イボの薬|首や顔、二の腕などのブツブツしたイボの市販薬を解説

イボ 薬
イボの薬には、塗り薬、飲み薬など様々なものがあります。

また、かゆみのあるイボやウイルス性のイボ、子供のイボなど、症状も色々です。

このページでは、首や手、足裏などのイボの薬や、顔や二の腕のイボに使える塗り薬、イボの飲み薬の成分などについて解説します。

また、老人性イボに効く市販薬や、イボの薬は皮膚科で処方してもらえるのか?イボのサプリメントは通販で買えるのか?その価格相場についての詳しい説明もします。

ここに書いているイボの薬やサプリメントの情報があなたに役立てば嬉しいです。

  
イボに効く市販薬やクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

老化や加齢が原因で出来る老人性のイボに効くおすすめの市販薬はある?

イボ 市販薬 老人性

老化や加齢が原因で出来る老人性のイボに効く市販薬でおすすめなのは、イボコロリ(横山製薬)と漢方系のヨクイニンが配合されているものです。

イボコロリは塗り薬・貼り薬・飲み薬の3種類があり、塗り薬と貼り薬はサリチル酸という成分で角質を溶かして除去するものです。これは顔や首には使えないので、顔や首のイボ対策に使うのであれば、飲み薬を選ぶのがおすすめです。

飲み薬にはヨクイニンが配合されています。ヨクイニンは肌のターンオーバーを整えてくれるので、老化や加齢が原因でできた老人性のイボにも効果が期待できます。

他に市販薬を使うのであれば、クラシエやツムラから漢方薬のヨクイニン(薏苡仁)が販売されています。これも内服して使える市販薬です。

内服薬は即効性はありませんが、痛みを伴わない方法ですし、跡を残さずに全身の肌ケアにも使うことができるのがメリットです。

老化や加齢が原因の老人性のものに使う場合、長く続けられるコストパフォーマンスが良いものを選んだ方がいいでしょう。

一番安く薬が手に入るのは病院処方のヨクイニンなので、病院に行くことができればそちらで処方してもらうのがおすすめですが、市販薬で対処したいのであれば試しに使ってみてもいいでしょう。
  

かゆみや痛みのあるイボに効く薬と選び方は?

イボ 薬 かゆみ

かゆみや痛みがあるイボに効く薬は、「イボコロリ」や「ヨクイニン錠SH」など色々な種類が提供されており、希望に合わせた選び方が可能です。

ちなみに、前者は皮膚の角質を軟化させるサルチル酸を主成分としており、後者は新陳代謝を活性化する漢方生薬を配合しています。 つまり、前者は即効性において優れており、後者は根本的な改善を目的としています。

かゆみや痛みを早く何とかしたい場合はサルチル酸配合の治療薬がおすすめで、それほど急いでいない場合は漢方生薬タイプが適当ということになります。

なお、かゆみや痛みがあるイボに効く薬の選び方としては、内服や外用、貼るタイプなど使い方という項目も重要なポイントです。

例えば、皮膚がデリケートですぐにかぶれてしまうという人は、外用や貼るタイプではいくら効くといっても継続して使用することが出来ません。このような人は、内服タイプを優先するのが適切な選び方ということになります。

また、実際に使ってみた人の感想が記された口コミも貴重な参考資料として利用することが出来ます。これらには、公式サイトでは公表していないような情報が含まれているので、自分に合った商品を見つけるために非常に便利な内容です。
  

イボに効く飲み薬や漢方薬の成分には副作用の心配はある?

