イボができる原因とは?首イボや老人性イボなどの原因を解説!

イボ 原因
イボの原因って一体どんなものがあるのでしょうか?

イボの原因は加齢、体質など様々です。また、イボが出来る場所も顔や首、腕、膝、陰部などがあります。

ここでは、イボがなぜできるのか?改善方法や予防策はあるのか?について解説していきます。また、イボ痔ができる理由、生まれつきイボがある原因、ウイルス性のイボができる理由についても説明していますので、参考にしてみてくださいね。

  
イボの対策ができるおすすめ商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

イボが出来る原因に加齢や老化は関係あるの?老人性のイボって?

イボ 原因 加齢

加齢による老人性イボの原因と老化の関係について簡単にまとめてみました。

老人性イボとは、加齢によるお肌の老化が引き起こすもので、原因の3大要素は「乾燥」「紫外線」「肌の新陳代謝機能の低下」です。日頃の丁寧にケアをする事が予防に大きく関係してきます。

老人性イボのできやすい場所は、お顔や首など、紫外線を受けやすい所です。外出時は、日傘や日焼け止めクリームなどで、しっかりUVケアをして守ってあげる事が大事です。

お顔はUV下地などメイク用品で日常的に防いでいても、ついつい首元は忘れがちになってしまう事も原因のひとつです。

首や顔の皮膚が乾燥していると、肌のバリア機能が低下して、紫外線ダメージも大きくなります。洋服の襟もと、ストール、ネックレスなど首元に触れるものから受ける、ちょっとした摩擦もダメージに大きく関係しています。

お肌の老化現象には新陳代謝機能の低下があります。加齢によって代謝が悪くなると、古い角質を自然に落として、新しくきれいな皮膚に生まれ変わらせるサイクルが遅れてしまい、古い皮膚がどんどん肌表面にたまって、固い角質の塊・イボができます。

日頃から、積極的に野菜や果物でビタミンを摂取したり、軽い運動で汗を流したり、規則正しい生活を心掛けて代謝アップを目指しましょう。
  

ウイルス性のイボが出来る理由|ウイルス性のイボがうつることや増えることを防ぐ方法って?

イボ 理由 ウイルス性

どういった理由でウイルス性のイボができ、どうすればイボがうつることや増えることを防ぐことができるのでしょうか。

ウイルス性のイボは一度できるととてもやっかいです。放置しているとどんどん増え、治療してもなかなか治らず、治ったと思ったらまたできているということがあります。一方でできない人は一生できません。

できる理由はヒトパピローマウイルスによる感染です。ヒトパピローマウイルスは100種類以上存在し、感染した種類によって異なる病気が発生します。

ウイルス性のイボの原因であるヒトパピローマウイルスは、あまり感染力の高くないウイルスですが、皮膚にキズがあったり、免疫力が低下していたりなどの理由でウイルスの侵入が容易になっていると、接触した際に感染してしまうことがあります。

放置していても基本的に治ることはなく、増える場合が多いので、速やかに皮膚科を受診しましょう。治療で最も多く取られる方法が液体窒素を使って冷凍凝固させるというものです。

うつるのを防ぐためには、しっかり保湿して肌の皮膚バリア機能をあげ、手に傷がある時は誰かと接触した後は念入りに手を洗いましょう。またできてしまった後で他の部位にうつる、増えるのを防ぐためには、イボをいじらないようにするのが肝要です。
  
イボの対策ができるおすすめ商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

イボが出来やすい原因は体質や肥満などの影響もある?

イボ 原因 体質

イボが出来る原因の一つに体質が影響していますが、その中でも肥満の方は出来やすいという特徴があります。なぜかというとイボは皮膚が外部刺激を受けることにより出来やすい状態になるからです。

そして肥満になると皮膚は意外にも外部刺激の影響を受けやすくなります。まず、皮膚がたるむことで擦れやすくなります。さらに湿度も高くなりムレやすくなります。

するとそのムレにより雑菌も繁殖しやすくなります。さらに肥満の方にありがちな症状が汗っかきです。汗をかくとタオルでゴシゴシと擦りがちですが、実はこれも肌への刺激となっています。

このような影響が皮膚をさらに弱くし、肌のターンオーバーが低下したり、老廃物の排出が上手くいかなくなります。するとそれらの影響がイボとなって現れやすい体質になってしまうのです。

このようにイボが出来る原因の一つは体質にあり、その中でも肥満は肌に外部刺激を与えやすくしてしまうため、イボが出来やすいのです。そのため、肥満でイボの出来やすい体質で悩んでいるなら、ダイエットをすることで皮膚の状態を改善が期待できます。

また、原因となる外部刺激から皮膚を守ることで予防・改善が期待できるので、保湿クリームにより乾燥や摩擦を防ぐのも有効です。
  

イボが生まれつきある幼児や子供の原因と正しい対処法って?

