お腹のイボに効く薬は市販の薬局やドラッグストアでも売ってる?

老人性イボは「脂漏性多角性」と呼ばれ、お腹や首周りにボツボツが出来る症状です。原因は紫外線や遺伝だと言われており、脂漏性多角性は良性腫瘍であるため、放置していても特に悪影響はありませんが、自然に完治することがないのです。

病院にいくことでも治療することが出来ますが、来院するのが恥ずかしいと思う方も多いはずです。

ですが、安心してください。市販の薬でも治すことが可能です。ドラッグストアや薬局にも売っている市販薬をご紹介致します。

まずは「ぽっつるん」です。「ぽっつるん」はヨクイニンエキスとリピジュアが配合されている軟膏タイプの薬品となっており、
・じっくり時間をかけても良いので肌に優しいもので治したい
・価格が安めなものが良い
という方におすすめで、薬局やドラッグストアで入手可能です。

次に「イボコロリ」です。「イボコロリ」は、足に魚の目が出来てしまってお世話になった方も多いのではないでしょうか。イボコロリはドラッグストアや薬局では置いてないところがないほどメジャーな商品で
・お腹や首元皮膚が多少荒れても早く治したい
・お腹や首周りに安定して付けておきたい
という方におすすめです。

どちらも市販されていることが多いので、お好きなもので治療してみてはいかがでしょうか。

イボ お腹 薬

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。