鼻に出来るイボの種類|白いイボや赤いイボなどの違いと対処法とは?

イボには色々な種類があるのですが、鼻にできるものだけを考えても白いものや赤いものなどがあります。

鼻の部分に白いぽつぽつができるとニキビと間違えてしまうこともありますが、丸みを帯びていなければニキビの可能性は低くなります。同じように白いぽつぽつに見えますが、よく観察するとその色にも多少の違いがあってイボの方は肌色に近くなっています。

原因としてはウイルスが多いのですが、免疫を落とさないようにしながら肌を清潔に保てばリスクを下げることができます。

赤いものの場合、ニキビが炎症を起こして赤っぽくなったのか、それとも赤いイボができているのかを見分けなければなりません。違いとしては、ニキビなら炎症を起こすほどになれば痛みを伴いますし、ふくらみのある部分だけでなく、その周辺にも影響が及びます。

それに対し、イボなら隆起している部分だけが赤い色になりますので、違いとしてはこの辺りを見ていくと良いようです。

赤い場合、血管の奇形によって引き起こされている症状ではありますが、良性の腫瘍ですので悪さをするような種類のものではありません。鼻はニキビができやすいのでまずはニキビと見分けることが必要であり、更にイボの場合でも種類を知る必要があります。

イボ 鼻 種類

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。