お腹のイボは加齢や老化が原因?老人性のイボができやすい年齢って?

お腹のイボは加齢によって引き起こされる症状の一つです。老人性のイボですので、年齢を重ねると共に増えてくる傾向にあります。

なぜ加齢によって起こるのかというと、肌が老化して皮脂の分泌量が減少し、保湿力が低下して部分的に皮膚が硬くなってしまうためです。年齢と共に肌細胞の働きが衰えるとどんどん保湿力は低下していきます。

お腹は元々皮膚の柔らかい部分ですので、若いうちはイボはあまりできません。しかし、30代以降になると老化現象の一つとして皮膚が硬くなったり水分を保持しておく働きが弱まります。

お腹周りは紫外線の影響はほぼありませんが、衣服との摩擦は頻繁に起こりますので、他の部位よりも老人性のイボができやすくなります。

老人性のイボを改善しようと思うのなら、肌代謝を高める必要があります。加齢による肌細胞の働きの衰えは誰にでも起こるものですが、老化のスピードは年齢と比例するわけではありません。

同じ年齢であっても若々しい肌の人もいますし、老化の目立つ肌の人もいます。ですから、予防のためにも肌の働きを衰えさせないようにヨクイニンなどの成分を上手く活用しイボ お腹 老人性たり、保湿を行って水分と油分のバランスを整えることが大切です。

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。