足やお尻のイボを治す方法は?足のイボと魚の目の違いとは?

足やお尻のイボを治す方法は、お薬を使っての方法や生活習慣の見直し、皮膚科での治療などいくつかがあります。また、足のイボと魚の目の違いでは特徴を見分けることで違いが分かり、対処法も変わってきます。

治す方法としては種類を知ることからはじまります。イボといわれるものはニキビの可能性と毛孔性角化症といわれる角質異常の可能性もあり、お尻にできる理由は長時間座ったりして摩擦などで圧迫を受けて皮脂がたまって発生します。

治す方法では、抗生物質入った塗り薬やビタミン剤などの使用で治ることもあり、ピーリング剤や漢方薬など症状の強弱によって医師と相談しながら活用しましょう。

予防には生活習慣で脂っこい食べ物をさけることや刺激のあるものを控える対策が必要です。

また、足のイボと魚の目の違いは、魚の目の場合は長期間の刺激によるもので角質が厚く大きくなっているのが特徴で、まさに魚の目のようになっています。

タコも同様の条件でできますが、お尻にできるイボは種類も多くあるなか、老化によってできる場合は1,2ミリの大きさで肌色や黒色まであり、隆起しているのが特徴です。

基本的には自然と治るものですが、がんにも発展する場合もあるので皮膚科などに見てもらい適切な処置をしてもらいましょう。

イボ 治す方法 足

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。