肥満の人にイボが出来やすい理由|イボの改善におすすめの漢方はある?

肥満の人にイボが出来やすい多くの理由は、肌がダメージを受けているためで漢方で改善するのがおすすめです。

肥満になると日常のちょっとした動きでも皮膚と衣服が擦れて肌がダメージを受けます。ダメージ受けた肌は徐々に角質粒となって、イボに変わってしまうというわけです。

また、歳をとってくると徐々に肌のバリア機能が失われてくるのでダメージを受けやすくなります。肥満の方やうまれつき肌の弱い方が中高年になるとイボができやすくなる理由です。

このようなイボはウイルス性ではないので人に感染することはありませんが早めに治療するようにしましょう。

治療は病院の皮膚科でもできますが、自宅で治すなら漢方がおすすめです。漢方には血行改善やデトックスの効果が期待でき、自然治癒力や免疫力を高めて健康状態も改善できるという理由があるからです。

イボを治すにはヨクイニンという漢方がよく使われています。ヨクイニンとはハトムギに含まれる成分で、体内の水分とリンパ液の循環を促してくれる作用があり、肌のターンオーバーを促してくれます。

ターンオーバーが頻繁に行われるようになれば、角質化もおさまります。身体の中から改善するにはサプリメントがおすすめです。ハトムギ由来の美容液やオイルを利用しても良いでしょう。

イボ 肥満 改善

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。