イボの除去方法とは?首や顔などの老人性イボの除去費用も解説!

イボ 除去
イボが出来てしまったけど、除去する方法がよくわからなくて困るということはありますよね。

首や顔や脇などに出来たイボや、加齢が原因の老人性イボの除去方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

この記事では、イボの除去に効果的なクリーム、薬、皮膚科の病院での治療の種類などについて詳しく説明します。

また、イボをピンセットで自力で取ることや、自分でちぎることはできるものなのかについても解説しています。

ここで紹介するイボの除去方法があなたに役立てば嬉しいです。

  
イボの除去ができるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

老化や加齢が原因の老人性のイボの除去方法は?

イボ 除去 老人性

老化や加齢が原因の老人性のイボの除去方法としては、皮膚科などで、治療をしてもらうといいでしょう。

イボを凍結させるという方法というのもあり、液体窒素を用いた治療法もあります。また、レーザーなどを利用してイボを取り除くという方法もあり、そのほかにも、電気メスなどによる切除なども有効な手段といえます。

このように治療によって除去をすることもできますが、できるだけ老人性イボを予防していくことも大切です。老化によることが原因にはなりますが、紫外線によるダメージによっても老人性イボができることがあります。

そのため、加齢による老化だけでなく、紫外線などに対してもきちんと対策をしていくことで、予防をしていきましょう。

日焼け止めなどを使用することも有効な手段ですが、日差しが強い時には、外出を控えるというのも対策につながります。自分なりに生活のなかでいい紫外線対策を考えていきましょう。

また、日焼け止めなどに関しても、ある程度肌質などによって肌荒れにつながることもあるため、自分の肌質にあったものを使用することが大切です。

加齢や紫外線による影響で老人性のものができてしまった場合には、すみやかに皮膚科などで除去してもらいましょう。
  

顔や鼻、まぶたに出来たイボの除去の方法って?

イボ 除去 顔

顔や鼻、まぶたに出来てしまったイボを除去する方法は、イボの状態にもよりますが、塗り薬や内服薬によって除去することが出来る場合もありますが、頑固な物の場合は美容クリニックなどで除去する方法があります。

レーザー治療などで一瞬にして取り去ることが可能な場合が殆どですが、イボが出来ている場所が顔の鼻やまぶたといった皮膚が薄い箇所の場合は違った処置を施さなければならないこともあるので、きちんと医師に相談しましょう。

また、治療後のケアにも時間が掛かる場合があります。
特に皮膚が薄い顔、鼻やまぶたの場合は治療後にしばらくは洗顔が出来ない状態が続いたり、紫外線に浴びないように注意しないとそのまま治療後の痕が残ってしまう場合もありますから、費用や施術後のケアに掛かる時間などもきちんと把握した上で治療を行うようにしましょう。

病院にいかなくても、代謝を上げてくれる塗り薬や内服薬を利用することによって、肌のターンオーバーといった代謝が上がって古くなった角質を押し上げて綺麗になることがありますが、この方法の場合はターンオーバーには時間が掛かることから、3ヶ月程の時間を必要とする場合がありますので、気長に治療を行っていきましょう。
  
イボの除去ができるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

脇や腕のイボの除去に効く、化粧水や化粧品はある?

イボ 除去 脇

脇や腕のイボの除去に効果的な化粧品や化粧水には、coix seedやPalmitoleic acidという成分が配合されています。これらには、抗炎症作用や保湿、肌のターンオーバーの活性化などの作用を発揮するので、特に老化や紫外線が原因のイボに対して改善効果を期待できます。

ちなみに、これらの成分を配合したイボ除去化粧品の中で特に人気を集めているのが、アクアビューティーが提供している艶つや習慣というボツボツ対策ジェルです。

coix seedを含むハト麦エキスとPalmitoleic acidを含有している杏子エキスを両方配合しており、硬くなったポツポツ滑らかに柔らかくして自然に除去するという内容です。

なお、この艶つや習慣は化粧水と美容液、乳液、保湿と複数の役割を1本で担うオールインワン化粧品で、効果と共に実用性においても非常に優秀です。このために、忙しい女性から圧倒的な支持を集めており、累計販売数は23万個を突破しています。

この化粧水としても使用できる艶つや習慣は、目元や首元、胸元だけではなく、脇や腕へも使用できます。また、女性だけではなく男性やお年寄り、子供も使用することが出来るので、脇や腕のイボを除去するために家族全員が利用できます。
  

妊婦のイボの除去に効く、ケア用のクリームはある?

