老人性のイボに効果のある口コミや評判で人気の高い塗り薬はある?

老人性イボは脂漏性角化症とも言われており、加齢することでできる印象がありますが20〜30代でもできる可能性があるイボです。

脂漏性角化症ができる原因のひとつに紫外線の影響が考えられます。紫外線を浴びると表皮でメラニン色素が作られ、メラニンは肌の新陳代謝によって皮膚の表面に押し上げられて角質と一緒に排出されます。

しかし、年齢を重ねることで肌の新陳代謝が低下し、長年浴び続けた紫外線の影響で排出できないメラニンが蓄積することで脂漏性角化症となります。

また紫外線によって皮膚が硬くなるために角質が厚くなることも原因のひとつと言えます。
脂漏性角化症は肌を保湿することで改善することができるため気になる場合は口コミで評判の塗り薬を使うことで取り除く効果が期待できます。

口コミで評判の高い塗り薬は、寝る前に老人性のいぼに塗ると約15〜20分で固まって一晩中密着します。老人性のイボを柔らかくして沈静化する効果がある杏仁オイルやハトムギエキスなどが配合されており、翌朝に剥がすだけで老人性のイボがとれるという塗り薬です。

また皮膚科の医師が開発したイボ取りの塗り薬も口コミで評判です。この塗り薬にもハトムギエキスなど脂漏性角化症に効果が期待できるもので濃厚なクリームなので塗りにくい部分でもしっかりと塗ることができます。

イボ 老人性 塗り薬

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。