イボ 原因 生まれつき

なぜ生まれつきに幼児や子供にイボがあるのかというとこれは遺伝の可能性が高いです。肌のターンオーバーや何か原因になって乱れてしまっているのが原因になります。メラニン色素が沈着してしまった事も考えられます。盛り上がっている部分が固いイボの場合は、洋服との接触も考えられます。

幼児や子供が抵抗力が弱いから簡単に薬を使ってしまって安全なのか心配になります。 生まれつきだと感じていてももしかしたら、後天的な原因がある場合もあります。

特に皮膚のターンオーバーが活発な時期になっているので早期対処が必要になります。 特に顔にイボがある場合には糸を結んで落とす方法やメスを入れて切る方法もあります。ナイロンの糸を使ってイボの根本を結んでおくことで血液の流れが止まります。

そして1週間ぐらいすると自然と落ちてなくなるという方法もあります。負担の少ない方法で小さいうちに早く対処するべきです。

幼児などの子供のイボの原因には様々あり、対処法もそれに合ったものを選ぶ必要があります。ですので、対処方としてはやはり皮膚科に一度見てもらう事で安心できますのでおすすめします。

生まれつきのお子さんはまずはなぜこれができてしまったのか医師に相談をしてその子供に合った治療法を選択するべきです。幼児や子供が負担の少ない方法を選びましょう。
  

イボが顔の鼻やこめかみ、目の周りなどに出来やすい原因は?

イボ 原因 顔

老化現象によってできるとされるイボが、顔の鼻やこめかみ、目の周りなどに出来やすい原因はいくつか考えられます。

紫外線を浴びると、肌を保護するためにメラニン色素が多く分泌されますが、ターンオーバーが正常な場合は、体外に排出されて皮膚に残ることはないです。

しかし、紫外線をたくさん浴びたり、新陳代謝が悪い時は皮膚に蓄積され、表面に現れてシミになってしまい、このシミが何度も積み重なると盛り上がってきて、イボが現れると言われています。

日中に外で働いている人や、紫外線対策をしていない人は高齢になった際に、顔の鼻やこめかみ、目の周りなどにイボが現れやすくなります。

また、スキンケアを怠ると肌が乾燥しやすくなり、紫外線の影響を受けやすくなるため、メラニン色素が多く分泌する原因になって、イボが出来やすくなるので注意する必要があります。

顔の鼻やこめかみ、目の周りなどにイボができるのを避けたい人は、スキンケアをしっかりと行うのが大切です。

それから、睡眠不足やストレス、偏食などの生活習慣の乱れも原因のひとつだと言われています。

生活習慣が乱れると、顔の皮膚の健康状態が悪くなり、ターンオーバーが正常に機能しなくなって、メラニン色素が蓄積しやすくなり、乾燥の原因にもなるため注意が必要です。
  
イボの対策ができるおすすめ商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

イボが首やデコルテ、胸に出来る原因と予防策とは?

イボ 原因 首

首やデコルテ、胸元にイボが出来てしまい、悩んでいるという方は意外にも多いものです。なぜそのような場所にイボが出来るようになってしまうのかと言いますと、原因は主に2パターンあります。

一つは、老化現象によって、お肌が乾燥するようになってしまい、古い角質が残って硬くなった結果、ポツポツした状態になってしまう場合です。

もう一つは、紫外線のダメージがお肌の中に蓄積してしまって、イボとして表に出てきてしまう場合があります。こういったことが原因ですので、予防や改善には、お肌のターンオーバーを促進することと保湿が絶対的に欠かせません。

首やデコルテなどは紫外線のダメージが原因の可能性もありますが、胸元などは主に加齢による乾燥などが原因と言えるでしょう。

いずれにしても、首やデコルテ、胸元にできてしまったイボを取り除くためには、まず皮膚を柔らかくするのが重要になってくるので、あんずエキスやハトムギエキスなどが配合されているイボ専用のクリームを使ってケアしていくのをおすすめいたします。

もちろん、専用クリームには予防する効果もありますし、定期的にピーリングジェル、ボディスクラブ等を使用して古い角質を取り除いていくのも予防には効きます。
  

イボは腕や肘になぜできるの?二の腕のブツブツの原因って?

