目元のぽつぽつイボの対策|目の下のポツポツの原因と治療法

目元 ぽつぽつ
目元のぽつぽつは人の目にも触れやすい場所ですので、対処出来たら良いですよね。

目元、まぶた、目の下などの目の周りのぽつぽつには、大きいものや小さいもの、白いもの、もしくは病気などがあります。

また、原因も加齢によるものや紫外線によるものなど様々です。

ここでは、目元などの目の周りのぽつぽつの原因、効く薬や漢方、皮膚科での治療法などを詳しく説明していきます。

まぶたのぽつぽつを除去するメリットやデメリット、目の下のぽつぽつに効く化粧品や効果のある薬なども解説していますので、参考にしてみてくださいね。

  
目元のぽつぽつ対策用クリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

目元にできる白い脂肪の塊のようなぽつぽつや、かゆいぽつぽつなどの種類やその違いとは?

ぽつぽつ 目元 白い

目元のイボのぽつぽつには、白い脂肪の塊のようなものから、かゆいものまでいろいろな種類があります。それぞれの種類によって原因や症状への対策が違います。

まず目元にできる白い脂肪の塊のようなぽつぽつは、皮膚の毛穴に脂肪や角質の塊がつまってしまうことでできる稗粒腫と呼ばれるもので、若い女性や子供に多くみられます。

この白いぽつぽつができる原因はいまだ明確に解明されているわけではないのですが、皮脂の分泌量の増加やホルモンバランスの乱れなど生活習慣が関わっていると考えられます。

次に目元にかゆいぽつぽつができた場合、考えられるのはものもらいです。
これはまぶたにあるマイボーム腺に脂がつまることや細菌が感染することで起こるもので、前者を霰粒腫、後者を麦粒腫というふうに呼び分けることができます。

どちらの種類でも共通して腫れやかゆい症状が引き起こされますが、麦粒腫は痛みを伴う場合もあります。

その他、目元の黒いイボは加齢や紫外線などで皮膚が老化することで起こる脂漏性角化症が考えられ、皮膚と同じ色のぽつぽつができる場合は加齢やホルモンバランスの崩れが原因の汗管腫などが考えられます。

このように目元のイボは様々な要因が考えられるため、気になる場合は、皮膚科で一度診てもらうのが大切です。
  

目元にぽつぽつとしたイボができる原因|自分でできる簡単な対処法とは?

ぽつぽつ 目元 原因

目元にぽつぽつとしたイボができる場合がありますが、これは老化が原因であることが多く、自分で簡単に対処することも可能です。

ぽつぽつを除去する方法には、様々な方法がありますが、ここ数年で大きな注目を集めているのがアプリコットオイルとも呼ばれている杏仁オイルです。

杏仁オイルは、杏子の種から抽出されたオイルで、オレイン酸やリノール酸など肌に良い脂肪酸が豊富に含まれています。

更年期が近付くと、血行が悪くなる人が増えます。血行が悪くなると、老廃物が体内にたまりやすくなります。
すると、肌の新陳代謝が弱くなり、細胞が異常に増殖し、イボができやすくなるのです。

目元はとてもデリケートな部分です。デリケートな部分でも簡単に対処できる方法といえば、オイルを使った方法です。
杏仁オイルやオリーブオイルは、簡単に利用でき、自分で目元のぽつぽつを除去することが可能です。

さらに肌を美しくする効果も期待できます。
肌トラブルは、原因が判明すれば、自分でも対処することが可能です。

女性は、加齢により肌が乾燥しやすくなります。乾燥で肌のバリア機能が低下すると、様々な肌トラブルの原因となるので注意が必要です。
オイルを使ったケアは、焦らずにじっくり進めるのが大事です。
  
目元のぽつぽつ対策用クリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

目元のぽつぽつのイボに効く薬に市販薬はある?薬局やドラッグストアでも買える?

