老人性のイボが出来る原因|加齢や年齢は関係があるの?

老人性のイボが出来る原因は年齢が関係していて、加齢によって皮膚が老化することで起こります。老人性のイボができる大きな原因は紫外線です。

他にも体質や遺伝なども関係があり、早ければ20代や30代の若い人にも出現する可能性があります。肌は紫外線を浴びると、肌の一番上にある表皮がメラニン色素を作り、肌の奥深くまで紫外線が届かないようにします。

メラニン色素は肌の新陳代謝と共に排出されますが、加齢によって新陳代謝が十分に行えなくなるとシミとなり、さらにそのシミが老人性のイボになることがあります。

年齢を重ねると、若い時と比べて肌の新陳代謝機能は徐々に衰えてきます。長年にわたり紫外線を浴び続けることもイボができる原因の1つで、排出しきれかったメラニン色素は少しずつ蓄積していきます。

さらに紫外線は肌の老化を進行させるので、年齢が若い時は問題がなくても、加齢に伴って肌の表面が硬くなるなどの変化が起こり、角質が厚くなり膨らんでしまうケースも多く見られます。

老人性イボと紫外線は非常に深い関係にあるので、若いうちから紫外線ケアを行うのが大切です。予防だけでなく増えるのを抑えるためにも、日焼け止めや保湿化粧品などで、肌をきちんとケアしてあげましょう。

イボ 老人性 原因

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。