手のひらのぽつぽつイボを病院で治療する場合の治療法は?保険は適用される?

手のひらに、ぽつぽつとしたものがあれば、イボの可能性があります。悪性のものではないので、放置していても問題はありませんが、手のひらにあると気になるという人が多く、病院に行くことで、除去するための治療を受ける人も多いです。

手のひらのぽつぽつを病院で治療する治療法はいくつかあります。健康保険が適用される治療は、液体窒素によるものが多いです。液体窒素をあてて、凍結することで自然に除去できると言うものです。

保険が適用されるので安く治療できますが、何度か通院しなければいけないことや、跡が残る場合もあります。

保険適応外の治療法としては、レーザーをあてるというものがあります。液体窒素とは異なり、1~2回ほどの通院で済み、仕上がりもきれいだというメリットがあります。病院によっては、ぽつぽつの治療法として液体窒素よりもレーザーを推奨しているところも少なくありません。

サイズが大きくて、液体窒素やレーザーが使えない場合は、メスで外科的に取り除くという治療法もあります。患者さんの状態に合わせて治療法が選択されるので、まずは病院に行って医師に相談してみましょう。早く治したいなどの希望があれば、そのときに伝えるようにします。

ぽつぽつ 手のひら 病院

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。