目の周りにぽつぽつのイボができるのは病気や悪性の可能性もある?その特徴と見分け方とは?

目の周りのぽつぽつとしたイボが、悪性の病気かどうかの見分け方として、形や表面の状態に特徴が現れます。一般的に目の周りのぽつぽつは、皮膚の老化や角質が硬くなったことが原因で、中に古い角質や皮脂が詰まっている状態です。

白っぽい小さなぽつぽつが特徴で、見た目に気になる以外は健康に影響を与えないため、放置しても構いません。紫外線によってダメージを受けた肌にも現れることがあり、その場合は若い人でも発生することが見られます。

目の周りに黒いぽつぽつができた時は、シミがイボになったパターンや、ホクロの場合があります。色は褐色から黒色と個人差があり、触っても痛みなどを感じないのが特徴です。

悪性の病気は、ホクロや良性のイボと見分け方は難しいものもあります。イボやホクロなど、放っておいても問題がない良性の腫瘍は、長い間大きさが変わらないものが多いですが、悪性の病気だと急激に大きくなったり数が増えるものも少なくありません。

また、形がいびつで表面にデコボコがあるもの、触ると違和感や痛みを感じるものは悪性の可能性があります。確実な見分け方としては、眼科や皮膚科を受診し、検査を行って良性か悪性かを確かめてもらうことです。

ぽつぽつ 目の周り 病気

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。