足のイボの原因と治療法は?足裏や太もものイボの治し方も解説!

足 イボ
足のイボができる原因ってどういったものがあるのでしょうか?

赤いイボや痛いイボ、ウイルス性のイボなど、症状によって原因は変わってきます。

この記事では、足のイボの原因、効く薬、足のイボを病院の皮膚科で治療する場合の治し方などを説明していきます。

また、子供の足のイボの対処法や、太もものイボを自力で治す効果的な方法、口コミで評判が良いイボ用クリームも詳しく紹介しています。

ここで書いた情報があなたの役に立てば嬉しいです。

  
足のイボ対策ができるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

足のイボの種類|赤いイボや黒いイボ、芯のあるイボの対処法って?

イボ 足 赤い

足にはイボやウオノメができやすいのですが、見た目は似ていますので自分で判断するのはなかなか難しいようです。イボは表面が盛り上がっていて触るとザラザラしていて痛みや痒みなどの症状はありません。

それに対し、ウオノメは角質層が厚く芯のようになっていて、その芯が皮膚に食い込んでいますので、歩くと痛みを感じます。

芯のある種類を発見したらウオノメである可能性が高いので、まずは角質層を柔らかくするケアが必要です。皮膚が柔らかくなったら芯を削り取ってしまえば治癒できます。

ウオノメ以外では、足にできるイボの大半はヒトパピローマウイルスへの感染が原因です。小さな傷口からウイルスが侵入することで起こりますが、元々は茶色か黒いものですので赤い色に見えたら傷ができて出血を起こしている可能性があります。

黒いのは皮膚中でメラニン色素が増えてしまうのが原因であり、足の場合は摩擦によって黒い状態になります。赤い場合には他の部位なら血管腫も疑われますが、足には見られない種類ですので傷が出来て出血をしていると考えるのが妥当です。

傷ができてしまうと、元々は痛みの無い種類であっても痛みを感じるようになりますので、赤い部分にヨクイニンなどを塗ってケアを行う必要があります。
  

足の裏や足首に出来やすいイボの原因と改善方法って?

イボ 足 原因

足の裏や足首にできるイボはさまざまな種類があります。足の裏や足首にできるイボのうち、加齢と共に増加する老人性疣贅は、老化現象のひとつで、発生した際には一ミリ程度から二ミリ程のものが多くあります。

次第に大きくなる特徴があります。加齢や摩擦、紫外線、遺伝などが原因で起こります。足の裏や足首にできる老人性疣贅を自宅で改善する方法は、お肌をやわらかくし、代謝をあげ、お肌のターンオーバーを促進するのがポイントです。

そのため、保湿をするのが大切です。病院で治療を受ける場合には、はさみで切除を行ったり、レーザーを使用する場合があります。老人性疣贅は、再発することがあるため、日々の保湿ケアがポイントです。

お肌を軟化させる作用があるヨクイニンが含まれているものを使用すると良いでしょう。毎日使い続けることでお肌のターンオーバーが正常に導かれるようになり、改善へ導くことができます。

また、イボに効果的なオイルも販売されていますので、使用してみるのも良いでしょう。イボには、ウイルスが原因で起きるものもあるため、どの種類のものかをきちんと把握するのがポイントです。原因を究明して、適した改善方法を行いましょう。
  
足のイボ対策ができるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

足のイボはウイルス性のものも多い?うつる事や増える事もある?注意点って?

イボ 足 ウイルス性

歩いたり、走ったりと日常的に足を使って生活をしている私たちは、足にけがをすることも多くあり、そんな傷口からうつるウイルス性のイボもあります。

ウイルス性のイボの特徴は傷口からうつるだけでなく増えるため、体内にウイルスが取り込まれてしまうと、ふとしたきっかけに再発することもあります。

そんなウイルス性のイボの注意点として何よりも気をつけたいのが、感染を防ぐことです。そのためには靴の試し履きや他人との使い回しを避けるのが必要です。特に、足に傷がある人の場合その傷口からウイルスがうつることもあるため注意が必要です。

また、すでにウイルス性のイボが出来てしまっている人も、数が増えることもあるため注意が必要となります。特に注意点として気をつけたいのが、患部をむやみに触らないことです。

触ったことが刺激となって数が増えることや、他の箇所にうつることもあるため、患部には触れないのが重要です。また、他人にうつしてしまわないよう配慮する必要もあります。そして、なるべく早いうちに病院等で適切な治療を受けるのが大切です。

これらの注意点さえ守ればたとえ足にイボができてしまっても増えたり、うつるといった心配も少なくなります。
  

足のイボが子供や幼児に出来た場合の対処法|安心して使える塗り薬はある?

