顔のイボを除去する方法とは?市販薬や治療法、治し方を解説!

顔 イボ
顔のイボ、なんとかしたいものですね。小さいイボでも気になりますし、大きいイボならもっと気になってしまうかもしれません。

顔にできるイボには様々なものがあり、加齢が原因でできるものもありますし、悪性やウイルス性のものもあります。また、イボはほくろやニキビとの違いもあります。

この記事では、顔にできるイボの中でも、特に加齢によってできるイボを中心に解説し、化粧水や市販のクリームや薬、病院での治し方についても説明しています。

ちなみに、子供にできる顔のイボについてのことも書いています。

この情報があなたにとって役に立てば嬉しいです。

  
顔のイボに効くクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

顔のイボには悪性のものやウイルス性のものもある?そのイボの特徴とうつる可能性は?

イボ 顔 悪性

顔のイボには悪性の腫瘍やウイルス性をはじめ、様々な原因と特徴があり、場合によってはうつる可能性もあります。

ほとんどの場合、加齢や免疫力の低下、代謝の低下などが原因で、角質が異常を起こし老廃物などを溜めこんでしまっていることが原因です。

良性の腫瘍の場合、美観を損なう以外に健康に害はありません。うつるタイプの顔のイボは、主にウイルス性のものです。

もともとウイルスの感染によって生じているイボなので、周囲の皮膚に広がったり、顔のイボに触れたあとに身体の他の部位に触れると、ウイルスが転移する可能性もあるのが特徴です。

ウイルス性のイボの場合は、数が少ないうちにクリニックを受診し、ウイルスを撃退して根本から改善させる必要があります。ウイルスを取り除かない限り、再発やうつる可能性が残ります。

悪性の腫瘍の特徴は、色素沈着とは異なる黒色だったり、形が円形ではない、また短い期間で急に大きくなるケースが多く見られます。触った時に痛みや不快感などを感じる場合も、悪性の腫瘍の可能性があります。

もちろん似たような症状が現れていても、健康に影響を及ぼさない良性の腫瘍の場合もありますが、不安ならクリニックで診療を受けてみることをおすすめします。
  

顔のイボとほくろとニキビの見分け方|イボとほくろとニキビの違いって?

イボ 顔 ほくろ

年齢が高くなると肌トラブルを感じることが多くなります。気になる肌トラブルの1つにポツポツとしたイボがあげられます。イボにもいくつかの種類がありますが、皮膚の老化で起こるイボは脂漏性角化症とも呼ばれています。

脂漏性角化症は体のどこにでもあらわれる症状ですが、特に顔や手足、首などの目につきやすいところにできるのが特徴です。

顔や首元にできやすいのは、紫外線が影響していると言われています。肌は紫外線を受けるとメラニン色素を生成しますが、その量が多くなることで肌が老化しやすくなるからです。

顔の肌トラブルにはイボのほかにもニキビがあります。イボもニキビも、どちらもポツポツとしていますが、ニキビができる原因には違いがあります。

ニキビは、アクネ菌と呼ばれる雑菌が繁殖することでおこる症状です。雑菌が繁殖すると肌が炎症し、赤く見えるのも大きな違いです。さらに痛みを伴うことがあるのも、ニキビならではの特徴です。

脂漏性角化症とほくろの違いは、いくつかあります。最も簡単な見分け方は、凹凸の有無です。ほくろはには凹凸はほとんどないので、見分け方は触るだけで分かります。

もう1つ、ほくろとの見分け方として、脂漏性角化症は数センチほどにまで大きくなるので、経過を観察するのもおすすめです。
  

顔にイボが出来る原因|顔の目元やこめかみ、小鼻のイボの改善方法って?

