首元のイボを取るクリームや塗り薬、取り薬のおすすめ商品って?

首元や胸元にできた『加齢性』のイボを取るクリームや塗り薬、取り薬に含まれる効果的な成分は、あんずエキスやハトムギエキスです。

そもそも、イボが出来てしまう原因ですが、首や胸元は特にデリケートな部分でもあるため、洋服やアクセサリーなどの摩擦が原因という場合も少なくありません。

年齢を重ねた肌はターンオーバーの力も弱まり、その期間も長くなるため古い角質層が徐々に蓄積してしまいイボが出来てしまいます。

あんずエキスとハトムギエキス両方を成分の原料としている『アクアビューティ艶つや習慣』は目元・首元・胸元にできたイボを取る効果を発揮します。

オールインワンジェルなので、化粧水・乳液・美容液・保湿クリームの働きに加えて角質ケアができる塗り薬と取り薬を兼ねたすぐれものといえます。

あんずエキスを成分の原料とする『アンミオイル』は、皮膚の薄い部分にも安心して使える100%天然オイルです。首元や胸元のイボはもちろん目元にも使用できるあんずの種から抽出した高級オイルが使われています。

他に『アイム アプリシャル ピュアオイル』もあんずエキスを成分の原料としていますが、杏仁オイルに月見草・ヨモギ・ハトムギエキスを加えたオイルがあります。どちらもイボを取るための塗り薬や取り薬に使われることの多いオイルで、仕上げにクリーム保湿効果を高めましょう。

イボ 首元 取る

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。