老人性のイボが顔や首に出来やすいのはなぜ?自分で治す方法って?

若い頃にはなかったのに、気が付くとポツポツとしたものが顔や首にできていてショックを受けたという人は意外と多いでしょう。

このポツポツは、老人性イボと呼ばれているものです。老人性と聞くと、お年寄りにしかできないイメージですが、実際には20代からできる人が増えてきて、30代では悩む人も多くいます。

老人性イボは、古くなった角質が剥がれ落ちずに、お肌の上で固まってしまったもののことを言います。悪性のイボではないので放置していても構いませんが、顔や首にできてしまうと目立つので、自分で治すことができたらと考えるようになります。

そもそも、老人性イボが顔や首に出来てしまうのは、紫外線の影響を強く受けるためです。自分で治すには、ハトムギなどイボに効果的なお茶を飲んだり、クリームを塗るという方法があります。

一度ハトムギ茶を飲んだからと言って、すぐに治るわけではありません。自分で治すには根気が必要だということを覚えておきましょう。

また、首はアクセサリーなどをつけることが多い部位で、金属などの摩擦の刺激も原因になると言われています。予防としては、日焼け止めを使うようにして、お肌への刺激を弱めるようにしましょう。

イボ 老人性 首

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。