボのぽつぽつができる原因は、加齢や老化が関係して起こる老人性のイボによるものです。そもそもぽつぽつした老人性イボとは、基本的に多量の紫外線を浴びたこと、皮膚の老化に関係してできるのが一般的です。

人間が大量の紫外線を浴びると、皮膚の表皮部分では肌を守るためにメラニン色素が分泌されます。分泌されたメラニン色素は、通常ならば肌のターンオーバーの関係で、そのまま体外に排出されていきます。

しかし、加齢で肌の新陳代謝が老化している状態、また多量の紫外線を浴びてしまうと、メラニン色素が上手く排出されなくなります。そして、皮膚にたまってシミになり、加齢でぽつぽつのイボになってしまうというわけです。

よって、ぽつぽつが腕にできないようにするには、日差しの強い時は必ず日焼け止めを塗る事が大事です。

できてしまった腕のぽつぽつした老人性のイボについては、皮膚科できれいにしてもらう事が大事です。中には自分でイボを取り除いてきれいにする人もいますが、自己判断で行うと出血する可能性もあります。

また、傷跡が皮膚に残ってしまう事もあります。皮膚科では炭酸ガスレーザーを使う所もあり、イボをきれいに除去してくれます。局部麻酔を行うので、あまり痛みを感じずにきれいにできます。
  
腕のぽつぽつが取れるクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

腕のぽつぽつイボに痛みや痒み、しこりがある場合の治し方は?

ぽつぽつ 腕 痛み

腕のイボのぽつぽつに痛みや痒み、しこりがある時の治し方についてここでは詳しく紹介しているので気になる人は参考にしてください。

腕のぽつぽつに痛みや痒み、しこりがある場合の治し方はいろいろあります。病院で治療をする治し方もあれば、市販薬を購入し自宅で治療する治し方もあります。

自宅で治療する方法としては、市販に内服薬やクリームはあります。市販薬のクリームを使う場合は、クリームを腕のぽつぽつや痛みや痒み、しこりのある場所に丁寧に塗ります。

老人性のぽつぽつしたイボは肌へのダメージによって、ターンオーバーが乱れてしまい肌に角質が残るためにおきることが多いです。

病院でイボを切る治療方法だけでは、再発しやすいのでしっかりと治療後もケアをするのが大事になります。

イボコロリなどの内服薬を飲む方法もありますが、腕のイボだと簡単にクリームを塗ることができるので、クリームで治療をする方が効果がでやすいです。

クリームの選び方ですが、再発防止の為に3か月くらいはケアをする必要があります。あまり高価なクリームだと負担が大きくなるのでできれば安いクリームを買う方がいいでしょう。

値段が安いと効果が出にくいと思う人もいますが、安くても効果が高いクリームも沢山あるので、口コミやランキングサイトを利用して選ぶと失敗しません。
  

腕のぽつぽつしたイボに効く薬に市販薬はある?薬局やドラッグストアでも売ってるの?

ぽつぽつ 腕 薬

暖かい季節は腕を出す機会が増え、腕のぽつぽつが気になります。それが自宅で簡単に治せたら嬉しいですよね。薬局やドラッグストアには専用の市販薬が販売されているのをご存じでしょうか。

腕のぽつぽつは「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」という医学的に名前がついている皮膚疾患です。その原因は、肌の代謝が悪くなり角質が毛穴に溜まって皮脂の排出ができなくなってしまい、皮膚の表面が盛り上がるからです。

ですから、薬局やドラッグストアで薬を選ぶ際は、尿素が配合されている物を選びます。尿素は角質を溶かして肌の表面を柔らかくし、角質を除去しやすくしてくれます。

市販薬に配合できるのは20%までと決められているので、それに近い薬を選ぶと高い効果が期待できます。

また、皮膚の乾燥もぽつぽつを悪化させる原因になるのでプラセンタやヒアルロン酸など保湿効果が高い成分が入っている商品も良いでしょう。トコフェロール酢酸エステルという成分は、血行促進をして代謝を促す役目があるので、それが入った薬も注目です。

それから、角質をこすって落とすピーリングタイプの市販薬もおすすめです。フルーツ酸の働きで角質を浮かせて、こすると薬と一緒に剥がれ落ちる仕組みです。薬局やドラッグストアの薬は低価格なので、気軽に試せるのが嬉しいですね。
  

肩にぽつぽつとしたイボが出来るのは病気?悪性のぽつぽつの特徴と角質粒にイボの見分け方は?

ぽつぽつ 肩 病気

肩にぽつぽつとできたイボは老化現象の場合と悪性の病気の場合もあるので、特徴や見分け方を知っておくことで、万が一悪性の病気の場合に早期に治療を始めることができます。

ぽつぽつが肩にもできる場合があり、これは老化現象で出来る角質粒が原因の場合が考えられます。角質粒の特徴や見分け方は、イボの色が肌色ではなく、ホクロのような黒色や茶色という点です。

角質粒の場合は、専用のクリームや塗り薬などのセルフケアでも解消することができますが、老化現象とはいえ角質粒も大きくなる場合もあり、衣類などにひっかかる場合もあるため、気になる場合には皮膚科で取り除くこともできます。

