手の甲のイボの種類|透明のイボや黒い点のあるイボなどがあるのはなぜ?症状の違いや対処法とは?

手の甲に出来るイボに透明なタイプや黒い点があるタイプなどいくつか種類が見られます。原因としては透明のイボの多くは皮膚がこすれるで出来る場合が多いです。治療をせずにそのまま放置をしていると角質化して、表面がガサガサに硬くなる症状が特徴です。

黒い点があるタイプは紫外線などによる皮膚が老化する事が原因で出来る事が多い種類になります。高齢者以外に日ごろのケアをしないと年齢が若い方でも発生するので注意が必要です。

手の甲に発生したイボは皮膚科で治療をする事が可能なので、透明や黒い点があるなど種類が異なる場合でも治療が出来ます。医師は症状に合わせて治療をしてくれますが、日ごろの自分での紫外線対策にも注意をする必要があります。

例えば日焼け止めを外出時に使用したり日焼けを防ぐ手袋を使用すると手の甲が保護されます。また皮膚が乾燥しないようにお風呂上りに保湿をする事が必要になります。気になる症状が見え始めたら、早めに皮膚科を受診すると治療がスムーズに行えます。

中にはウィルス性のタイプがあるので自己判断をせずに必ず専門医の診察を受けて治す事が大切です。治療期間や費用を最初の診察の時に相談をして治療を始めると安心出来ます。

イボ 手の甲 透明

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。