イボ 飲み薬 成分

イボに効く飲み薬の成分には副作用がありますし、漢方だからといって副作用の心配がゼロというわけではありません。薬である以上、どんなものでも体質や体調によって副作用の心配は伴います。

イボに効く飲み薬として一般的なのはヨクイニンで、これはイネ科のハトムギの種皮を除いた種子です。主成分はフレデリン・コイキセノライド・アミノ酸・ビタミンBで、漢方の生薬として含まれているものもあります。

副作用としては、生薬の成分によって不眠・発汗過多・頻脈・動悸・食欲不振・胃部不快感などがあります。また、著しく胃腸の弱っている人には原則使えないことになっています。

また、水を除去する作用があるので、便秘がちな人と妊婦への投与は慎重に行うべきとされています。

イボの飲み薬として漢方を使う場合は、副作用の心配がゼロではないことを理解しておきましょう。以前飲んで大丈夫だったという人でも、体質や体調によって作用が強く出てしまうこともあります。

西洋薬に比べると安全と言われている漢方薬ですが、身体に作用を与える以上は何かしら体調に変化が現れる可能性があるので注意しましょう。また、漢方薬は多成分で構成されているので、他の成分が悪さをすることもあります。
  
イボに効く市販薬やクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

ウイルス性のイボが治る薬は病院で処方してもらえる?液体窒素を使った治療方法って?

イボ 薬 ウイルス性

ウイルス性のイボは皮膚科や美容皮膚科とった病院で処方される内服薬や、液体窒素による治療によって治る皮膚病です。

ウイルス感染によって発症するイボは、青年性扁平疣贅と言われています。青年性疣贅は平たいイボが出来るのが特徴です。主に顔や手の平といった部分に出来やすく、「青年性」扁平疣贅という名前の通り、20代から30代の若い世代に発症しやすいという特徴もあります。

皮膚科ではヨクイニンという、内服薬で治療するのが一般的です。ヨクイニンはハトムギの事で、古くから漢方薬として用いられてきました。

ビタミンB群などを多く含んでいるという事もあり、ヨクイニンは肌の新陳代謝を高め、肌のターンオーバーの機能を促す効果が期待出来ます。新しい肌細胞をスムーズに作り出す事で、青年性扁平疣贅が治るのをサポートしてくれるのがヨクイニンの働きです。

また、皮膚科では液体窒素による治療も、ポピュラーに行われています。ウイルス性のイボ部分に綿棒などを使い、マイナス196度の液体窒素を付ける事で、その部分を凍らせます。

凍った部分の組織は死滅する為、最終的にウイルス自体がいなくなり結果、青年性扁平疣贅が治るのです。

ウイルス性のイボは放置すると、どんどん広がってしまいます。ですので、早めに治療を行いましょう。
  

顔のまぶたや目の周りのイボにも使える塗り薬はある?使う場合の注意点は?

イボ 塗り薬 顔

顔のまぶたや目の周りに出来たイボにも使える人気の塗り薬「Potturum」は、目に入らないようにするということが注意点で、もしも入ってしまった場合はすぐに洗い流さなくてはなりません。これは、目に入ると危険なエタノールなどの成分が配合されているためです。

さらに、Potturumには殺菌作用があるエチルパラベン・プロピルパラベン・メチルパラベンというパラベン類を配合しているということも注意点です。何故なら、これらアレルギー症状の呼び水となる可能性があるからで、目に入らない場合でも異常が生じた場合は、眼科医などのドクターに相談するのが適当です。

ちなみに、この塗り薬は、朝晩の洗顔後の化粧水・乳液後に適量を手に取り、顔のまぶたや目の周りなどの気になる部分に薄くなじませるという使い方です。

有効成分は、肌のターンオーバーを活性化するハトムギ由来のCoixと、これをサポートするLipidureです。このダブル成分がイボにアプローチすることにより、滑らかな状態へと変身させます。

ただし、このような効果は使用後すぐにあらわれるわけではないので、ある程度の日数は継続するのが必要です。このために、すぐに見切りを付けないということも、この顔のまぶたや目の周りのイボにも使える塗り薬の注意点です。
  

首やデコルテ、胸に出来たイボに効果的な薬とその種類とは?