また肩にぽつぽつとしたイボができる場合、悪性の可能性があります。特徴が角質粒とは異なるので見分け方を知っていれば分かるので安心してください。

悪性の病気の場合には皮膚と同じ色か白っぽく魚の目のように色ムラがあったり、形がいびつになるなど、見た目が普通のイボとは異なります。

また触ると出血しやすく急激に大きくなる場合も注意が必要です。悪性の病気の場合には、早めに皮膚科を受診するのが必要です。

角質粒でも大きくなる場合もありますが、悪性のイボに比べゆっくりと大きくなります。そうは言っても、形がいびつな老人性のイボも稀にあるため、悪性のイボとの判断がつかない場合もあるでしょう。その場合は、念のために早めの専門家への相談が大切です。
  
腕のぽつぽつが取れるクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

肩の大きいぽつぽつとしたイボを自力で取る取り方とそのコツや注意点って?

ぽつぽつ 肩 大きい

年齢を重ねるにつれて、男女共に肌トラブルが起きやすくなってします。気になる肌トラブルの1つに、ぽつぽつとしたイボが挙げられます。ぽつぽつは手足や顔をはじめ、首元や肩、背中などにもできやすいから注意が必要です。

肩や背中のぽつぽつは、普段の視線がいかない場所なので自力でのケアが遅れてしまいがちです。そのため、大きいという特徴があります。

肩や背中などの大きいぽつぽつを自力でケアする場合、取り方に気を付けましょう。まずは自力でケアできるぽつぽつかを見極めるのが1つ目の注意点です。

イボには、いくつかの種類がありますが、自己ケアの取り方が有効なのは角質などが固まったぽつぽつの老化性のイボになります。
大きい老化性イボの取り方の注意点は、肌の新陳代謝をあげるということです。古い角質がいつまでも肌に留まることで、イボとなりやすくなるからです。

これをケアするには、肌の保湿が重要になってきます。入浴後、タオルで水気を取った後に、化粧水やクリームを利用して肌に水分を補うようにしましょう。

さらにピーリングをおこない、古い角質を取り除くことも効果的です。ただし、注意点としてやりすぎないのが大切になってきます。過剰にピーリングをおこなうと、逆に角質が厚くなる場合もあるので気を付けましょう。
  

二の腕のぽつぽつのイボが赤ちゃんや子供に出来た場合の対処法は?子供用の薬もあるの?

ぽつぽつ 二の腕 子供

赤ちゃんや子供の二の腕にぽつぽつが出来てしまい悩む親御さんがいますが、多くの場合は問題なく、対処法として子供用保湿クリームを塗ることで次第に症状を改善することができます。

まず、二の腕のぽつぽつは毛孔性苔癬という皮膚疾患が考えられます。これは毛穴に角質が詰まることにより生じる皮膚疾患で、なぜ出来てしまうのかという理由は解明されていません。

しかし、遺伝による場合も考えられ、親御さんの二の腕にぽつぽつがあると、その赤ちゃんや子供にも見られる場合があります。しかし、そのような場合、成長とともに消える場合が多いので心配する必要はほとんどありません。

そしてこれは古い角質が毛穴に詰まることにより生じるため、対処法としては保湿クリームを塗ることで肌の乾燥を防ぎ、ターンオーバーを促すことで症状を改善することができます。

ただし、赤ちゃんや子供に使う場合は子供用の低刺激処方のものを使うことをおすすめします。大人用のクリームは子供の肌にとっては刺激が強い場合があります。

そのためきちんと子供用クリームを利用して下さい。また、そのほかの対処法としては食事による栄養素の摂取です。ビタミンには肌のターンオーバーを整える効果があるため、バランス良く摂るようにすると肌を綺麗にすることができます。
  

二の腕のぽつぽつとしたイボは皮膚科で治療できる?その場合の治療方法と治療費は?保険は適用される?

ぽつぽつ 二の腕 皮膚科

二の腕にできるぽつぽつは「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」といって、老化などで皮膚の代謝が弱まり、毛穴に角質が溜まってできる皮膚病です。

放っておいても害はありませんが、ぽつぽつした皮膚は見た目が悪いのでできれば治したいですよね。

これは皮膚科で治療ができ、治療方法は尿素など角質を除去する成分が入った軟膏やクリームを塗ったり、肌を守るために保湿成分が入った薬を塗る、漢方薬を飲むなどがあります。

これらは、保険的用の内容なので治療費は数百円~数千円ほどで済みます。しかし、治るまでに時間がかかったりあまり効き目を感じないことがあります。
より早く、より綺麗にしたいなら保険適用外の治療方法を試すのが良いでしょう。

代表的なのは、肌にフルーツ酸由来の薬剤を二の腕に付けて角栓を溶かすケミカルピーリングです。それから、レーザーで脱毛をして毛穴の詰まりを防いだり、ぽつぽつした皮膚にレーザーをあてて綺麗な皮膚に再生させるレーザー治療もあります。

皮膚に見えない穴をたくさんあけて、それを治そうとする力で二の腕の肌全体を再生させる治療方法もあります。保険適用外の治療費は、皮膚科で値段を自由に設定できるので様々です。

事前に、複数の皮膚科のサイトを見比べて治療費がいくらかかるか確認しておくと良いでしょう。
  
腕のぽつぽつが取れるクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。