鼻のイボを除去するには?鼻のポツポツしたイボに効く薬と治療法

鼻 イボ
鼻のイボは目立つので、気になってしまいますよね。

鼻のイボの種類にはウイルス性のものや老人性のものなどがあります。

今回は、鼻のイボの原因や取り方、鼻のイボに効く市販薬や効果的なクリーム、病院でのレーザー治療などについて説明しています。

赤ちゃんの鼻のイボについても解説していますので、参考にしてみてくださいね。

  
鼻イボに効果のあるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

鼻に出来るイボの種類|白いイボや赤いイボなどの違いと対処法とは?

イボ 鼻 種類

イボには色々な種類があるのですが、鼻にできるものだけを考えても白いものや赤いものなどがあります。

鼻の部分に白いぽつぽつができるとニキビと間違えてしまうこともありますが、丸みを帯びていなければニキビの可能性は低くなります。同じように白いぽつぽつに見えますが、よく観察するとその色にも多少の違いがあってイボの方は肌色に近くなっています。

原因としてはウイルスが多いのですが、免疫を落とさないようにしながら肌を清潔に保てばリスクを下げることができます。

赤いものの場合、ニキビが炎症を起こして赤っぽくなったのか、それとも赤いイボができているのかを見分けなければなりません。違いとしては、ニキビなら炎症を起こすほどになれば痛みを伴いますし、ふくらみのある部分だけでなく、その周辺にも影響が及びます。

それに対し、イボなら隆起している部分だけが赤い色になりますので、違いとしてはこの辺りを見ていくと良いようです。

赤い場合、血管の奇形によって引き起こされている症状ではありますが、良性の腫瘍ですので悪さをするような種類のものではありません。鼻はニキビができやすいのでまずはニキビと見分けることが必要であり、更にイボの場合でも種類を知る必要があります。
  

ウイルス性の鼻のイボと悪性の鼻のイボと老人性イボの特徴と見分け方って?

イボ 鼻 ウイルス性

鼻にイボができてしまった場合、まずは悪性の病気との見分け方を知っておかなければなりません。

見分け方としては、悪性の場合には形がいびつで左右非対称であり、色ムラがあるなどの特徴がありますので、それらの特徴を満たすかどうかをチェックするようにします。

悪性の場合、触れると出血しやすいというのも大きな特徴です。また、急激に大きくなるような場合にも注意が必要です。
それらの特徴を満たさなければ、良性腫瘍であるイボと考えて差し支えありません。

その中でもウイルス性のものか老人性のものかを見分ける必要があります。ウイルス性の場合には、最初は数が少なくてもどんどん増える傾向にあります。

これは他人だけでなく自分自身にもうつってしまうためなのですが、一つ一つの大きさはずっと変わりません。それに対し、老人性のイボは最初はごく小さなものからできますが、どんどん大きくなっていきます。

これがウイルス性のイボとの大きな違いであり、名前の示す通りに年を取ると出来やすいタイプです。

鼻は皮脂分泌が活発ですので、ニキビとの見分け方も覚えておくと便利です。ニキビケアを行っても治らないものはイボの可能性が高くなりますので、鼻部分の肌代謝を高めることが重要です。
  
鼻イボに効果のあるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

鼻にイボが出来る原因|鼻の横や中に出来るイボの改善方法とは?

イボ 鼻 原因

鼻にイボができてしまって気になるという人は意外と多いです。鼻というのは、顔の中心にあり目立ってしまうだけでなく、イボがあることで老けた印象を与えてしまいます。

この部位に出来てしまう原因は、紫外線の影響を受けやすく、お肌の老化が進みやすいためです。また、洗顔などで擦る刺激を受けることも原因となります。

これらの原因で、お肌の上の本来なら剥がれ落ちなければいけない角質がそのままになり、固まることでイボになります。

この鼻のイボを改善するためには、日頃のお手入れが欠かせません。中にできてしまうと、粘膜なので擦らないようにしなければいけません。横に出来ている場合は、お肌の上なので、積極的に改善することができます。

横であっても、力を入れて擦ってはいけません。保湿クリームなどでお肌をやわらかくしていくことで、改善することができます。中の場合は、鼻をかむ際に気を付けて、勢いを付けないようにしましょう。

鼻をかむときには、意外と横の部分まで押さえることが多く、刺激を与えることになります。お肌を擦るというのは、自分が思っている以上の刺激を与えています。イボの悪化はもちろん、シミなどの肌トラブルにもつながるので気を付けましょう。
  

生まれつき鼻のイボがある赤ちゃんや新生児の原因と対処法とは?