イボ 薬 首

首元や胸、デコルテのイボに効果のある薬の種類を紹介します。

首、胸やデコルテにできるイボの正体は、古い角質の塊です。紫外線からうけるダメージや、洋服や下着、アクセサリーの摩擦の刺激を受けて、肌が防衛本能でメラニンを活発に作り出してしまいます。

お肌の老化と共にターンオーバー機能も低下しているので、メラニン生成のスピードに追い付かなくなって、古い角質がたまってイボとなります。

首や胸、デコルテにも使えるお薬には、塗るタイプ、飲むタイプ、漢方など種類は色々とあります。
イボに効果的な成分として、ハトムギの成分であるヨクイニンがあります。

ヨクイニン配合の飲み薬なら、”ヨクイニンSコタロー”は錠剤タイプの漢方薬です。粒状タイプの”ヨクイニンエキス粒状クラシエ”もあります。中からのケアもとても大事なので漢方に苦手意識がなければおすすめです。

塗るタイプなら、”ぽっつるん”は、ヨクイニンエキスと、人口の細胞膜とも言われるリピジュアを配合した軟膏クリームで、固くなった肌を柔らかくする効果があります。

他に、種類としては厳密には美容液の部類に入りますが、”イポケアEX”もヨクイニンエキス配合のイボ専用美容液です。

自分の使いやすいタイプのお薬を選んで、毎日ケアを続けて治していきましょう。
  
イボに効く市販薬やクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

二の腕のブツブツやイボの改善に有効な塗り薬はある?

イボ 塗り薬 二の腕

二の腕のブツブツやイボを改善するために有効な塗り薬はいくつか存在します。

そもそも、二の腕などにできてしまうブツブツとしたイボというのは、紫外線のダメージの影響や老化現象で出来てしまうものです。

なので、あんずエキスやハトムギエキスなどを豊富に配合している塗り薬を使用していけば、少しずつブツブツやイボの数も少なくなって、お肌がキレイになるでしょう。

具体的な塗り薬としては、ポロリンボEXやつぶぽろんなどの商品が有効です。顔や首元にできてしまった角質粒を取り除くことが目的の薬なのですが、二の腕にも使用することができるので、安心してください。

またこういった市販の薬ではなく、あんずエキスやハトムギエキスを配合している化粧品を使ってみるのも有効です。例えば、艶つや習慣というブツブツやイボを改善することが目的のオールインワンジェルでしたら、洗顔したあとのスキンケアにも使うことができますし、全身のケアにも使っていくことができるので、塗り薬の代わりに二の腕に塗ることも可能です。

イボを減らす効果の高い成分が豊富に含まれていることもあって、少しずつお肌の状態も改善しますし、口コミでの評判も非常に良いです。手軽に改善できる方法が色々あるので試してみてください。
  

手や指のイボに効く人気の高い薬はある?その薬の口コミって?

イボ 薬 手

手や指にできてしまったイボによく効くと口コミで人気の薬は「イボコロリ」です。よく耳にする薬ですが、やはり人気は高く、効き目も高いという評判です。

皮膚を柔らかくして除去するタイプです。「スピール膏」も口コミによる評判が高いです。「イボコロリ」と同じような方法で除去します。これらはウイルス性、老人性を問わず、直接除去します。直接塗るタイプなので、手や指には使いづらいという欠点もあります。

老化現象によるイボは首だけでなく、手や指にもできます。これらには「ヨクイニン」を含む薬や化粧品が効果的です。ヨクイニンは漢方薬として使われます。ハトムギの種を取り除いたものです。

ヨクイニンを含む化粧品として口コミで人気があるのはシルキースワンです。ポッツルンというオイルタイプのものも人気があります。

APRIAGEオイルSにはヨクイニンではなく、杏仁オイルが使われています。杏仁オイルも老人性のものに効き目があるとされる成分です。杏仁スムージングエッセンスは杏仁オイルとヨクイニンの両方が含まれています。

ハトムギやハトムギエキスというサプリメントやヨクイニンタブレットは急に効果が出る物ではありませんが、続けることで効果を期待できます。漢方薬が効きやすい体質の方はイボが治ることに加えて、再発しにくくなります。
  

足裏のイボや魚の目を除去できる取り薬はある?その取り薬でイボを取る方法って?

