イボの種類|老化や日焼けによるイボやウイルス性イボの治療方法

イボ 種類
イボの種類やタイプには、ポツポツしたイボやウイルス性のイボ、老化による老人性イボなど様々です。

イボができる場所も顔や首、足裏などがあります。

イボができる原因としては老化もあるのですが、肌の摩擦や日焼けが要因になっている場合もあり、肥満の人にイボができやすいということもあります。

また、ウイルス性のイボについては、感染経路を知ることも大切です。

この記事では、イボの種類やタイプ、原因を解説しています。また、病院の皮膚科におけるイボの治療方法や効く薬などの改善方法を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

  
イボの種類別のおすすめ商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

ポツポツとしたイボのタイプと症状|ほくろとの見分け方とは?

イボ タイプ ポツポツ

ポツポツしたタイプのイボとほくろの見分け方と、その他のイボの症状について紹介します。

ポツポツしたタイプは、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)といって、紫外線などの影響で硬化した角質が塊になったものです。

ほくろとの見分け方は、老人性疣贅は肌の両面にポツポツと、突起のような症状で現れるのに対して、ほくろは平べったい斑点のように肌に現れます。どちらも放置していても、大事になるような事はほとんどありませんが、中には、将来的にガンになる危険のあるほくろがあります。

見分け方は、ほくろがだんだん大きくなったり、形がいびつで色や濃さが均一でなく、フチがにじんでいるようなもので、この場合は医師の診察を受けましょう。

老人性疣贅のほかに、肘や膝、指などに出る尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は最も一般的なタイプで、接触の多い場所によく現れます。
足底疣贅(そくていゆうぜい)は、足の裏に現れるイボで、ウィルス性によるものが多く、魚の目やタコに似ています。

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)は青年期に、薄褐色の平たいイボが顔や手の甲などにでき、症状は自然と治っていきます。伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)は、子供がよくかかる水いぼです。柔らかく、イボがはじけてウィルスが飛び散り伝染しやすいと言われます。
  

顔や鼻、首には大きいイボや小さいイボのどんな種類のイボが出来やすい?

イボ 種類 顔

顔や鼻、首など目立つところにできる大きいイボに悩まされている人も多いと思います。そんな顔や鼻、首にできるイボの種類について書いていきたいと思います。

顔や鼻にできるものですが、これは吹き出物と間違ってしまう場合も多いです。なかなか治らないときはイボかもしれません。色や形で見分けることもできるので、いつもの吹き出物と違うなと思ったら疑って見てみましょう。

吹き出ものは比較的丸い形に対して楕円形のもの、色は肌色であまり目立たない場合はイボの可能性があります。自分では判断せず病院で診てもらいましょう。

比較的若い人でもなる「青年性扁平疣贅」、「老人性疣贅」のように肌の老化でなるものとがあります。高齢者だけがなるものだけではないということも頭に入れておきましょう。

「老人性疣贅」についてですが、遺伝や紫外線による皮膚の老化が原因だと言われています。顔や首はどうしても紫外線を浴びやすい場所なので、でやすい場所になります。

放っておくと数も増え大きいものになっていきます。目立つし大きいものもありますが、老化が原因のものなら良性なので絶対に除去しなければならないものではありません。

イボの種類はたくさんあります。種類によっては悪性のものもあるので、気になる方は早めの受診をお勧めします。
  
イボの種類別のおすすめ商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

イボのタイプで足裏にできるイボは魚の目と違うの?その違いと対処法って?

