手のぽつぽつのイボが痛い場合や痒い場合の治し方は?それぞれに合った塗り薬もある?

手にぽつぽつと出来たイボが痒い場合は痛い場合におすすめなのが、塗り薬のイボコロリを使った治し方です。100年近く前の大正8年(1919年)から作られている塗り薬で、皮膚の角質を軟化させる作用を持つサリチル酸という有効成分を配合しています。

これにより、痛いイボや痒いイボに塗り続けることにより、ぽつぽつした部分が綺麗に剥がれていくという仕組みです。 

ちなみに、イボコロリは、手や足に出来たぽつぽつには使用できますが、首筋や顔、粘膜を含む部分に塗布するのは禁止されています。このために、あくまでも手や足に出来たイボに対しての治し方として適当な塗り薬ということで、オールマイティーにいかなる時でも使用できるというわけではありません。 

またアレルギー症状を持つ人や妊娠中の人、糖尿病を患っている人などがこの塗り薬を使用する場合は、
事前に医師に相談するのが適当です。

なおイボは皮膚科の領域であり、塗り薬以外にも内服薬や貼り薬など様々な治し方を用意しており、イボコロリが使えない状況にある人が痛い場合や痒い場合は、まずは診てもらうということが最適な行動となります。そのうえで、提示された治し方を実践するのが最も安全で確実です。

ぽつぽつ 手 痛い

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。