イボ 取り薬 足裏

足裏のイボや魚の目を除去できる取り薬なら、イボコロリ(横山製薬)を使って取る方法が一番効果的でしょう。

外用薬と内服薬があり、外用薬は貼り薬と塗り薬の2種類があります。この2つに配合されているのはサリチル酸という角質を溶かす成分です。

一方、内服薬の方はヨクイニンという昔からイボ取り薬に使われてきた、ハトムギからとれる成分が入っています。足裏のイボには内服薬だけではなく外用薬も使えます。外用薬は首や顔には使えませんが、足裏のイボや魚の目の取り薬には有効です。

内服薬は飲んでその成分によってターンオーバーを促進させて、除去するように使います。

外用薬は、イボや魚の目に直接塗るor貼って使います。塗り薬は液体状になっていて、塗るとすぐに白く固まります。これを1日4回つけ続けて、かさぶたになったら取るというのを繰り返して芯を取るようにします。

貼り薬は、4日くらいサリチル酸が染み込んだ部分をくっつけて貼り続けます。数日経つとサリチル酸の成分が染み込んで白く柔らかくなるので、そしたらピンセットなどで除去します。もし柔らかくなっていないようならば、再び貼って様子を見ます。
  
イボに効く市販薬やクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

子供や幼児の水ぶくれのようなイボに効く薬とその使い方とは?

イボ 薬 子供

子供や幼児にできる水ぶくれのようなイボには、ウイルス性のものと紫外線などによる老化現象が原因でできるものがあります。ウイルス性のものは、皮膚科のクリニックに行きましょう。
しかし、遺伝的影響や紫外線などが原因の時は、ドラッグストアや薬局で売っているサリチル酸を主成分とする薬で子供や幼児にできる水ぶくれのようなイボは治療できます。その時、子供や幼児の水ぶくれのようなイボを絶対に削ってはならないのです。削ると大きくなったり、数が増えたりしますので薬を使いましょう。

サリチル酸には皮膚の角質を柔らかくする作用があります。サリチル酸を塗るとその部分の角質が柔らかくなり、新しい皮膚を作ろうと細胞分裂が盛んになり、イボの部分が下から押し上げられます。そのため患部を簡単に取り除くことができるのです。

注意する使い方は、患部の大きさと同じ大きさに薬を塗る事です。患部以外の皮膚にまで塗ってしまうような使い方をすると正常な皮膚も軟化して一緒に傷んでしまいます。

その薬のタイプは液体を塗る場合と絆創膏タイプのものがあります。絆創膏タイプ使い方は、患部に貼っておくだけで2~3日で取れますが、はがす時に痛みがある場合はもう一度貼りなおしましょう。そうすると次に外した時、自然に取ることができます。

液体タイプの使い方は1日4回位、サリチル酸を患部に塗るだけです。くれぐれも患部以外に付かないように注意しましょう。もし、患部以外の皮膚に付いてしまった場合はすぐに洗い流すことが必要です。
  

イボの治療に効果的な薬は病院の皮膚科で処方してもらえる?

イボ 薬 皮膚科

イボができた場合、病院で除去する方法、市販薬を利用する方法、民間療法とありますが、まず、そのイボが、ウイルス性か紫外線や遺伝的要因による老化現象でできているものかを、皮膚科で鑑別してもらうべきです。

そのイボがウイルスや悪性腫瘍が原因の場合、皮膚科では、レーザー治療や液体窒素で焼き切ると言う方法を使って治療します。レーザー治療は、病院によって価格差があるので、病院とよく話し合いましょう。

液体窒素を使う方法は、効果が出るまでに数回の治療を要する事と、痛みがあると言う事です。

紫外線の影響や遺伝的要因、角質粒などによる老化現象でできた場合は内服薬で治療できます。

その薬はヨクイニン(日本ではハトムギと言われる植物の種の殻を除き中身を乾燥させたものです)といわれ、タンパク質やビタミン、カルシウム、鉄などの栄養分を含み、免疫力を向上させることで、皮膚の状態をなめらかにすることで、イボを取り除きます。

市販の薬にもヨクイニンは、ありますが、病院で処方を受けた場合、満量処方(処方できる薬の最高量)が受けられますので、効果が高くなります。

ヨクイニンの処方を皮膚科で受けた場合、イボの種類によて、効果の出やすいものとそうでないものがあります。効果の出にくい場合は、担当医に相談をしてみるといいでしょう。
  

イボ用の薬は市販で薬局やドラッグストアに売ってる?

