老人性のイボを病院で手術すると費用はいくらかかる?跡は残るの?

老人性イボは、ウィルス性ではないので、次々に感染してしまうということはありません。

しかし、古い角質が集まってできたものなので、年を重ねるごとに大きくなったり、増加していくことがあります。衣服が引っかかる他にも、見た目が悪いなどの理由で病院の手術を希望することがあるでしょう。

老人性イボを病院の手術で取り除く費用は、治療方法によって変わってきます。保険が適用される、医療用のハサミでの切除の場合は6000~14000円程です。

5ミリ以下の大きさの場合に限られますが、跡が残ってしまうことがあります。液体窒素を使った場合も保険が適用され、6000~8000円ほどの費用がかかります。かさぶたができて、跡が残る可能性が高いです。

老人性イボの跡を残さずにきれいに行う方法として病院で行われている手術は、レーザーを使ったものです。保険が適応されないので、費用は4000~10000円ほどかかりますが、1回のレーザー照射できりえに治療できるというメリットがあります。

サイズが大きい場合には、何度か照射をすることもありますが、1番きれいに治療できる方法です。老人性イボを治す場合には、自分に合った方法を選びましょう。

イボ 老人性 病院

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。