「イボコロリ液体」の効果や値段、正しい使い方は?

イボコロリ液体 効果 成分

「イボコロリ液体」はイボや魚の目、タコなどの硬くなった角質の軟化効果のある第2類医薬品です。

「イボコロリ液体」はどんなイボにも効果があるのでしょうか?「イボコロリ液体」の効果効能と正しい使い方、口コミや値段などをまとめてみました。

自分で購入してお試ししてみたレビューと体験談もあります!イボに悩んでいるならぜひ、見ていってくださいね。

「イボコロリ液体」と他商品の比較ページを見に行く

 

「イボコロリ液体」の成分と効果・効能について

「イボコロリ液体」に使用されている成分は、サリチル酸とコロジオンのみ。これらがイボにどのように作用するのかについて詳しく見ていきましょう。

<イボコロリ液体の成分表>
サリチル酸
角質溶解作用(角質を軟化させる効果)があり、イボや魚の目、タコなどに効くとされる成分です。硬くなった古い角質を柔らかく溶かし、新たにキレイな皮膚の再生に役立ちます。
殺菌防腐作用と抗菌作用があり、多くの医薬品などに使われています。
ピーリング作用(角質溶解作用)はニキビの予防にも効果的とされています。

コロジオン
水に強く、水絆創膏などにも使われている成分です。
皮膚をすばやく乾燥させ、被膜を作り細菌などの侵入を防いでくれます。

古い硬くなった角質にピンポイントで効果を発揮してくれる「イボコロリ液体」は医薬品なので安心ですし、高い効果が期待できます。
正しい使い方などはこの後詳しく説明していきますね。

 
 

「イボコロリ液体」に副作用や肌荒れの心配は?

「イボコロリ液体」はイボなどの角質に効果の高い医薬品ということですが、副作用や肌荒れの心配は無いのでしょうか?

また、私のような肌が弱い人向けの塗り方や注意点なども気になったので、実際にメーカーの横山製薬株式会社さんに電話でいろいろ質問してみました。

Q.副作用はないですか?

A.「使用上の注意」を守っていただければ、副作用の心配はないと思われます。

Q.肌が弱い場合の注意点(塗り方など)はありますか?

A.イボ以外の皮膚に塗らないようにしてください。イボ以外の皮膚に付着した場合はすぐにふき取ってください。

Q.どんなイボにも効きますか?

A.足裏などの硬い角質のようなイボにお使いください。
それ以外のイボ(柔らかい部位)には飲むタイプのイボコロリ内服錠がおすすめです。

「イボコロリ液体」は、商品を買うと付いてくる「使用上の注意」を守れば副作用の心配は無さそうです。医薬品なので効き目は十分ですが、用法用量はきちんと守ることが大切ですね。
 
イボコロリ 液体 効果

イボコロリには液体タイプと絆創膏タイプ、内服錠タイプと3種類あり、自分のイボのタイプによって、イボコロリも使い分けることが必要です。

使い分ける目安としては、足裏や関節などの硬いイボには液体タイプや絆創膏タイプ。そのほかの顔や首などの柔らかい皮膚にできるイボには内服錠タイプがおすすめとの事でした。あなたのイボにあったイボコロリを選びましょう。

 
 

子供や妊娠中の妊婦さんも使用できる?

イボコロリ 子供 妊婦

「イボコロリ液体」に副作用の心配が無いのは分かりましたが、赤ちゃんや小学生などの子供に使用したり、妊娠中の妊婦さんが使っても大丈夫なのか、というのも気になりますよね。

なので調べてみました。
公式サイトによると、

7歳以上の子供なら使用可能とのことでした。子供に使用する場合はきちんと保護者が監視し、患部以外につかないように使えば大丈夫みたいですね。

そして、妊娠中の妊婦さんも普通に問題なく使えるとのことです。
ですが、妊娠中というのは基本的にデリケートな時期なので心配も多いと思います。心配な方はかかりつけの医師に相談してから使いましょう。

 
 

「イボコロリ液体」の値段と成分表

イボコロリ 値段 成分

 

製品名 イボコロリ
製造販売 横山製薬株式会社
原材料・成分 本品1g 中 サリチル酸0.1g  添加物としてコロジオンを含む
内容量 6ml、10ml
値段 6ml:700円前後/10ml:900円前後
分類 第2類医薬品