イボ 薬 市販

イボ用の薬は、市販のものが薬局やドラッグストアで販売されています。値段もものすごく高いというわけではないので、試してみる価値はあります。

有名なのは、イボコロリ内服錠です。イボコロリは足などの固くなったイボやウオノメなどの除去に使える液体タイプと絆創膏タイプがありますが、こちらはサリチル酸という皮膚の細胞を死滅させるタイプでウィルス性のための薬なので、間違わないようにしてください。

イボコロリ内服錠は皮膚の細胞を直接攻撃するのではなく、ヨクイニンというハトムギの種子から抽出されるエキスの作用によって新陳代謝を活発にして内側からケアする目的で使う薬です。

1箱に160粒入っていて、1日6錠×3回=18錠飲むようにします。漢方系の薬は大量に飲む必要があるので、飲むのが大変ですが痛みもなくケアすることができます。

他に薬局やドラッグストアで市販されているものを使いたいならば、首や顔にも使えるハトムギの原液を塗るタイプもあります。

ただし、薬局やドラッグストアで販売されている市販製品よりも、ネット通販で購入できるクリームやジェルのような化粧品タイプの方が薬よりも有効な場合もあるので、様子を見ながら使い分けましょう。
  
イボに効く市販薬やクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

イボに効果的なサプリメントは通販のamazonや楽天で買える?

イボ サプリメント 通販

まず人体にできる「イボ」には複数の種類が存在します。それぞれに合わせた治療法や効果的なサプリメントが存在しますので最初は医師の診断を受けましょう。

イボの種類をおおまかに分けると「ウイルス性」と「老化性」のものが存在します。ウイルス性のイボについては病院などで治療を行い原因を取り除けば再発を防ぐことができます。

しかし老化性のものについては一時的に除去を行っても何度も再発が予想されるため普段から通販などで手に入れたサプリメントを服用して再発を抑える必要があります。

さて、老人性のイボに効果的なサプリメントですが実はそう特別なものではなく楽天やamazonなどの通販サイトで簡単に手に入れることができます。

老人性のイボにはヨクイニンが含まれたサプリメントが効果的であるとされており、この成分はハトムギを粉にしたものであるため人体に対して無害であると証明されてますので処方箋が無くても購入できるのです。

ヨクイニンは有名な漢方薬ですので楽天やamazonのほかの漢方薬の通販サイトなどでも取り扱いをしています。

しかし送料の事や複数種類のサプリメントを比べる事ができる事などを考えると楽天やamazonで購入する方が何かと便利です。
  

イボに効くサプリの価格相場はいくら?安い値段で買えるサプリもある?

イボ サプリ 価格

イボに効果のある手ごろな価格なサプリはヨクイニンです。値段もいくらなのか気になるところですが、一番安いものだと600円台からお求めいただけます。

イボのサプリで有名なヨクイニンは漢方薬でも使用されていおり、医療現場でも処方されている成分です。ヨクイニンにはコイクノライドという成分が含まれています。

この成分は新陳代謝を高める効果があるので肌のターンオーバーを促す作用があります。また排膿や解毒効果も期待できるので肌トラブル全般におすすめです。

長期的に服用することがイボ治療では大切ですが、そうなると気になるのは値段がいくらなのかという疑問です。ヨクイニンサプリの値段で安いものは30日648円からあります。

手ごろな価格で安いのでコスパを気にせず続けることができるのが良いですね。いくらか予算をあげて製薬製剤のサプリを試してみるのもおすすめです。

通常価格は4000円代とややお高めですが、初回購入に限り2872円で購入することも可能です。病院で処方される場合は保険適用されますので相談してみてください。

なおヨクイニンは、ごくまれに胃もたれや下痢、蕁麻疹などの副作用もあるので用法容量をきちんと守ってください。
  
イボに効く市販薬やクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。