イボ 除去 クリーム

艶つや習慣は、妊婦でも使用できる安全性が高いイボ除去クリームで、シリーズ累計販売数50万個突破という大人気のスキンケアアイテムです。また、角質ケア・化粧水・美容液・乳液・保湿ケアと複数の機能を備えたオールインワンタイプということも魅力で、イボ除去以外の目的でも使用することが出来ます。

なお、この人気のクリームに主成分として配合されているのは、ハトムギエキスと杏子エキスという天然由来の植物原料から抽出したもので、副作用が発生するような心配はありません。このために、妊婦や子供でも安心して利用することが出来ます。

さらに、これに加えて艶つや習慣には、アロエベラや植物プラセンタ、ヒアルロン酸などの美容成分もたっぷりと配合しており、イボを除去するというだけではなく、スキンケアと角質ケアを同時に実現する内容を備えています。このために、綺麗でいたい妊婦の人には、特におススメのクリームということになります。

ちなみに、艶つや習慣は、初回50パーセントオフで購入できるメニューが用意されており、公式サイトから注文することが出来ます。2回目以降も20パーセントオフで入手できるので、通常よりもかなりお得な値段で購入できます。
  

首に出来たイボの除去に効果のある塗り薬や治療法って?

イボ 除去 首

皮膚が薄い首に出来てしまったイボの除去を行うのに効果的な塗り薬や治療法は既に開発されており、実際に市販の塗り薬を使うことによって気になるイボを除去することが出来ます。

紫外線やネックレス、衣服などの摩擦や年齢を重ねてしまうことによって出来てしまったイボの場合皮膚の代謝を上げてくれる物がありますから、それらを使うことによって、綺麗になっていきます。

その中でも有名なのが、「ヨクイニン」というもので、ハトムギの生薬になります。

通常、塗り薬の場合は「ヨクイニン」が配合されているものが多くなります。
「ポロリンボ」といった製品が開発されており、古くなった角質を除去してくれる働きがあり、使いつづけていくと、徐々に小さくなっていくという効果があります。

塗り薬などの治療法によって効果を実感されたい場合は、根気よく続けることが大切です。
特に、首などは皮膚が薄いこともあり、また冷えやすい部分でもありますから、代謝が低いこともあり、時間が掛かります。

また、首はどうしても衣服とこすれてしまったり、ネックレスなどを付けることもありますから、塗り薬を使った治療法は、すぐに効果を発揮しにくいですが、続けて治療することによって、綺麗な素肌になります。
  
イボの除去ができるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

イボの除去に効果のある薬に市販薬はある?薬局やドラッグストアでも売ってる?

イボ 除去 薬

イボにはさまざまな種類があります。紫外線や老化などが原因で起きるイボは、ドラッグストアや薬局で販売している市販薬で改善が期待できます。

市販薬に含まれている代表的な成分はヨクイニンです。ヨクイニンはハトムギから抽出された成分でお肌を軟化させ、イボを除去する期待がもてます。皮膚の再生の他、保湿効果があるためお肌のターンオーバーを促進させ、固まった角質に効果的に働きかけることができます。

薬には塗り薬や内服薬といった種類があります。ドラッグストアや薬局で販売されている市販薬の中の液体タイプの塗り薬の中にはウイルス性のイボを除去する目的で作られているものもあるため、老人性が原因の場合には使用しないように気をつけましょう。

内服薬は、身体全体にヨクイニンの成分が吸収されるため、効果がでるまでに時間がかかる場合がありますが、継続して服用することで効果が期待できます。一般的には3ヶ月から半年程度で効果がでるとされています。

また、ターンオーバーを促進させる化粧品との併用でより効果的に改善へと導く期待がもてます。ドラッグストアや薬局でイボ除去の薬を購入するヨクイニンには、基本的には副作用などはなく、安心して服用することができます。
  

イボの除去は病院の何科?イボの手術をすると跡は残るの?