イボ 鼻 赤ちゃん

新生児の赤ちゃんの鼻に生まれつきイボがある場合の対処法として、良性腫瘍なので特に問題はないので、そのまま放置しておいても問題はありません。ただし、生まれつきのイボではなく、ウイルス性の場合は感染するため、皮膚科の病院で治療を受けることが望ましいです。

赤ちゃんの生まれつきのイボの主な原因は遺伝であり、ウイルス感染が原因ではありません。遺伝ですので詳しい原因はわかりませんが、がんのような悪性腫瘍ではないので、命に関わるようなものではありません。

新生児の赤ちゃんの鼻にあるイボは、大きさによっては顔の見栄えが悪くなる場合があり、特に新生児の女の赤ちゃんだと親御さんは心配されます。赤ちゃんの生まれつきの鼻のイボが気になる場合の対処法は、皮膚科や形成外科の病院で切除手術を受けることが必要になります。

対処法としての切除手術は、保険適用になりますので、健康保険を使った安い費用で手術が受けられます。形成手術は全身麻酔をしてから行なわれますので、手術中に痛みを感じることはありません。

メスを使用して皮膚を切開するため傷跡が残りますが、半年程度経過すると傷跡はだんだん薄くなり、成長するとほとんど目立たなくなります。
  

鼻のイボをレーザーで切除すると跡は残る?イボの切除のメリットとデメリットとは?

イボ 鼻 レーザー

鼻にできたイボをレーザー治療で切除する場合の、メリットやデメリットや傷跡についてご説明します。

鼻にできるイボで、紫外線や摩擦によるダメージと肌の老化によるものは老人性イボと呼ばれています。日頃から、日焼け止めの工夫や、摩擦によるダメージを防ぐためお肌が乾燥しないようにしっかり保湿したり、肌の代謝を促すような食習慣の見直しや運動など、予防や改善対策もあります。

顔の真ん中、鼻にできてしまたら早く取りたくなりますよね。そんな時は、無理やり自分で取ろうとすると、傷跡が残ってしまうので、しっかりメリットとデメリットを把握して、クリニックでの切除をおすすめします。

クリニックでは、炭酸ガスレーザーを使って治療します。
この炭酸ガスレーザーは、イボ内の水分を一気に蒸発させてイボを切除するので、ほとんどの場合は1回の照射で完了します。麻酔を使用するのでほぼ痛みもなく、出血も少なく済ませられます。

傷跡の治りも早く、きれいに完治させる事のメリットの多い治療法ですね。デメリットとしては、保険適用外のため高額の治療費を全額自己負担しなければいけない点があります。

約10,000円から50,000円とも言われますが、クリニックや照射範囲の大きさによっても変わるので、自分に合ったクリニックをみつけましょう。
  
鼻イボに効果のあるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

鼻のイボは病院の皮膚科で治療できる?その場合の治療費と保険適用の有無とは?

イボ 鼻 病院

鼻にできたイボを取るには病院で皮膚科か美容外科で診察を受けます。症状にもよりますが、ウィルスや悪性腫瘍が原因かもしれないことを考えると皮膚科が良いです。病院によって違いはありますが、皮膚科でも美容外科でもだいたい治療法や処置は同じものになります。

治療費は保険が利く治療と効かない治療があり、費用に差があります。どのように治療するかによって治療費は変わります。マイナス200度の液体窒素を鼻のイボに綿棒などで塗りつける液体窒素での治療でしたら、保険が適用されます。

保険が適用されるので治療費は2000円前後です。麻酔を使わないので治療費の負担が少ないです。

一方、美容外科でもよく使われる炭酸ガスレーザーを使った治療ですと、保険が適用されないので高額になってしまいます。鼻にできたイボの面積や個数によるのですが、10000円以上掛かる場合もあります。

液体窒素の方が費用は掛からないのですが、施術している病院が少ないことや痛みを伴うことがあります。炭酸ガスレーザーは高額ですが、ピンポイントでイボの治療ができるのでお肌への負担が少なくて済みます。

病院での治療の相談をする時に説明を良く聞き、治療費と治療法を理解しておかないと高額な請求をされることもあるので注意が必要です。
  

鼻のイボを自力で取る場合の取り方のコツ|自分で取る場合の注意点は?

