脇にイボが出来る原因|赤いイボや黒いイボの違いと出来る原因の違いと改善方法

イボ 脇 原因

脇に赤いプツプツや黒いイボが出来ることがありますが、その原因や改善方法は異なります。その違いについて簡単に説明します。

まず、脇は身体の中でも皮膚が薄く柔らかいため、刺激を受けやすく、その影響によりイボが出来てしまうのです。

そして原因によりその症状は異なります。赤い場合はニキビか毛嚢炎が考えられます。ニキビは皮脂や汚れが毛穴に詰まることによって炎症を生じるため赤いプツプツとなってしまうのです。

また、毛嚢炎はムダ毛処理などの際に肌を傷つけ、そこに雑菌が入ることにより生じます。どちらも軽症なら自然に改善できますが、重度の場合は皮膚科での治療が必要です。

そしてイボが黒い場合はアテロームが考えられます。ターンオーバーの低下や肥満などにより皮脂や老廃物が蓄積してしまい、小さなイボが出来てしまったのです。

そしてこの蓄積物は酸化することにより黒ずんでしまいます。そのため黒いしこりとなってしまうのです。これは自然治癒しないので皮膚科で施術を受ける必要があります。

このように脇のイボは症状によって原因や改善方法が異なります。このようなことから脇のポツポツを効果的に治すなら症状を確認して適切な処置をする必要があります。

脇のイボが除去できるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。