イボ 除去 病院

イボが出来てしまった場合には、除去するためにいろいろな方法があります。また、イボの除去のために病院では何科にいけばいいのか悩んでしまう方もいるでしょう。

イボの除去の場合には、皮膚科に行くといいです。手術をしてイボを取り除きますが、手術によっては、跡が比較的残りにくいというものもあります。

手術の方法としては、レーザーを利用する方法があります。レーザーを使用した手術は、比較的出血も少なく、痛みなども思ったほどではないといわれており、傷跡などに関しても比較的残りにくいといわれています。

また、液体窒素などを利用する方法もあります。こちらの方法は保険などが適用されるケースも多く、比較的安くで治療を済ませたいという場合には、液体窒素の方法がいいかもしれません。

跡をあまり残したくない場合には、レーザーによる治療、費用をあまりかけたくない場合には、液体窒素などの方法が有効といえるかもしれません。
医師ともよく相談して、どのような方法が一番適しているかを決めるといいでしょう。
  
イボの除去ができるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

イボの除去を皮膚科で行う場合の費用の相場と保険適用の有無は?治療法の種類って?

イボ 除去 皮膚科

少し前まではなかったのに、気が付くとお肌の上にポツポツとした出っ張りを感じることがあるでしょう。

その多くは、古くなった角質が排出されずに固まった、老人性イボです。ウィルス性ではないので、感染のおそれはありませんが、見た目が悪くなってしまうだけでなく、被服が引っかかるなどの問題につながってしまいます。

そこで、イボを病院で除去することを考えましょう。皮膚科に行けば、いくつかの種類できれいに除去することができます。保険が適応される治療の種類の一つに、液体窒素をあてるというものがあります。

皮膚科で6000~8000円という費用がかかり、液体窒素を当ててからカサブタができ、カサブタが剥がれ落ちるときにイボも除去できます。他にも保険が適用される治療は、医療用のハサミで取り除くというものが6000~14000円ほどの費用で受けられます。

また、皮膚科では保険が適応されない治療の種類もあります。医療用のレーザーを照射する治療で、費用は4000~10000円ほどかかりますが、1回のレーザーできれいにすることができるというメリットがあります。

跡が残る心配もなく、イボをきれいにすることができる治療方法と言えるでしょう。
  

イボを自力でピンセットを使って取る場合の注意点は?冷却をするのは良い?

イボ ピンセット 自力

イボがある程度大きくなってくると、ピンセットでも掴めるようになるため、自力で除去することが可能となります。しかし自分で行うのも痛みがあると不安です。なるべくなら痛みのないやり方で除去できないのでしょうか。

その方法の1つが、しっかり冷却してからピンセットでしっかりつかんで取るという方法です。冷却するとその部分の皮膚が一時的に麻痺します。そのため痛みを軽減することが出来るのですね。

イボが小さい場合はピンセットでつかみにくい為、引っ張った瞬間に抜けてしまうこともあります。注意点としてはできれば掴みやすいものを選んで取っていくのがおすすめです。
またイボを自力でとる場合の注意点としては入浴後の肌が柔らかくなった時に行うということです。入浴後は皮膚が柔らかいですし、清潔になった状態なので、感染面から見ても効果的です。

自力で取る場合には清潔にするということも大きな注意点の1つなのです。実際にイボを取ることになったら、氷を準備したり、出血をしても大丈夫なようにティッシュなど準備を全部した上で行いましょう。

また冷却をしっかりすると痛みを感じることが少なくなるので、安心して除去することが可能となりますのでおすすめです。
  

イボの治療で自分でちぎる方法の体験談や口コミ、評判は?

イボ ちぎる 自分で

イボの治療として自分でちぎる方法を実際に試した人は多くいます。実際に体験した人からの口コミや評判は、病院に行く手間が省けて手軽にイボが取れたといったところが良いポイントとしてあげる方が多かったです。

反対に悪い口コミや評判は、自分でちぎった跡が化膿してしまい結局は皮膚科で治療を受ける羽目になってしまったや、無理やりちぎるので皮膚が引っ張られて痛みがたいへん強かった、皮膚に傷がついてしまい傷跡が残り取り返しのつかない事態に陥ってしまった、出血がひどくてとても驚いたといった悪い体験談も多く聞かれました。

これらの口コミや評判、体験談から考えて、自分でイボをちぎるのは可能な限りやめておいた方が良いと言えるでしょう。不潔な手でちぎったり、ちぎった後消毒を怠ると、傷口から雑菌が入り込み炎症を引き起こすリスクがたいへん高くなります。

炎症が起こると肌の奥の真皮層まで傷つけて、跡が残ってしまい元の状態に戻すことができなくなってしまうリスクもありデメリットだらけです。

ですのでイボを悪化させないためには、できるだけ自分で刺激を与えることはやめて、病院の皮膚科に行き適切な治療を受けることが大切です。年齢とともにイボが増えることもあるので、気になった時は自己判断ではなく医師の指示を仰ぐようにしてしてくださいね。
  
イボの除去ができるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。