イボ 顔 原因

目元やこめかみなど、顔にできやすいイボの原因を知ることで改善方法がわかります。イボは体のあらゆる部分に発生する可能性があり、種類も様々で、それぞれできる原因も異なります。

老人性疣贅または脂漏性角化症と呼ばれる種類のイボは、角質の老化や紫外線の影響などが原因で発生します。主に皮膚の老化に伴い現れるため、高齢者に多く発生しますが、若い人にもできる場合があります。

首より上の部分にできやすいのが特徴で、特に顔の目元やこめかみに集中することも少なくありません。老人性疣贅は健康に影響を与えない良性の腫瘍ですが、目元やこめかみなど、顔にできるイボは目立ってしまいます。

改善方法としては、レーザー治療や凍結療法、薬用治療などがあります。レーザー治療の場合、患部に麻酔を使用して、ガスレーザーで除去します。

除去した跡が残りにくいメリットがあり、審美性の高い改善方法と言えます。注意点としては、健康保険などの適用外となる自由診療なので、他の治療方法と比べると費用がかかる可能性があります。

また、イボは大きくなっていくことがあるので、まだ目立たない小さな状態の場合、生活習慣の見直しや紫外線ケアを十分に行うことが予防となります。
  
顔のイボに効くクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

顔にイボが出来る理由には老化や加齢も関係してる?老人性のイボとは?

イボ 顔 加齢

顔にできるイボは、加齢も関係しており、特に老人性のイボは大量の紫外線や皮膚の老化によってできやすいです。顔や首、腕にもできます。

老人性イボの正式名称は、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)で、脂漏性角化症とも呼ばれます。でき始めた頃は1〜2mm程度でほとんど気になりませんが、放っておくと徐々に大きくなってしまいます。形はどれも同じではありませんし、色も肌の色より濃いこともあれば黒っぽいこともあります。加齢による皮膚の老化が主な原因です。

加齢や老化と関係する理由は、年をとると肌のターンオーバー正常ではなくなるからです。若い頃は紫外線を浴びてもターンオーバーが活発なのですぐに悪い部分は排除されますが、加齢により新陳代謝のスピードが遅くなると、できやすくなります。

肌の老化現象が関係しているので、ほとんどのものは良性なので他の部位に感染してしまう心配はありません。見た目が悪くて気になるという場合は、皮膚科に行くかイボ取り用の顔につけられるクリームなどを使ってみるといいでしょう。

活性酸素が増えるとエイジングのスピードが速くなり、それに伴い皮膚の老化が進んでしまうので活性酸素の原因となる日焼け対策も大切です。
  

子供や新生児の顔のイボを除去するメリットとデメリットって?跡は残る?

イボ 顔 子供

子供や新生児の顔にできたイボを除去する場合、メリットとデメリットがあります。子供や新生児の顔にイボがある場合、原因は様々ですが治療法は大人と一緒です。

皮膚科などへ行き、レーザーや液体窒素で取り除いたり、小さいものはハサミやピンセットなどで物理的に除去することが可能です。レーザー治療は跡が残りにくく、再発しにくいのが特徴です。

顔にイボがあると見た目に影響があるため、保育園や小学校などで指摘され、本人が気にしてしまうことがありますので、早めに綺麗に治療してあげることで、コンプレックスを取り除いてあげられるというメリットがあります。

デメリットとしては、子供や新生児は病院を怖がるため、治療そのものがストレスになってしまう場合です。切除した跡が気になって触ってしまうと、知らず知らずのうちに傷つけてしまうので、完全に治るまではきちんと見守っていてあげる必要もあります。

イボが小さい場合は、食生活や生活習慣を整えることで、皮膚の新陳代謝と共に自然と治る可能性がありますが、イボが大きくなってきたり、数が増えるようなら皮膚科に相談を行いましょう。

メリットとデメリットをよく理解してから、除去するか除去しないかを決めることをおすすめします。
  

顔のブツブツしたイボの自力で治す|自分でできる治し方とは?

