足のイボは皮膚科で治療できる?皮膚科で手術などをした場合、費用に保険は適用される?

足を長時間圧迫する靴を履き続けたり、老化による角質硬化によって足にイボが出来てしまうことはよくあります。ヒールのある靴を履くことの多い女性、特に年配の女性に多く見られ、適切な処置を行なわないと痛みで歩行もままならないほどになってしまう事すらあります。

イボの治療は皮膚科で簡単に行なってくれるので、症状がみられたらすぐに皮膚科を受診しましょう。

では、どのような処置を行なって治療をするのか簡単にご説明します。多くの皮膚科で昔からイボ治療で行なわれているのが「液体窒素」で除去をする処置です。

-196℃の液体窒素をイボに押し当てて除去をします。費用は保険適応で約1600円ほど。デメリットは個人差はありますが、火傷を負った状態になり痛みが伴います。

最近では皮膚科にもレーザー装置を取り入れている所も増えており、手術という形で治療を行なっている場合もあります。特に足のイボは何度も再発してしまうので、可能であればレーザー手術で丸ごとくり抜き原因を取り除くのがいいでしょう。

レーザー除去は出血も少なく痛みも感じにくいのが特徴。手術費用は保険適応で1箇所につき約2000円~5000円です。デメリットは足は体重負担がかかる場所なので1泊~2泊の入院が必要な場合が多いです。

上記にあげたのが代表的な治療例で、共通して言える事は費用は健康保険が適応されるということです。

イボ 足 皮膚科

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。