あんずオイル配合の化粧品の効果効能とは?あんずオイルの成分はアトピーの人でも使える?

あんずオイル配合の化粧品の効果効能とは若さの脂肪酸と言われる4種類の脂肪酸が含まれており、その4種類の脂肪酸がそれぞれ肌にとって良い効果を発揮します。

1つ目の脂肪酸がオレイン酸であり、オレイン酸は酸素に触れて固まってしまった皮脂を分解する力持つため嫌なにおいを軽減します。

2つ目の脂肪酸がリノール酸であり、リノール酸は皮膚を構成するセラミドを作るために使われる成分で皮膚の乾燥や皮膚の老化を防いでくれます。

3つ目の脂肪酸はステアリン酸で、ステアリン酸は皮脂の主成分の一つなので正常な皮脂分泌に役に立ちます。

4つ目はパルミチン酸で、パルミチン酸はあんずオイル特有の成分で杏子が太陽からの紫外線から守るために分泌する成分です。パルミチン酸を摂取すると、皮膚トラブルの素である紫外線の影響を回復させる力を持ちます。

この4つのオイルの効果効能があることによってあんずオイルは化粧品として使われる理由ですが、このあんずオイルが普及したのにはもう一つあって化粧品としてアトピーの人にも使えることです。

アトピーは皮膚が乾燥することで抗体が過剰に皮膚に反応した状態です。あんずオイルの化粧品は脂肪酸の効能と浸透圧が良いだけでなく、化粧品で心配の添加物が含まれていないのでアトピーの人でも安全に使用できます。

あんずオイル 化粧品 成分

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。