ウイルス性のイボが出来る理由|ウイルス性のイボがうつることや増えることを防ぐ方法って?

どういった理由でウイルス性のイボができ、どうすればイボがうつることや増えることを防ぐことができるのでしょうか。

ウイルス性のイボは一度できるととてもやっかいです。放置しているとどんどん増え、治療してもなかなか治らず、治ったと思ったらまたできているということがあります。一方でできない人は一生できません。

できる理由はヒトパピローマウイルスによる感染です。ヒトパピローマウイルスは100種類以上存在し、感染した種類によって異なる病気が発生します。

ウイルス性のイボの原因であるヒトパピローマウイルスは、あまり感染力の高くないウイルスですが、皮膚にキズがあったり、免疫力が低下していたりなどの理由でウイルスの侵入が容易になっていると、接触した際に感染してしまうことがあります。

放置していても基本的に治ることはなく、増えることが多いので、速やかに皮膚科を受診しましょう。治療で最も多く取られる方法が液体窒素を使って冷凍凝固させるというものです。

うつるのを防ぐためには、しっかり保湿して肌の皮膚バリア機能をあげ、手に傷がある時は誰かと接触した後は念入りに手を洗いましょう。またできてしまった後で他の部位にうつる、増えるのを防ぐためには、イボをいじらないようにすることが肝要です。

イボ 理由 ウイルス性

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。