イボ 顔 治し方

顔に出来るブツブツしたイボを自力で治す治し方は、イボができる原因を把握し、生活習慣で改善できるようにするのが一番健康的ですし、根本的な改善を見込めます。

まず、イボが出来るのは、免疫力が下がった時です。したがって、身体をゆっくりと休めることを日々の生活の中でとりいれるようにします。

食事の習慣なども整えるようにします。栄養のバランスのとれた食事がとれるように、自分で努力をすることも大切です。健康的な生活を送るようにします。

さらに、顔のブツブツしたイボの場合は、皮膚を清潔に保つことを自分できちんとするようにします。毎日の洗顔を怠らないようにすることが大切です。

その際には、自分の肌に合ったクレンジング剤で、肌に刺激を与えすぎないような洗い方で洗うようにします。皮膚に潤いを残せるようなクレンジングの仕方をマスターします。その後の化粧水や乳液、保湿クリーム等での手入れも、きちんと自力で行います。

顔に出来るブツブツとしたイボは、紫外線の影響が大きいとされています。したがって、紫外線を防ぐ効果のある日焼け止めクリームを塗ることや、帽子や日傘で紫外線を防ぐ努力をします。

自力で治す治し方は、難しいことではありません。治し方のポイントをよく頭に入れておき、実践するようにします。
  
顔のイボに効くクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

顔のイボに効く市販薬|顔のイボにおすすめの飲み薬や塗り薬とは?

イボ 顔 市販薬

イボは放置しておくといつの間にか大きくなったり数が増えたりしてしまいます。また悪いことに紫外線をあびる場所にできやすく、顔や首にできやすいのも特徴です。顔にできたらどうにかして治したいですよね。

こんなイボを市販薬の飲み薬や塗り薬で改善できたらと思っている人も多いでしょう。そんな方のために市販薬でイボに効果のあるものを紹介します。

イボの治療には漢方の成分である生薬、ヨクイニンが効果的だと言われています。即効性はありませんが市販薬の飲み薬でもたくさん出ているので探してみると良いでしょう。

サプリメントコーナーにもありますが医薬品の方が審査も厳しく成分量も違ったりするので医薬品のヨクイニンをお勧めします。

また塗り薬も有名商品のイボコロリという商品もありますが。顔や首などの皮膚の薄い場所には使えません。塗り薬ではありませんが保湿効果の高い化粧品で予防し、紫外線や摩擦なども気をつけていくということも有効です。

また、お肌のターンオーバーが上手くいっていないのも原因だったりします。規則正しい生活をしていくことも重要だと言えます。自分の生活習慣も見直しつつ、プラスして飲み薬を飲んだり、化粧品を変えてみてはいかがでしょうか。
  

顔のイボに効く化粧品や化粧水とそれを使ったスキンケア方法って?

イボ 顔 化粧水

顔にできるイボに効果のある化粧水や化粧品を使ったスキンケア方法を紹介します。

女性ホルモンの減少など、老化が引き起こす現象のひとつにイボの発生があります。お顔にできる邪魔者を手軽に化粧品でケアできたらいいですよね。

老化性のイボに紫外線と乾燥は大敵です。特に、乾燥はお肌の受ける紫外線や摩擦のダメージを倍増させてしまうので、きちんと対策する必要があります。

外出時は日焼け止めクリームや、日焼け止め効果のある化粧下地を使ってしっかりUVケアしてあげましょう。

帰宅後のスキンケア方法は、化粧水をたっぷり使って、コットンパックで肌の奥深くまで水分を浸透させたら、美容液、ナイトクリームなどをしっかり塗って乾燥を防ぎます。

顔のイボに効果があると言われている化粧品にハトムギ化粧水があります。ドラッグストアでもお手頃価格で購入できるお馴染みのハトムギ化粧水ですが、ハトムギに含まれる慧苡仁(ヨクイニン)という成分がイボに効果があり、この慧苡仁は漢方薬として飲む方法も効果的です。

ハトムギは麦なので、アレルギーのある人は注意が必要ですが、お肌に合うなら、美肌効果バツグンなので日頃のスキンケアにぜひ取り入れたいアイテムです。
  

顔の大きいイボや小さいイボはクリームで治療できる?顔のイボの治療方法とは?