 
「イボコロリ液体」と他商品の比較ページを見に行く

 
 

「イボコロリ液体」の口コミと評判

「イボコロリ液体」を実際に使っている人の口コミや体験談も気になると思いますので、口コミや評判、感想をご紹介します。

すごいです。イボができてしまって、皮膚科へ行こうか、でも液体窒素は痛いと聞くし、
どうしようと悩んでいました。
試しにこちらを購入。痛みもなく治りました!今はなにもありません。
3回くらい塗布したと思いますが、こんなに早く痛みもなく治るなら早く試せばよかったと思っています。 (petit*sausageさま)

@cosmeの口コミ参照 http://www.cosme.net/product/product_id/2947587/review/503372506

数年前、足指にできたものに効いたので、今回も病院に行く前に
試してみたところ、効きました!
塗布した液体はすぐ乾き、水仕事をしても剥がれない丈夫な膜になります。
数日でイボの表面(気持ち悪い表現ですが、突起している部分が)が
赤く(血?)なり、だんだんと茶色に変わり、イボがカサブタ状に。
赤くなってからも塗布を続けると、わずかにしみるような
刺激を感じたので、使用を中止して経過を見ていたところ
使い始めて14日目にカサブタを引っ張ってみたら、ポロっと簡単に
剥がれました。
今のところ、イボの残りは見当たらず、気持ちまですっきりしました。
ちなみに、イボの周りの皮膚がふやけて剥けてしまいますので
患部からはみでたらすぐに拭き取るといいと思います。(kaotycatさま)

@cosmeの口コミ参照 http://www.cosme.net/product/product_id/2947587/review/503162240

足の裏、親指のちょうど付け根に、気付くか気付かないかぐらいの小さく白いイボ?が出来てしまい、ほっとけば自然治癒されるだろうと、放置してたら1センチぐらいに大きくなってしまいイボコロリに頼りました。

イボは約1センチぐらいで、白く、イボとゆうよりシコリに似ていて、皮膚がとても固くなってました。

病院で治療―…と、よくネットや知人から聞いてましたが、治療費や治療に伴う痛みなども聞いていたのでイボコロリを信じて使い続けました。

私の場合は…

液体タイプのもので、朝起きたらひと塗り。
液体が乾くと、白くなり皮膚が固くコーティングされます。
お風呂あがりに重ね塗りでひと塗り。
1日に2回のペースで、どんどん重ね塗りしていきます。

すると、重ね塗りしている為、1週間後ぐらいには突起した状態になります。

触った時にもうとれそーだなー、と思ったのでお風呂あがりなど、皮膚が柔らかい時にブチッととりました。
この時ちょっと痛かったかな(^-^;)

芯からとらないと再発する―…
と、聞いており、芯って何よ…と思ってましたが、見た目や触った時にだいたい分かります。

私の使い方が間違っているかもしれませんが、私は上記の使い方で完治しました。

初めてイボが出来た時、イボコロリをどう使えば治るのか、本当にイボコロリで完治するのか不安だったので参考になればと思い、書かせてもらいました。(☆:::☆あ~や☆:::☆さま)

@cosmeの口コミ参照 http://www.cosme.net/product/product_id/2947587/review/502980781

「イボコロリ液体」を使ってみて「ぽろりと取れる」、「皮膚が柔らかくなる」という声が目立ちました。早い人は1~2週間くらいで効果が出る人もいるみたいですね。

以上、「イボコロリ液体」の口コミと評判でした。

 
 

「イボコロリ液体」の使い方と頻度は?