イボ 鼻 取り方

顔にあらわれる肌トラブルは非常に目立ちやすいため、気になるという人が多いようです。特に鼻は顔の中心パーツなので、視線を集めやすくなります。そのうえ皮脂の分泌が多かったり、角質が厚いため、肌トラブルが起きやすいという注意点があります。

鼻にできる厄介な肌トラブルに、ぽつぽつとしたイボがあります。自分で鼻を触った時に、デコボコとした感触があった時にはイボになる可能性もあるので、早めに自力でケアしましょう。

イボを自力でケアする時の注意点は、肌への負担を減らすということです。無理な取り方をすると肌にダメージを与えてしまい、反対にトラブルが目立つことにもなりかねません。

イボにはいくつかの種類がありますが、自分でケアできるのは老人性タイプのものです。これは紫外線の影響や、古い角質が固まることで起こるトラブルです。

老人性タイプのイボを自分でケアする時は、保湿ケアに力を入れるのが注意点です。洗顔や入浴後に、保湿効果の高い化粧水やクリームを優しく塗るようにしてみましょう。

さらに正しい取り方として、ピーリングを行うのも効果的です。自力でピーリングで正しい取り方をするポイントは、頻繁におこなわないことです。肌は28日周期で生まれ変わると言われているので、それを手助けするように、1か月に1度のケアに抑えましょう。
  
鼻イボに効果のあるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

鼻のイボに効く薬や市販薬は薬局やドラッグストアで売ってる?

イボ 鼻 薬

鼻に出来たイボを治す薬は薬局やドラッグストアで市販薬として売っています。病院で治療をしてもらうのも良いのですが、仕事や家事で行く時間がない人もいます。そのような場合は放っておかずに薬局やドラッグストアで市販薬を買うようにしましょう。

鼻のイボに効く薬というのも実に様々な種類があります。一番有名なのはイボコロリですが、これを使用するときには注意する点があります。老化現象によって出来たものに関しては使用しないでください。

皮膚を腐らせて患部を取り除くものとなっているので老人性イボにとってはよくありません。こういう場合はイボコロリ内服薬を使いましょう。こちらは皮膚を腐らせることがないので大丈夫です。

また、最近流行りの漢方にも効くものがあります。紫雲膏というもので抗菌作用や抗炎症作用、保湿効果があるのでこのような症状にぴったりです。薬のように強力な効果はありませんが、穏やかに効いてきます。

そして、杏仁豆腐に使われている杏仁由来の杏仁オイルも効き目があります。肌の代謝を上げる効果があり、保湿効果があります。
このように、鼻に出来た時に使える市販薬は薬局やドラッグストアで購入することが出来ます。
  

鼻のイボに効く薬は通販のamazonや楽天で買える?

イボ 鼻 効く

鼻に出来たイボに効く薬は通販のamazonや楽天では販売されており、自分の好みに応じ選んで購入する事が出来ます。

イボに効く成分としてヨクイニンが良く知られていますが、ヨクイニンとは生薬の一つでハトムギの種皮を取り除いた天然の成熟した種子です。ハトムギはとても栄養価が高くてタンパク質は玄米の2倍、その他にカルシウム、鉄、ビタミンB群などが豊富に含まれています。
ヨクイニンは古くから肌荒れやイボ取りに常用されており、肌を綺麗にしてくれる効果が期待出来ます。

通販のamazonや楽天で購入する事が出来る鼻のイボに効く薬は、クラシエヨクイニンタブレットや松浦の草薬錠剤ヨクイニン錠、山本漢方製薬ハトムギ粒100%、本草ヨクイニン錠S、新日本製薬ヨクイニン錠SH など数多くの種類が販売されています。

飲みやすい様に錠剤の薬が多く、鼻のイボの程度や体質などによって効果に差が出ます。
また効果を実感する事が出来るまで個人差があり、症状が治まってもしばらくは続けていくなど、焦らずゆっくり様子を見ながら継続して使用するのが良いです。

通販のamazonや楽天を利用すれば簡単に手に入れる事が出来ますのでおすすめです。
  

鼻のイボに効果的なクリームの価格とおすすめのクリームの商品名は?

イボ 鼻 効果

効果的に鼻のイボを改善することが可能なクリームはどれくらいの価格で購入することができるのか、おすすめの商品はどれなのか、疑問に感じている方も少なくないでしょう。

鼻にイボができてしまう原因はいくつかあるのですが、年齢を重ねていきますと、古い角質がイボになってしまうことが多いです。また、紫外線のダメージを受け続けることによってできてしまうこともあるので、お肌のターンオーバーを促進させるような効果が高いクリームを使用することをおすすめいたします。

角質粒のようなイボでしたら、アンズエキスやハトムギエキスが配合されているクリームがベストです。
艶つや習慣という商品には両方のエキスが配合されていますし、オールインワンジェルなので洗顔したあとに使用するだけでスキンケアを完了させることができる点も大きな魅力です。

角質粒に効果的な商品は大体2000~5000円ぐらいの価格なのですが、艶つや習慣は通常価格が4104円で公式サイトから購入しますと、もっと安い価格になりますからお得な商品と言えます。

鼻の角質粒にも効果がありますが、他の部位にできてしまったイボにも効果があるので、とてもおすすめのクリームです。
  
鼻イボに効果のあるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。