首にイボが出来る原因とその対処法とは?イボは皮膚の角質のこと?

イボは皮膚のできもの全般を指す言葉で原因も様々ですが、首にできている場合は大抵角質のかたまりなので放置していても問題はないものの、気になるようなら皮膚科で対処してもらうことができます。

年をとるにつれてイボができるようになったと困っている方は多いでしょう。特に首は顔に比べて意識が向かないことも多く、気づけば複数できていたということも珍しくありません。

イボの原因はいくつかありますが、首のものは多くの場合紫外線や衣服の摩擦によって皮膚がダメージを受けてできます。若い間であればターンオーバーが正常に働いていますが、老化などで機能が衰えた結果角質が残ってしまうのです。

老化現象が原因であれば良性腫瘍と呼ばれ、体に害はないため無理に対処する必要はありません。とはいえ首は人に見られるパーツであり、気になってしまう方も多いでしょう。

角質のかたまりではない場合もあるため、心配なら早めに皮膚科で診てもらい対処することが肝心です。

治療法としては液体窒素やレーザー、手術で取ってしまう方法がありますが、小さいものであればハサミなどで簡単に切除してもらうことが可能です。自宅でもクリームによるケアや、日焼け止めでの紫外線防止で改善が見込めます。

イボ 首 原因

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。