イボ なぜできる 腕

ブツブツと目立ってしまうイボは、痛みなどがなくても気になるものです。そもそも、なぜできるのかという疑問がわきますが、紫外線による影響や加齢による影響が考えられます。

腕や肘などは衣服を着ていても擦れやすく、摩擦による影響も考えられます。腕や肘のイボができると気になってしまうと言う人もいるでしょう。イボは放置していると、大きくなっていくという特徴があります。気になるからと言って、指で腕や肘を触っていると、過度な刺激となり、余計に大きくなってしまう場合があるので注意しましょう。

また、二の腕にもブツブツとたくさんできる場合があります。この二の腕のブツブツがなぜできるのかというと、毛穴に角質がつまることで発生します。なぜできるかが分かっても、気になってお風呂でゴシゴシと二の腕を擦ってはいけません。

さらに悪化してしまう可能性があるので、保湿をしっかりと行い、お肌を保護してあげましょう。毎日の生活の中で、きちんとケアしていくことが大切です。小学生頃からでき始めることもあるのですが、30代などある程度年を取ってからできる人もいます。
  
イボの対策ができるおすすめ商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

イボは足の膝やかかとになぜできるの?その治し方って?

イボ なぜできる 膝

イボは足の膝やかかとにできやすい傾向があり、なぜできるかというと、足の膝やかかとなどは、服や靴などの摩擦により刺激を受けやすい点が考えられます。

イボがなぜできるかは、服などの摩擦などが原因でできる場合もあり、服だけでなく、首などの場合には、アクセサリーなどによってもできる場合があります。

そのように考えると、足の膝やかかとなどになぜできるかというと、摩擦の影響を受けやすいといえるでしょう。

また、イボができる原因としては、老化によるものや、紫外線の影響を受けることなどでも、できやすい傾向があるため、予防をしたい場合には、摩擦だけでなく、肌の老化や、肌が紫外線の影響を受けやすい部位に関しては、しっかりと紫外線対策をしたほうがいいでしょう。

治し方としては、市販薬などを利用することでも対応できる場合があります。ですが、治し方として自分で対処するよりも医療機関できちんとした治療を受けるというのも大切です。

イボの種類にもよりますが、悪性などの場合も考えられるため、医療機関で診察を受け、適切な治療を受けましょう。

治し方としては、液体窒素や、レーザーなどを利用したものもあるため、皮膚科などでどのような治療が適しているかを医師と相談してみるといいでしょう。
  

イボ痔が出来る理由|女性や男性のイボ痔の改善方法とは?

イボ 理由 痔

男性でも女性でもなかなか相談しにくい症状の一つである、イボ痔のできる理由と、自分でできる改善策をまとめました。

イボ痔は便秘・下痢の他、排便時のいきみや、座りっぱなしなどの理由で発症します。肛門に圧力がかかることにより、肛門付近が傷ついて腫れたり、肛門の近くに血管が集まった部分があるのですが、この血管がうっ血して血豆になったものがイボ痔です。

内痔核は、肛門の内側にできるもので、痛みはそれほどないのに出血がみられる場合が多いです。それに対して外痔核は、肛門の外側の痛みを感じる部分にできるため、出血は少ないですが痛みがあります。炎症を起こしてしまうととても痛いです。

肛門科を受診するかどうか迷うところですが、特に女性にはハードルが高いですよね。実は症状がそれほどひどくないなら、市販薬等を用いて自宅でケアすることもできるのです。

まず、体に力が入っていると、ますます肛門に圧力がかかる理由になるので、力を抜くようにします。血行を促すのも症状の改善につながるので、女性の冷え対策としてもすすめられる半身浴がぴったりです。

市販薬には、塗り薬や座薬、注入タイプがあり、部位に応じて使い分けられます。かゆみが出た場合にも使えます。便の状態をよくするために、食生活や生活習慣の改善も意識しましょう。
  

イボが陰部やお尻、足の付け根に出来る理由|自分でできる改善方法はある?

イボ 理由 陰部

イボは、体のいろいろな部位にできる場合もあり、できやすい理由としては紫外線などが原因で肌にダメージとなり、イボが出来やすい状況になることもあります。

またその他の理由として肌の老化などが原因になる場合もあり、加齢に伴い、肌の状態によっては、肌荒れやそのほかにもニキビや炎症といったことも起こりやすい状態になる場合もあります。

また、自分の陰部やお尻、足の付け根などに関してもイボが出来やすくて悩んでいるという方もいるでしょう。

自分の体の部位のなかでは、周囲からは見えにくい部位であるため、普段はそれほど気にしなくても問題ありません。できやすい理由として、下着などの摩擦により、刺激となる場合があり、陰部やお尻、そして足の付け根などにできやすい肌の状態になりがちです。

また、汗や皮脂などにより、肌の状態なども雑菌などの繁殖がしやすい部位などでもあるため、肌荒れしやすい傾向もあります。

そのため、陰部やお尻、足の付け根などに関しても、ある程度肌の状態が清潔に保てるようにするため、普段、自宅ではシャワーなどで汗や汚れ、余分な皮脂などを洗い流すというのも大切です。

また、下着類なども肌への摩擦の少ない、そして蒸れにくい素材などを選ぶというのも対策になるでしょう。
  
イボの対策ができるおすすめ商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。