「イボコロリ液体」の正しい使い方など、いろいろとメーカーの横山製薬株式会社さんに聞いてみました。
それでは、「イボコロリ液体」の使い方と使用頻度などについて紹介しますね。

Q.塗る頻度はどれくらいですか?
A.イボにもよりますが、様子を見ながら1日2~4回程度使用してください。

Q.何回くらい塗ると効果が出始めるのでしょうか?
A.1ヶ月を目安に使用してください。ウイルス性のイボを根本的に治すには1ヶ月くらいかかるかと思われます。

「イボコロリ液体」を使うタイミングはお風呂上りなどに使用すると患部も温まっている状態なので効果的らしいです。

使用頻度は、とても硬く角質化しているイボには1日4回、そのほかのイボには2回くらいを目安にし、様子を見ながら塗ってみるのが良さそうです。

 
 

「イボコロリ液体」を購入した体験レビューと感想

それでは、「イボコロリ液体」を実際にドラッグストアで購入してみたレビューとその体験談をご紹介します。

イボコロリ 液体 感想

近所のドラッグストアにて「イボコロリ液体」10mlを購入。
6ml入りと10ml入りがあったのですが、値段は100円くらいしか変わらなかったので10mlの方を買ってみました。
 
イボコロリ 液体 成分

こちらはパッケージ裏面です。
魚の目、タコ、イボに効果があると書かれていますね。やっぱり柔らかい部位ではなく、硬い角質状のイボに使用するタイプのようです。
 
イボコロリ 液体 体験

こんな感じの小さなビンに入ってます。いかにも効きそうな見た目ですね。
一緒に「使用上の注意」や「上手な使い方」などが詳しく書かれた用紙が入っていました。事細かく書かれているので、これをよく見ながら使った方が良さそうです。
 
イボコロリ 液体 お試し

ビンのキャップを開けてみました。キャップにこんな感じの棒が付いていて、この棒で患部に塗るみたいです。

イボコロリ お試し レビュー

中の液体は無色透明ですが、匂いがちょっと強めです、、、。たとえるならシンナー?消毒液?のような刺激臭がします。これを硬くなったイボに塗ると柔らかくなるんですね。とっても効きそうです。

試しに足の硬くなったイボに塗ってみると、、、1~2回ではあまりわかりませんが、少し柔らかくなった気がします。このまま使用して、イボがぽろりと取れるまで続けてみようと思います。

「イボコロリ液体」と他商品の比較ページを見に行く

 
 

市販の薬局やドラッグストアでも売ってる?販売店は?

では、「イボコロリ液体」の購入方法についてですが、どこの販売店で買うことが出来るのか、市販の薬局やドラッグストアでも取り扱いがあるのかについてお話していこうと思います。

さて、市販で薬局やドラッグストアに売っているのかについてですが、いろいろな薬局、ドラッグストアで実際に売っています。たまに取り扱っていない店舗もありますが、置いている店舗の方が多いようです。

なので、薬局やドラッグストアで買う場合は「イボコロリ液体」を取り扱っているのか、電話で問い合わせてみる方が確実でしょう。

と言うことで、「イボコロリ液体」は市販で薬局やドラッグストアで手に入れることができるので、気軽に買えて便利ですね。
 
 

通販の楽天やAmazonでも買える?最安値で買うには?

「イボコロリ液体」は薬局やドラッグストアで取り扱っていることが分かりました。では、ネット通販の楽天やAmazonでも取り扱っているのでしょうか?そして、最安値で手に入れる方法はあるのかについても詳しくお話していきますね。

楽天市場
6ml 500円(送料400円)
10ml 905円(送料300円)

Amazon
6ml 698円(送料関東のみ無料)
10ml 870円(送料関東のみ無料)

ドラッグストア/薬局
6ml 800円前後(店舗による)
10ml 900円前後(店舗による)

公式サイト
取り扱い無し

大手通販サイトの楽天やAmazonでも取り扱っていました。値段は送料まで含めるとAmazonで買うのが最安値ということになりました。

「イボコロリ液体」は市販のドラッグストアや薬局でも買うことが出来ますが、通販のAmazonや楽天で買った方が商品値引きされていることも多く、送料無料のサイトを探して買えばお得に買えますね。
 

イボ対策には「イボコロリ液体」がおすすめ

イボコロリ 効果 おすすめ

イボに効果的な「イボコロリ液体」の効果効能や値段、使い方や口コミなどをまとめましたが、参考になりましたでしょうか?

この「イボコロリ液体」は医薬品ですので、美容液やクリームとくらべても早めの効果が期待できますので、ぜひこの「イボコロリ液体」をお試ししてみてくださいね。

イボに悩むあなたのお力になれれば幸いです。

「イボコロリ液体」と他商品の比較ページを見に行く

 

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。