イボ タイプ 足裏

足裏に起こりやすい異変には様々なタイプがあります。代表的なもので魚の目やイボ等があります。この二つの症状は、同じようなものと思われている方も多いのですが、違いがあります。

まず魚の目についてですが、魚の目という名前の通り、魚の目のような姿です。これは長い時間、皮膚の一か所が圧迫される事によって皮膚の表面部分にある角質部分が厚くなる事によって引き起こされるものです。

普段から負担の多い足裏に出来てしまいがちなものであり、角質部分が皮膚の内側に向かって厚くなってしまう為、中心部分に硬い芯が出来ます。

この芯の部分が、皮膚の奥の方まで達してしまうと、神経に刺激が起こり、痛みが出てしまう場合があります。対処法としては、メスを使用しての外科手術やレーザー治療等様々な対処法があります。

次にイボについてですが、イボは皮膚表面に突き出したような形で発生するものです。大きさも様々で、小さなものから大きなものまであります。イボは足裏以外の場所にも出来やすく、中心部分に芯があることもあります。

また、発生する部分や原因によって、様々なタイプがあります。紫外線や老化によるタイプのものは、ウィルス性のイボと違い、他の人に移してしまう心配はありません。対処法としては、内服薬の服用や液体窒素による凍結療法があります。
  

老人性のイボは加齢や老化が原因?皮膚科で手術する場合の治療法とは?

イボ 老人性 皮膚科

老人性のイボは加齢や老化なども原因となります。また、治療をするならば皮膚科などで手術をしてもらうことで、イボを取り除くことができます。
また、皮膚科での手術としては、いくつかの方法があるため、医師と相談してみるといいでしょう。

老人性のものに関しては、加齢や老化など以外にも、紫外線などのダメージによる皮膚の老化なども原因になることがあります。老人性のイボのため、それほどあわてるようなものでもありませんが、複数のイボができてしまうと、肌などがきれいにみえないという点において、できるだけ取り除いておいたほうがいいでしょう。

皮膚科での手術としては、液体窒素を用いる方法、レーザーで治療する方法、シンプルにはさみなどで切る方法などもあります。

また、イボの治療においては、保険が対応のものと対応しないものがあるため、その辺もきちんと把握しておくことが重要です。皮膚科で治療を受ける時は、しっかりとその辺も確認しておきましょう。

加齢に伴い肌なども衰えてくることになります。そのため、日頃から生活習慣をしっかりと改善しておき、また、肌荒れなどにならないようにスキンケアなども日々、しっかりと行うことで対策をしていきましょう。
  

イボは肌の摩擦が原因?イボに効く食べ物って?ハトムギ茶も効果的?

イボ 摩擦 肌

ニキビなどの毛穴の炎症とは違うイボがどうして出来てしまうのか、また、どう対処すればいいのか分からないという方は多いと思います。

脂漏性角化症と呼ばれるイボの原因は、紫外線や生活習慣など、肌へのダメージと肌環境が大きく関係しています。

シミやシワと出来る過程はほぼ同じで、紫外線を浴びるとメラニンが生成され、乱れたターンオーバーによって蓄積し、イボになる場合があるのです。
これらを予防・撃退するには、正常なターンオーバーを維持する為に肌環境を整えなければいけません。

乾燥は紫外線の影響を受けやすいので、肌への摩擦やスキンケア不足は良くありません。

丁寧にスキンケアをすると無意識に摩擦が増えてしまうので、そっと触れる程度の力で、極力摩擦を加えないようにしましょう。

また、身体の内側からのケアとしては、ハトムギが効果的とされています。
乾燥させたヨクイニン、ハトムギ茶は美肌にも効果的とされ、昔から親しまれてきました。

食べ物では、ビタミンやミネラルを多く含む果物や、食物繊維を多く含む根菜類。また、血行を促進する食べ物であるネギ類や生姜なども食べると良いとされています。

しかし、ハトムギや食べ物の効果は緩やかなので、ゆっくりと改善を待つ気持ちが大切です。
紫外線対策、乾燥予防、食べ物で効果的に予防しましょう。
  
イボの種類別のおすすめ商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

イボが出来る要因に日焼けも関係ある?そのイボの治し方って?