ぽつぽつ 目元 薬

目元にできてしまったぽつぽつを改善することができる薬には、市販薬も存在していますし、薬局やドラッグストアで入手することも可能ですので、安心していただきたいところです。

目元ですと、皮膚がとても薄く、ちょっとした刺激を受けただけでもダメージを受けてしまって、老化現象がさらに進んでしまう可能性も否定できません。

なので、加齢や紫外線などのダメージによってできてしまった目元のぽつぽつを改善するには、専用の市販薬を使うのが重要になってきます。

薬局やドラッグストアで入手することができる商品でおすすめなのは、薬用ツブ・ナイトKとイボコロリ内服錠です。薬用ツブ・ナイトKは、目元や首元にできてしまったぽつぽつを取り除く効果が期待できる商品で、あまりお肌が強くない人にも使いやすいです。

ただ、薬用ツブ・ナイトKは塗るタイプの市販薬ですから、外側からしかぽつぽつにアプローチすることができません。人によっては、さほど効果を感じない場合もあるので、そのようなときはイボコロリ内服錠を飲み始めてみるのをおすすめいたします。

イボコロリ内服錠も薬局やドラッグストアで販売されていますし、飲むタイプの市販薬なので、塗るタイプの商品よりも即効性が高いです。
  

目元のぽつぽつのイボに効果のある漢方|その効き目と成分とは?

ぽつぽつ 目元 漢方

目元に白いぽつぽつがあると悩んでいる女性も多く、1~2ミリ程度の小さなイボが、額や頬に出来てしまう場合もあります。

メイクではカバーできないため、何とか取りたいと爪でつまんで傷付けてしまう方もいるようですが、醜い跡のこりになっては大変なので、絶対にやめておきましょう。

この目元にできるぽつぽつは、白ニキビや老人性イボとは性質が違い、皮膚の浅い部分にできる角質の塊で、脂肪の塊とも言われており、良質の腫瘍なので放っておいても全く問題ないのですが、増える場合もあるので、ぜひケアに取り組んでみましょう。

デリケートな目元なので塗り薬ではなく、飲み薬が最適です。ぽつぽつに効き目のある代表的な漢方成分はヨクイニンで、日本古来からハトムギとして親しまれています。

漢方薬の色々なメーカーから出ていますが、タンパク質やビタミン、カルシウム、カリウム、鉄などの高い栄養成分を含み、効き目は穏やかですが、しっかりとイボ除去に効果を出してくれます。

その他にもドクダミ成分も効果があり、どちらの漢方薬にも錠剤、顆粒があるので、飲みやすい方を選ぶと良いでしょう。顆粒タイプのほうが吸収は早いので効き目が高いといわれていて、3か月ほどで効果が感じられる方も多いようです。
  

目の周りのぽつぽつのイボは加齢や老化と関係がある?老人性のイボとは?

ぽつぽつ 目の周り 加齢

老人性イボとは言っても、高齢者のご老人だけでなく、肌の老化が進んでくる30代くらいから発生する事もよくあります。目の周りに限らず、首元やデコルテにできやすく、ぽつぽつと体中どこにでも発生します。

ぽつぽつとした老人性イボに大きく関係しているのが紫外線です。目元(お顔)や、首、デコルテなどの露出しているパーツに発生しやすくなります。紫外線を受けて肌にメラニン色素がどんどん分泌されて溜まっていきます(シミの原因でもあります)。

加齢と共に肌の代謝機能が低下しているので、このスピードに新陳代謝が追い付けずに、老廃物が古い角質の塊となって、ぽつぽつと肌表面に現れます。

衣類やアクセサリーなどで擦れたり、無意識でに触れる事の多い場所など、摩擦による刺激も関係しています。特に、肌が乾燥していると、摩擦による刺激で受けるダメージが何倍にも大きくなってしまうので、乾燥にも注意が必要です。目の周りは特に乾燥しやすいので要注意です。

加齢は避けられませんが、肌の老化は自分で少しでも食い止めてあげる事ができます。日頃から日焼け止めや保湿をしっかり行って、新陳代謝が滞りなく行われるように、食生活や運動にも少し気を使ってみましょう。
  
目元のぽつぽつ対策用クリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

目の周りにイボのぽつぽつができるのは病気や悪性の可能性もある?その特徴と見分け方とは?

