胸のイボが生まれつきある新生児や子供の対処法|子供用の塗り薬もある?

イボ 胸 新生児
新生児や小さな子供の胸に生まれつきのイボがあることがあります。このイボはなにか問題があるということでなく、生まれつきのもので、とくに大きな悪影響を与えるものではないのがほとんどです。

特に新生児の場合は、乳児湿疹と呼ばれるものが多い、汗やささいな原因で顔や胸、おなかにぽつぽつとしたイボのようなものができやすいです。

胸や顔、首などは汗をかいたりする場所なので、すぐにぽつぽつができたり治ったりを繰り返しています。これは汗をかいているためや、アトピー性皮膚炎のように生まれつきの体質が原因となっているものも多いです。

清潔を心がけて治る場合もありますし、アトピーのように治療が長引くケースもあります。対処法としては塗り薬を塗ったり清潔を心がけることでずいぶんとよくなるケースがあります。

新生児の場合、消化器官が未熟のため皮膚にも影響がでやすいですが、子供や幼児になっていくことで、だんだんと皮膚も強くなっていことも多いです。塗り薬には新生児や幼児も使える薬があるので、塗り薬を定期的に塗っていくことでよくなるケースも多いでしょう。幼児から子供になってくると、塗り薬のほかに飲み薬や漢方で体質改善をする手段もあります。

胸のイボに効くクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。