肩の大きいイボの取り方|自力で取る場合の注意点とは?

肩にできる大きいイボ 自力での取り方としては、無理に切除しないという注意点を守りましょう。肩にイボができると衣服と擦れて違和感を感じたり、何度も擦れることで炎症を起こして痛みが生じることがあります。

基本的に大きい肩のイボを素早く取り除きたい場合は、皮膚科などの医療機関でレーザー治療や手術を行うのが一番です。

自力での取り方としては、ハトムギ(ヨクイニン)が配合された内服薬や、杏仁オイルを含んだ美容液を塗るなどの方法があります。注意点としては、内服薬や美容液で目に見える効果が現れないとしても、途中で止めず続けることです。

徐々にイボが小さくなって治るのではなく、大きいままポロリと取れてしまうケースがあるので、ある程度の期間は継続して行うのが大切です。

あくまで自然に取れるのを待つのが重要で、物理的に引っ張るなどをしては周囲の皮膚を傷めてしまいます。さらに注意点として、自力で切除する取り方は非常に危険を伴います。

出血を伴ったり、傷口から細菌が感染して炎症を起こす可能性があります。また、皮膚の上だけを切除しても芯が残ったままだと、再発することがあり、イボがまた同じところにできてしまうリスクも否定できません。

イボ 肩 大きい

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。