ぽつぽつ 目の周り 病気

目の周りのぽつぽつとしたイボが、悪性の病気かどうかの見分け方として、形や表面の状態に特徴が現れます。一般的に目の周りのぽつぽつは、皮膚の老化や角質が硬くなったことが原因で、中に古い角質や皮脂が詰まっている状態です。

白っぽい小さなぽつぽつが特徴で、見た目に気になる以外は健康に影響を与えないため、放置しても構いません。紫外線によってダメージを受けた肌にも現れる場合があり、その場合は若い人でも発生することが見られます。

目の周りに黒いぽつぽつができた時は、シミがイボになったパターンや、ホクロの場合があります。色は褐色から黒色と個人差があって、触っても痛みなどを感じないのが特徴です。

悪性の病気は、ホクロや良性のイボと見分け方は難しいものもあります。イボやホクロなど、放っておいても問題がない良性の腫瘍は、長い間大きさが変わらないものが多いですが、悪性の病気だと急激に大きくなったり数が増えるものも少なくないです。

また、形がいびつで表面にデコボコがあるもの、触ると違和感や痛みを感じるものは悪性の可能性があります。確実な見分け方としては、眼科や皮膚科を受診し、検査を行って良性か悪性かを確かめてもらうことです。
  

目の周りに出来たぽつぽつのイボは病院の皮膚科で治療できる?治療の費用の相場は?

ぽつぽつ 目の周り 皮膚科

目の周りにぽつぽつとしたイボのような膨らみが出来ている女性は多く、若い女性に良く見られますが、加齢とともに肌の老化により出来始めたという方もいらっしゃいます。

これは脂肪や皮膚の線維が毛穴に詰まっている状態なので、皮膚科へ行けば中身を取りだしてくれます。

目の周りといっても、どの部分に出来ているのか、どれくらいの範囲に出来ているのか、ぽつぽつの大きさや固さなど、皮膚科では患者さんの状態をしっかりと診て、どの治療法を選択するのかを決めていくので、一概に費用は決まっていません。

ニキビのように器具を使って詰まりを絞り出すだけで済む場合もあれば、液体窒素で取り除いていく方法もあり、この治療法は保険適用になる場合が多く、一回の処置で千円から二千円が相場のようです。

保険外治療ではレーザー照射がありますが、こちらはぽつぽつの個数や範囲で大きく変わるので、費用相場は五千円から三万円と幅が広くなるようです。

皮膚科によっては保険適用となるところもあるので、費用を詳しく知りたいときにはまず問い合わせてみましょう。目の周りというとてもデリケートな場所にあるので、外科的な治療を受けた後は、かさぶたになる場合も多く、色素沈着が目立つことも理解しておきましょう。
  

まぶたのぽつぽつのイボを除去すると跡は残る?メリットとデメリットとは?

ぽつぽつ まぶた 除去

まぶたにぽつぽつと出来たイボを除去するメリットとして不快感がなくなることが挙げられるものの、跡が残ってしまう可能性があるというデメリットもあります。

老化などが原因でできるぽつぽつは無理に除去する必要がないと言っても、ぽつぽつとまぶたに出来てしまうと見た目が悪くなってしまうだけでなく、場所によっては瞬きの邪魔になるため、できれば取ってしまいたいと考える方は多いでしょう。

除去することで快適になるメリットはありますが、跡が残る場合があるというデメリットも忘れてはいけません。

とはいえ治療せずぽつぽつとしたイボをそのままにするか、取ってしまって跡が残るかのどちらがよりメリットが大きいかは人によって違うため、それぞれを比較した上で決めるといいでしょう。また必ずしも跡になるわけではなく、きちんとした治療であればきれいに治る場合も多いので、それほど気にしなくても大丈夫です。

その他にまぶたのぽつぽつを治療するデメリットとして、自宅で取るなら瞳を傷つけてしまうケースがあるため、十分注意しなければなりません。皮膚科などで取ってもらう場合でも、治療法によっては皮膚を一旦壊死させることになるので、数日の間腫れてしまう場合があります。
  
目元のぽつぽつ対策用クリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

まぶたにできた小さいぽつぽつや大きいイボに塗り薬やクリームを塗ると効果的?