イボ 日焼け 要因

イボが出来る要因として、日焼けも関係しています。治し方としては、皮膚科などで液体窒素などを利用した治療法や、レーザーなどを利用した治療法などで治すといいでしょう。

日焼けでイボができる場合には、老人性イボとよばれ、紫外線などの影響による肌へのダメージが原因と考えられます。

そのほかにも、加齢による肌の老化などが原因でイボが出来る傾向があるため、若いうちから日焼けなどにある程度注意しておくことで、イボのできる要因としないようにしっかりと紫外線対策をしていきましょう。

また、そのような要因だけでなく、日頃から肌のケアをしっかりと行い、肌が荒れないように、また、老化などを少しでも遅らせ、きれいな肌を出来るだけ保てるように、化粧品などでしっかりとスキンケアしていきましょう。

治し方としても、皮膚科などでの治療も重要ですが、それ以外にも、市販薬やいぼ用の化粧品などで対策をすることができます。医療関係において、皮膚科などを受診するほうが安心感もありますが、老人性のものの治し方としては、市販薬などでもある程度対応できる場合があります。

肌がぶつぶつとした状態になると見た目的にもちょっと周囲の視線がきになるところです。友人関係や知人関係などから指摘されたりしないように、できるだけ早く治すようにしましょう。
  

ウイルス性のイボの感染経路とは?うつることが多いウイルス性のイボが増えるのを予防する方法とは?

イボ ウイルス 感染

ウイルス性のイボの感染経路は、ウイルスに感染している人からうつるもので、増えるのを予防するには患部をむやみに触らないことが大切です。

イボに感染している人と同じお風呂に入ったり、タオルを共同で使うことなどでうつります。公共の温泉やプールの中に感染者がいたとしたら、誰にでもうつる可能性はあります。

ただし、免疫力が高い場合はうつりにくいです。免疫力が下がっているとウイルスに感染しやすくなって、イボがうつる可能性が高くなります。
増えるのを予防するためには、ウイルスを撒き散らさないことが大切です。

自分でイボを除去するためにピンセットなどでいじる人もいますが、傷口からウイルスが撒き散らされて他の箇所につくと、さらに広がってしまう可能性があります。

それ以上増やしたくないのであれば、皮膚科でイボを液体窒素やレーザーで焼いて根絶やしにする必要があります。芯の部分が完全に除去されれば一応治ったと判断されます。

また、自分でできる増えるのを予防する方法としては、免疫力を高めるためのヨクイニンを摂取するという方法があります。ヨクイニンはハトムギに含まれている成分です。市販薬でもヨクイニンが配合されたものが販売されています。
  

遺伝性のイボに効く薬に市販薬はある?遺伝性のイボができる原因と対策方法とは?

イボ 遺伝 薬

そもそもイボの原因には、遺伝性のものがあるのでしょうか。
肌のタイプなどの体質の遺伝はあるのですが、基本的には遺伝性であることは考えにくく、やはり紫外線からの長期間に及ぶダメージなどが角質に残る為に、肌のターンオーバーが崩れるなどが原因である可能性が高いです。

ですので、遺伝としてイボが出来るという確率は限りなく低いです。気になる方はイボのケアを怠らないようにするというのも良いでしょう。

俗にいう老人性イボは、病院で切っても再発の可能性も高くアフターケアも大変です。対策としては、市販薬の飲み薬やクリームなどで切らずに治す事をお勧めします。

また、内服薬も併用するとより効果的に対策が出来ます。また、市販の足用などの外用薬は成分が強いために、顔や首に使えません。

市販薬で対策をしたい場合には、ヨクイニンの原料であるハトムギなどを配合したクリームなどが、老人性や遺伝性のイボには効果的です。

ヨクイニンは皮膚科などでも処方されるものです。ヨクイニンの配合された内服薬や外用薬を上手に併用して根気よく治す事が大切です。

また、妊娠などによるホルモンの変化やストレスが原因で若い世代でも出来る事もあり得ます。

杏仁オイルに含まれる成分も近年では注目されています。市販薬ではこの杏仁オイルの配合された化粧品やクリームなどを継続して使う事も効果的です。
  
イボの種類別のおすすめ商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

妊婦がイボを治療する場合は病院の何科に行くの?治療費の相場価格と保険適用の有無は?

