まぶたのイボを除去すると跡は残る?除去するメリットとデメリットって?

まぶたのイボを除去する治療にはメリットとデメリットがあるので、跡が残るか気になる場合はよく確認する必要があります。紫外線や皮膚の老化が原因で生じるイボは、そのまま放置しても健康に影響は及ぼしません。

しかし目立つ場所にできると見た目が気になりますし、服がこすれる場所だと痛みや炎症を起こす可能性もあります。

まぶたのイボを除去するメリットは、何よりも顔の目立つ場所にある異物を取り除いてスッキリさせることができます。目の周りにあると異物感が気になりストレスの元となる場合も考えられます。

まぶたのイボを除去するデメリットは、皮膚のデリケートなまぶたの治療を行った後は、洗顔やクレンジングにしばらく注意しなければいけません。紫外線や外気による刺激から皮膚を保護しながら生活するなど、しばらくは治療部分を気にかけておく必要があります。

治療法によるメリットやデメリットも存在します。顔にできるイボは特に跡が残るか気になる人も多いため、跡が残りにくく再発しにくいレーザー治療が選ばれます。

それでも治療後は目立たずとも傷がつきますので、肌のターンオーバーを促す外用薬を使い徐々に跡を薄くしていく時間として3ヶ月程度は必要となります。

イボ まぶた 除去

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。