イボ 足 子供

足のイボが子供や幼児に出来た場合の対処法としては、イボコロリ(横山製薬)の塗り薬なら比較的安心して使えます。痛みもそれほどないので安心です。

もしくは、イソジン軟膏(明治)も効果的です。
イボコロリは足の裏であれば、硬くなってしまった部分に塗るだけで使えるので簡単です。

貼り薬だと取れてしまう可能性が高いですが、これは塗り薬で、塗るとすぐに白くなって固まるので、子供や幼児にも適しているでしょう。ただし、患部からはみ出してしまうと正常な皮膚にもダメージを与えてしまうので注意しましょう。

イボコロリはサリチル酸という成分が角質化している部分に浸透して、そこをカサブタにして除去する塗り薬です。つけるとすぐに固まるので、子供や幼児が触って落としてしまうということもないです。その点はかなり安心できます。

イソジン軟膏の方はお風呂上がりに塗ってみるとポビドンヨードという成分が効果を発揮することがあります。ただし、こちらは角質というよりはウィルス性の足のイボへの効果です。

イソジン軟膏は殺菌・消毒作用によってウィルス性を退治するという方法で使っている人が多いので、角質に対しては違う塗り薬を使ったほうがいいです。
  

足のイボに効く薬には市販薬もある?薬局やドラッグストアにも売っている市販薬とは?

イボ 足 薬

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られブロックしますが、肌の新陳代謝で排出されるはずのメラニンが加齢によるターンオーバーの乱れにより蓄積されるとイボを形成します。

脂漏性角化症と言い、老化現象のひとつで高齢者に多く見られますが、紫外線を多く浴びた人の中には早くから現れることもあります。日中外出すると多かれ少なかれ紫外線を浴びることとなり完全にシャットアウトすることはできません。

そんなイボに効く薬局で買える有名な薬が「イボコロリ」です。足の裏や背中、手足に使え薬局やチェーンのドラッグストアで購入可能です。液体タイプは患部に直接塗って使いますが、絆創膏タイプなら足の魚の目やタコに効果的です。

イボコロリは顔や首などの皮膚が柔らかい場所には使用できないので注意が必要です。その他にも薬局やドラッグストアで購入できる市販薬には漢方薬のヨクイニンタブレットなどがあります。

飲み薬は肌のターンオーバーを正常化するのが目的です。イボに効く市販薬をドラッグストアで購入すれば、病院を受診しなくても治療が可能ですが、中には悪性腫瘍が原因でできるイボもありますので市販薬で効果がない、または悪化するなどの症状が現れたときは医師の診察を受けましょう。
  
足のイボ対策ができるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

足のイボが痛い場合や痒い場合は病院に行くべき?痛みや痒みの原因って?

イボ 足 痛い

足にポツポツとイボができてしまうと、衣服を着用した際に引っかかり、痛い場合があります。良性なので、必ず取り除かなければいけないというものではありませんが、痛い場合や痒い場合は日常生活に支障をきたしてしまいます。

おまけに、老人性イボは、古い角質が固まることによりできます。足には意外と多くの角質がありますから、そのまま放置していると、より大きくなったり、数が増えるということもあります。

摩擦の刺激に弱いという特徴があるので、こすると痛い、こすると痒いという症状が起きやすいです。痒い場合も不快ですので、気になる場合は病院へ行きましょう。

病院ではいくつかの足のイボ治療が行われています。一般的なものは、液体窒素を使って組織を凍結させて取り除くという方法です。保険診療なので扱っている病院も多く、費用も1000~3000円ほどです。

大きい場合は、取り除く簡単な手術が行われ、5000円ほどの費用がかかります。小さいものであれば、電気やレーザーを当てるという方法もあり、患者さんのイボの状態に合わせた治療法が選択されます。

数が多く、大きさも様々であるというような場合は、病院で自分に合った治療法を相談してみましょう。
  

足のイボは皮膚科で治療できる?皮膚科で手術などをした場合、費用に保険は適用される?

イボ 足 皮膚科

足を長時間圧迫する靴を履き続けたり、老化による角質硬化によって足にイボが出来てしまうのはよくあります。ヒールのある靴を履くことの多い女性、特に年配の女性に多く見られ、適切な処置を行なわないと痛みで歩行もままならないほどになってしまう事すらあります。

イボの治療は皮膚科で簡単に行なってくれるので、症状がみられたらすぐに皮膚科を受診しましょう。

では、どのような処置を行なって治療をするのか簡単にご説明します。多くの皮膚科で昔からイボ治療で行なわれているのが「液体窒素」で除去をする処置です。

-196℃の液体窒素をイボに押し当てて除去をします。費用は保険適応で約1600円ほど。デメリットは個人差はありますが、火傷を負った状態になり痛みが伴います。

最近では皮膚科にもレーザー装置を取り入れている所も増えており、手術という形で治療を行なっている場合もあります。特に足のイボは何度も再発してしまうので、可能であればレーザー手術で丸ごとくり抜き原因を取り除くのがいいでしょう。

レーザー除去は出血も少なく痛みも感じにくいのが特徴。手術費用は保険適応で1箇所につき約2000円~5000円です。デメリットは足は体重負担がかかる場所なので1泊~2泊の入院が必要な場合が多いです。

上記にあげたのが代表的な治療例で、共通して言える事は費用は健康保険が適応されるということです。
  
足のイボ対策ができるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

太もものイボを自力で治すおすすめの方法|自分で治療する場合の治し方と注意点って?