イボ 顔 大きい

顔にできたイボが小さい場合はクリームで治療できる可能性がありますが、大きい場合は皮膚科での治療をおすすめします。

市販のクリームに多い治療薬は、皮膚の角質を柔らかくするサリチル酸を含んだものです。顔のイボの原因として多いのが、皮膚の老化による角質の異変なので、角質を柔らかくすることで徐々に症状を改善させることができます。

しかし、市販の治療薬は安全に使用できるよう、強力な成分は配合されていないため、体質によっては効き目が薄いものもあります。顔のイボが小さい時は、まず購入しやすいクリームを試してみても問題ありません。

小さいイボなら自力で対処できることもありますが、大きいサイズは効果が得られなかったり、時間がかかるケースが多く見られます。顔に大きいイボがあると目立つため、早めに除去した時は皮膚科での治療が向いています。

液体窒素を使った方法は、保険が適用されるので1回数百円と安い費用で受けられます。綺麗に除去したい時は、自費診療となりますがレーザーを使った対処法がおすすめです。

レーザーの熱で焼き切る方法で、出血が少ないのが特徴です。塗る麻酔などを使用してから行うので痛みが少なく、再発も起こりにくいメリットもあります。
  
顔のイボに効くクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

顔のイボがかゆい時や赤い場合の対処法|皮膚科に行く必要はある?

イボ 顔 かゆい

顔のイボがかゆい時や赤い場合の対処法としては、皮膚科に行って診断を受けることがおすすめです。

一般的に老人性イボと呼ばれる症状は、年齢を重ねたことによる皮膚の老化が原因で、色は茶褐色から黒色をしています。

紫外線の影響が非常に大きいため、日焼けしやすい顔や首などにできやすいのが特徴ですが、全身どこにでも現れる可能性があります。また、放っておくと徐々に大きくなったり、数が増えることもありますが、通常はかゆみや痛みは無く健康に影響は及ぼしません。

かゆい症状やイボが赤いなどの症状が現れている時、その原因は皮膚の老化ではなくウイルスや腫瘍などが考えられます。そのため、皮膚科を受診して症状の原因を検査し、適切な対処を行うことが大切です。

老人性イボの場合でも、怪我や擦れ、紫外線ダメージで皮膚が薄くなってしまうと炎症を起こして赤い状態になったり、かゆい感覚が現れることがあります。

擦れやすい部位にできた時は、傷を付けないように注意しましょう。特別な対処法の必要が無い原因の場合でも、顔にできているイボは目立つため、皮膚科で除去してもらうことも可能です。

患部を液体窒素で壊死させる凍結療法は、保険が適用できることもあり、安価で治療を受けられます。
  

顔のイボを病院で治療する方法|手術や薬の費用は?保険は適用される?

イボ 顔 病院

顔のイボを病院で治療する場合、治療法によって費用が異なり、手術の方法によっては保険が適用可能です。

顔にできるイボの多くは、長年紫外線を浴びたことや加齢による皮膚の老化が原因で、放っておいても問題ない良性の腫瘍です。しかし数が多かったり、目立つ場合は病院で取り除くことができます。

病院で顔のイボを除去する方法として、レーザーや凍結療法、物理的な切除や薬での治療があります。

サイズが大きいものや位置によっては手術で切除する必要も出てきますが、サイズがごく小さい場合は手術など必要なく、清潔なハサミなどで切除することも可能で、保険も適応されるため治療費の相場は1000円程度となっています。

液体窒素を使ってイボを壊死させて取り除く凍結療法も、保険が適用されるため費用相場は1回あたり2000円ほど。しかし、繰り返し治療する必要があります。

レーザー治療は、凍結療法と反対にレーザーの熱でイボを削り取る方法です。出血や痛みが少ないのが特徴で、麻酔クリームなどを使って感覚を麻痺させて行うため、痛みはほとんど感じませんが、保険が適用されず自由診療となるため、費用相場は5000~10000円ほどとなっています。

しかし、治療痕が残りにくく、再発しにくいというメリットがあり、綺麗に治療できることから人気が高い治療法です。

  
顔のイボに効くクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

 

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。