イボ 妊婦 病院

妊婦がイボ治療をする場合に把握しておきたい内容としては、1.母体への影響、2.病院の何科になるのか、3.治療費、4.保険適用の不可の4つを上げることができます。

まず、種類としてはウイルス性を除けばアクロコルドンと呼ばれる、いわゆる老人性イボがあります。妊婦に関係するものとしては、妊娠性痒疹、PUPPPなどがあり、特徴としては痒みを覚えることがあります。通常、出産後に自然と治るケースがほとんどです。

妊婦で治療を希望する際には病院の何科になるのか把握しておく必要がありますが、通常のイボであれば、皮膚科が担当科となります。

何科が該当するのか不安な場合には病院の窓口等で確認をすることもでき、一般的には皮膚科への案内が行われます。母体への影響に関しては、治療は服薬ではなく除去による方法が用いられるために安心でき、妊娠中で抵抗がある場合には出産後に治療を行うことも選択肢となります。

イボの治療の種類を大きく分けると、液体窒素による冷凍凝固による除去、レーザー除去の2つがあります。それぞれ治療費と保険の適用が異なり、液体窒素の場合は保険適用で1個あたり1,000円程度が相場となります。

レーザーは保険の適法がなく治療費も高額となるケースが多く、1個で5,000円~10,000円程度かかることになります。
  

子供や幼児の水ぶくれのようなイボってどんなイボの種類?正しい治療法って?

イボ 種類 子供

子供や幼児がなりやすい水ぶくれのような症状が出るものを水イボといいますが、正しい治療をすることと同時に自然治癒でも治る種類のものですので心配はいりません。

水イボはとくに幼児、子供に見られ、幼稚園や保育園などではやることが多くなります。プールや共用のタオルなどから感染するウイルス感染症で、他の種類のイボと違って、疾患部分が柔らかく水ぶくれのようになるのが特徴です。

脇やお腹などにかたまってできるときもあれば、体全体にバラバラとできるときもあります。痛みやかゆみなどがない反面、人に感染するものなので注意しましょう。

正しい治療方法というのも色々ありますが、ピンセットで除去したり、イソジンを塗るというのが一般的です。子供や幼児にとって、痛みを伴う治療は難しいので、自然治癒を待つという方法も良くとられます。

水ぶくれ部分が破れやすく、そこからウイルスが広がる恐れがありますが、感染力は弱い種類のウイルスです。自然治癒でも体に抗体ができるまで数カ月から1年近くかかることもあります。

医療機関によって治療すべき、という意見と自然治癒を待つべきという意見に分かれます。正しい知識を持って、個々の症状に合った治療法を選択しましょう。
  

肥満の人にイボが出来やすい理由|イボの改善におすすめの漢方はある?

イボ 肥満 改善

肥満の人にイボが出来やすい多くの理由は、肌がダメージを受けているためで漢方で改善するのがおすすめです。

肥満になると日常のちょっとした動きでも皮膚と衣服が擦れて肌がダメージを受けます。ダメージを受けた肌は徐々に角質粒となって、イボに変わってしまうというわけです。

また、歳をとってくると徐々に肌のバリア機能が失われてくるのでダメージを受けやすくなります。肥満の方やうまれつき肌の弱い方が中高年になるとイボができやすくなる理由です。

このようなイボはウイルス性ではないので人に感染することはありませんが早めに治療するようにしましょう。

治療は病院の皮膚科でもできますが、自宅で治すなら漢方がおすすめです。漢方には血行改善やデトックスの効果が期待でき、自然治癒力や免疫力を高めて健康状態も改善できるという理由があるからです。

イボを治すにはヨクイニンという漢方がよく使われています。ヨクイニンとはハトムギに含まれる成分で、体内の水分とリンパ液の循環を促してくれる作用があり、肌のターンオーバーを促してくれます。

ターンオーバーが頻繁に行われるようになれば、角質化もおさまります。身体の中から改善するにはサプリメントがおすすめです。ハトムギ由来の美容液やオイルを利用しても良いでしょう。
  
イボの種類別のおすすめ商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。