イボ 太もも 自力

年齢を重ねていくことによって、お肌はどんどん乾燥するようになっていきます。また、紫外線などの影響を受けて、お肌が角化していくこともあります。

こうした問題が原因で、首や顔はもちろん、太ももなどのボディパーツにイボが出来てしまうことがあるのです。こういったイボが出来ると、皮膚科で専門的な治療を受けるしか方法はないのではないかと不安に感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

しかし、皮膚科などに行かなくても、しっかりと自力で治す方法はありますので、ご安心ください。太ももは下着や洋服など、布の摩擦も起こしやすいパーツですので、まずは保湿することがイボの治し方で一番重要になってきます。

また、角化してしまった部分は、あんずエキスやハトムギエキスによって取り除く方法もあるので、専用のクリームを使ってみることをおすすめいたします。

専用のクリームを使用すれば、確実に自力で治すことができますし、太もものイボの治し方としてもかなりおすすめの方法です。

あんずエキスやハトムギエキスには、お肌のターンオーバーを促進させたり、非常に高い保湿力があるので、使い続けていくと自然とイボが目立たなくなります。自力の治し方では一番手軽なものですし、効果も高い方法ですから、おすすめです。
  

太もものイボに効果のある薬の価格相場はいくら?安い値段で買える薬もある?

イボ 太もも 効果

太もものイボに効果のある薬は老人性イボのものならドラッグストアで購入することができます。

塗り薬と内服薬がありますが、太もものイボの場合には塗り薬が使いやすくて効果的です。有名な薬としては「イボコロリ」があり、即効性が高いのが特徴です。

内服薬ではヨクイニンがよく利用されています。ハト麦が原料で肌を白くきれいにしてくれます。老人性イボにはあまり効果がありませんが、ウイルス性のイボには効果が出やすいのが特徴です。

イボコロリの外用薬は第2種医薬品で、ドラッグストアや通販で購入できます。6ミリリットルや10ミリリットルの液体なら700円程度の価格です。

内服薬の価格は180錠で2000円程度になります。 かゆみ止めパッチのようなばんそうこうタイプも販売されており、価格はフリーサイズとワンタッチで1000円程度です。太ももではなく足のウラなどの硬い角質のようなイボに効果的です。

液体タイプはサリチル酸でイボを腐食してポロリと取れるような仕組みになっていますが、液体なので塗りづらいというデメリットがあります。

安い値段で液体を購入するよりも内服薬で体質改善するほうが長期的に見て値段が安い、便利な方法といえます。イボの除去成分と栄養成分が配合されている薬もありますので、値段が安いというだけで選ばずに内容も比較するのが大切です。
  

太もものイボにおすすめの口コミや評判で人気の高いイボ用のクリームって?

イボ 太もも 口コミ

太ももなどのパーツに出来てしまうイボは、加齢による乾燥、紫外線のダメージなどが原因で古い角質が硬くなってしまい、皮膚の表面に残ってしまったことが原因です。

特に太ももは、下着や洋服などの摩擦によって、どんどん皮膚が硬くなっていきますし、イボをなかなか改善することができないと悩みやすい部分でもあるので、少々厄介です。

とはいえ、しっかりと改善する方法はありますので、ご安心ください。効果が高いと口コミでも評判の良いイボ専用のクリームでおすすめしたいのは、艶つや習慣というクリームです。

クリームといっても、油分が多いものではなく、オールインワンタイプの商品ですので、お肌にスッと馴染んでいきます。

イボ専用クリームの中でも人気が高いですし、口コミサイトですと、艶つや習慣を使用したことで、太もものポツポツが自然と取れた、気にならなくなったという感想を書いている人がとても多いです。

これほど口コミサイトでの評判が良い商品はそんなに多くないので、ぜひ一度試していただきたいです。

イボのような改善に時間がかかりやすい問題は、人気の高い商品から試していったほうが、早めに効果を実感することができるようになりますし、安心度も高いです。艶つや習慣は人気もあれば評判も良いですから、試す価値ありです。
  
足のイボ対策ができるクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。