指のイボは病院の皮膚科で治療できる?費用の相場と保険が適用の有無って?

指にできてしまったイボの治療法やその際の費用などについて、今回は「ウィルスや悪性腫瘍が原因でできるイボ」についてではなく、紫外線の影響や遺伝的要因、角質粒などによる皮膚の「老化現象によってできるイボ」を対象に解説していきます。

まず治療法について、病院の皮膚科での治療方法には大きく分けて4つの方法があります。
ハサミやピンセットで除去する治療、レーザーでの治療、液体窒素で除去する治療、内服薬で除去する方法です。

ハサミで除去する方法は保険が適用されます。治療費は三割負担で1000円ほどが相場となっています。

レーザーでの治療は保険が適用されません。
治療費の相場は病院とイボの大きさによって変わってきますが、だいたい1回5000~10,000円となっています。自由診療ですので病院によっての差が大きいため、しっかりと病院を選んでから治療を始めるのが良いでしょう。

液体窒素治療で治療する場合、保険が適用されます。治療費は1回で2000円程が相場となっています。しかし、液体窒素の場合は数回通う必要があります。

内服薬で治療する場合は、ヨクイニンが処方される場合が多く、病院からの処方ですと保険が適応されるため、薬代は1ヶ月分で1000~1500円ほどが相場となっています。
しかし、内服薬での治療には比較的長い時間がかかり、薬代以外にも診察料などがかかってきます。

イボ 指 病院

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。