顔のイボを病院で治療する方法|手術や薬の費用は?保険は適用される?

顔のイボを病院で治療する場合、治療法によって費用が異なり、手術の方法によっては保険が適用可能です。

顔にできるイボの多くは、長年紫外線を浴びたことや加齢による皮膚の老化が原因で、放っておいても問題ない良性の腫瘍です。しかし数が多かったり、目立つ場合は病院で取り除くことができます。

病院で顔のイボを除去する方法として、レーザーや凍結療法、物理的な切除や薬での治療があります。

サイズが大きいものや位置によっては手術で切除する必要も出てきますが、サイズがごく小さい場合は手術など必要なく、清潔なハサミなどで切除することも可能で、保険も適応されるため治療費の相場は1000円程度となっています。

液体窒素を使ってイボを壊死させて取り除く凍結療法も、保険が適用されるため費用相場は1回あたり2000円ほど。しかし、繰り返し治療する必要があります。

レーザー治療は、凍結療法と反対にレーザーの熱でイボを削り取る方法です。出血や痛みが少ないのが特徴で、麻酔クリームなどを使って感覚を麻痺させて行うため、痛みはほとんど感じませんが、保険が適用されず自由診療となるため、費用相場は5000~10000円ほどとなっています。

しかし、治療痕が残りにくく、再発しにくいというメリットがあり、綺麗に治療できることから人気が高い治療法です。

イボ 顔 病院

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。