ぽつぽつ まぶた 大きい

顔の中でも、目は、人から注目されやすい部分で、自分でも鏡を見たときによく見ることが多い部分です。

まぶたにイボができるととても気になる、という人が多く、引っ張ったり、切ったりしようとする人がいますが、傷になったり、色が濃くなったりするので、大きいぽつぽつでも、小さいぽつぽつでも触らないようにしましょう。

まぶたのイボは、加齢や紫外線の影響などによって、肌の生まれ変わりが遅くなり、角質の部分が小さい粒のようになり、次第に大きい粒になっていきます。

まぶたのぽつぽつができる場所によっては、まばたきの時に気になったりする場合もあるので、保湿クリームなどで乾燥を防ぐと良いでしょう。

小さいイボでも大きいイボでも、大きさにかかわらず、イボ専用の市販の塗り薬やクリームを塗ると、角質が柔らかくなり、肌の生まれ変わりによってイボの部分が取れる場合があります。

イボ専用の塗り薬やクリームを塗る場合には、肌の他の部分に塗ってしまうと、肌を傷める可能性があるので、綿棒などを使って、イボの部分にだけ塗るのがポイントです。

毎日続けて塗ることで、イボが柔らかくふやけたような状態になります。痛みがあったり、増えたりするときには、塗り薬をやめて、皮膚科に行きましょう。
  

目の下のぽつぽつのイボに効く化粧品や化粧水、美容液は?

ぽつぽつ 目の下 効く

目の下にイボがぽつぽつできるのは目立つし気になるものです。目の下にできるぽつぽつのイボは脂漏性角化症と呼ばれるもので、加齢によってできるイボなのです。

加齢によってできるものと言っても実は20代でもできる場合があり、目の下だけではなく首周辺や胸元などにもできる場合もあります。原因は加齢以外にも衣類などの摩擦や紫外線によるダメージなども影響しています。

目の下のぽつぽつとしたイボは他の人にうつったり悪性腫瘍などではないため放置しても問題はないのですが、取り除きたいと考えることも少なくありません。皮膚科に行くと除去してくれますが、美容液や化粧水などの化粧品が効く場合もあります。

目の下のイボに効く美容液や化粧水などの化粧品では、塗ることでぽつぽつがとれるあんずとハトムギエキスが配合されたオールインワンジェルの「艶つや習慣」がおすすめです。

オールインワンジェルなので1つで効くため簡単にセルフケアができます。皮膚科医がすすめる化粧品はホホバオイルや植物スクワラン、イボに効果的なエキスなどが配合されているため、イボ以外にも滑らかな肌へ導くことができるオイルの化粧品です。

気になるぽつぽつとしたイボは皮膚科で除去することもできますが、イボ専用の化粧水や美容液などの化粧品でも改善が期待できます。
  

目の下のポツポツしたイボのぽつぽつに効果のある薬の価格相場は?安い値段で買える薬もある?

ぽつぽつ 目の下 効果

目の下のポツポツしたイボのぽつぽつに効果のある薬の価格相場を知りたい、安い値段で買える薬が欲しいという方は、ドラッグストアやインターネット通販でヨクイニンを探すようにしてください。

目の下やその周りに出来る白いポツポツや、肌色のぽつぽつはいつのまにか出来ているものですが、良性の場合がほとんどなので、基本的には放置していても特に問題はありません。

しかし女性の場合は鏡を見るたびに気になるでしょうから、目の下のポツポツしたイボのぽつぽつに効果のある薬を使って、治した方が良いでしょう。

たとえばクラシエ漢方のクラシエヨクイニンタブレット504錠なら、通常価格4000円程度で販売されていますが、ドラッグストアやインターネット通販で探せば、2000円台の値段で売られていることもあります。

松浦薬業のヨクイニン錠 300錠なら、通常価格2800円程度ですが、1500円ほどの値段で販売しているところもあるので探してみるようにしましょう。

ヨクイニンはハトムギの名で知っている人も多いですが、植物の種皮を除いた種子で、イボやポツポツ、肌荒れなどに効果があるとして、昔から利用されている薬です。目の下のぽつぽつが気になる方はヨクイニンで治しましょう。
  
目元のぽつぽつ対策用クリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。