イボが出来る原因に加齢や老化は関係あるの?老人性のイボって?

加齢による老人性イボの原因と老化の関係について簡単にまとめてみました。

老人性イボとは、加齢によるお肌の老化が引き起こすもので、原因の3大要素は「乾燥」「紫外線」「肌の新陳代謝機能の低下」です。日頃の丁寧にケアをする事が予防に大きく関係してきます。

老人性イボのできやすい場所は、お顔や首など、紫外線を受けやすい所です。外出時は、日傘や日焼け止めクリームなどで、しっかりUVケアをして守ってあげる事が大事です。

お顔はUV下地などメイク用品で日常的に防いでいても、ついつい首元は忘れがちになってしまう事も原因のひとつです。

首や顔の皮膚が乾燥していると、肌のバリア機能が低下して、紫外線ダメージも大きくなります。洋服の襟もと、ストール、ネックレスなど首元に触れるものから受ける、ちょっとした摩擦もダメージに大きく関係しています。

お肌の老化現象には新陳代謝機能の低下があります。加齢によって代謝が悪くなると、古い角質を自然に落として、新しくきれいな皮膚に生まれ変わらせるサイクルが遅れてしまい、古い皮膚がどんどん肌表面にたまって、固い角質の塊・イボができます。

日頃から、積極的に野菜や果物でビタミンを摂取したり、軽い運動で汗を流したり、規則正しい生活を心掛けて代謝アップを目指しましょう。

イボ 原因 加齢

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。