足のぽつぽつのイボを治すには?赤いポツポツや黒いポツポツ対策

足 ぽつぽつ
足にぽつぽつとしたイボがあると、気になってしまうものです。

足のぽつぽつしたイボは見た目が色々で、赤い場合や黒い場合などがあって、それぞれ原因が違うということもあります。

また、痛いなどの症状が出ることもありますし、ウイルス性のぽつぽつしたイボはうつることもあり得るので、対策するのが重要です。

今回は、足のぽつぽつとしたイボの種類や原因、皮膚科での治療のやり方、薬局やドラッグストアで売っている市販薬を紹介します。

太もものぽつぽつとしたイボを自力で治す方法や効果のある薬、口コミで人気のクリームについても触れています。

ここで紹介する情報があなたの役に立てば嬉しいです。

  
足のぽつぽつ対策ができるクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

足のぽつぽつとした赤いイボや黒いイボ、芯のあるイボなどの種類と違いって?

ぽつぽつ 足 赤い

足にできるぽつぽつとしたイボには、赤いものや黒いもの、芯のあるものなど様々な種類がありますが、これらができる原因はそれぞれ違い、対処法も変わってきます。

まず赤いぽつぽつは、肌の乾燥が主な原因です。加齢によって肌のバリア機能が低下して乾燥肌や敏感肌になった時などに赤いイボができやすくなります。乾燥が原因ですので保湿用のボディオイルなどを習慣づけるのが一番の対処法です。

次に黒いぽつぽつは、間違ったムダ毛処理が主な原因です。特に手軽に行えるカミソリは毛穴を広げてしまいやすく、そこに角質などが溜まり黒いイボになりやすいのです。この場合、毛穴汚れをスクラブやピーリング石鹸などで取り除けば改善することができます。

最後は芯のあるぽつぽつですが、この正体はニキビです。ニキビは顔だけではなく全身どこにでもできます。原因は肌のターンオーバーの乱れやホルモンバランスの乱れです。どちらにしても芯のあるものへの対処法は生活習慣の改善です。

肌のターンオーバーやホルモンバランスの乱れは、ストレスや運動不足、睡眠不足、食生活などが大きく関わっていますので、まず生活習慣を見直すとよいでしょう。

このように足のぽつぽつしたイボの種類によって原因は違い、その種類別に対処法も異なりますので間違ったケアとならないように気を付けましょう。
  

足の裏や足首に出来やすいぽつぽつとしたイボの原因と改善方法とは?

ぽつぽつ 足 原因

足首や足の裏にぽつぽつとできるイボは厄介なものですが、原因と改善策を探している人は意外と多いのではないでしょうか。特に足の裏は圧迫されるので歩くと痛かったり、夏になって足の露出度が増えると気になるものですよね。

足首や足の裏にできるぽつぽつの原因は大抵の場合、古くなった角質が原因です。その古い角質が小さくなって固まり、ぽつぽつができてしまうという訳です。悪性のものではありませんが、肌の老化なら仕方がないと諦めてしまう前にできるなら改善したいものです。

ではどうしたら良いかというと、古くなった角質はかさついているので、まずはたっぷりと潤いを与えてあげることから始めましょう。保湿力を高めることで新陳代謝をうながし、肌の盛り上がりを回復させます。

市販のぽつぽつに対応するジェルなどを使って足首から足の裏までしっかりとスキンケアをするようにしましょう。

はとむぎエキスを使った漢方も強い味方です。こちらはすぐには効き目は出てきませんが、継続によって改善が期待できます。スキンケアも漢方も大切なのは毎日続けることです。どちらもぽつぽつ対策だけでなく、肌にも良いので体全体が若返るかもしれません。
  

  
足のぽつぽつ対策ができるクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

足のぽつぽつのイボはウイルス性でうつる事や増える事もあるの?うつらないような注意点って?

ぽつぽつ 足 ウイルス性

足にできるぽつぽつにはウイルス性のタイプや老化現象の一種である角質粒のタイプがあります。このうち、うつるのはウイルス性のタイプであり、うつるのを繰り返すことで増えるのが大きな特徴です。

原因となっているのはヒトパピローマウイルスであり、このウイルスに感染することで引き起こされます。注意点としては、傷があるとウイルスが侵入しやすくなりますので皮膚が荒れないように気をつけるのが大切です。

ほんの小さな傷口からでもウイルスは侵入し、ウイルス性ですので治っては増えるを繰り返す場合も多いようです。うつる・増えるといった現象が見られる場合はウイルスによって引き起こされたぽつぽつと考えて差し支えありません。

足のぽつぽつでは、他に老化現象である可能性もあります。ある程度の年齢になると肌の代謝が悪くなるのですが、足は元々皮膚が厚くて古い細胞の排出が遅れがちの場所ですのでリスクが高いと考えられます。

注意点としては、皮膚が硬くなるとリスクが高まりますので柔らかくするように心がけるのが大切です。
それぞれのタイプの特徴と注意点をしっかりと把握しておけば、万が一できてしまってもすぐに適切な対応をすることができます。
  

足のぽつぽつしたイボが痛い場合や痒い場合は病院に行くべき?

ぽつぽつ 足 痛い

二足歩行をする人間にとって足は、身体のパーツの中でも特に動作が多いことから傷が出来たり皮膚が擦れることが多くあります。そして、傷や皮膚の擦れによって、足にぽつぽつとしたイボができやすくなるのです。

こうしたぽつぽつの原因のほとんどは皮膚の老化や摩擦などによるものです。そして、そのほとんどが良性のため身体に害はありませんが、ぽつぽつがある事によって歩行をする際に違和感を感じたり痛いと感じてしまう場合もあります。

こうした場合には直ちに病院で診察を受ける必要があります。しかし、痛いと感じていても忙しさのあまりぽつぽつを放置してしまうと、そのイボが肥大化してしまったり歩行の際にイボが擦れる事によってさらに痛みを生じる場合もあります。

また、痛みだけでなく、痒みが生じてしまうことがあります。そのため、痛みに限らず、イボが痒い場合にも病院で診察を受けるのが大切です。特に痒みに関しては、人間は痒いと感じると無意識のうちに掻きむしってしまうため、患部が重症化してしまうことがあります。

そのため、特別な症状がなくともぽつぽつとした小さなイボが出来た段階で病院で正しい治療を受けさえすれば、痛い思いや痒い思いをせずに済むことから、自己判断をせずに病院へ行くのが重要です。
  

足のぽつぽつのイボは皮膚科で治療できる?皮膚科の手術や治療の費用は保険適用されるの?

ぽつぽつ 足 皮膚科

足のイボのぽつぽつは保険が適用される場合が多いです。皮膚科の選び方としては費用の心配が少なく、また場合によっては手術も可能な皮膚科に相談をするのが良いでしょう。

年齢を重ねてくると、シミやシワなどとともにぽつぽつができることがあります。老化現象によってできるぽつぽつはそれ自体には健康への悪影響はありません。

ぽつぽつした見た目も気になると、治療するために皮膚科の診療を受ける人は多く、それほど大きくない足のぽつぽつしたイボについては液体窒素で凍結させて取り除くなどの方法が採られます。

すぐに手術というわけではなく、大きさや程度により対応が異なってきます。 皮膚科での治療では費用が気になるところですが、ぽつぽつを取り除くだけであれば保険が適用されます。

お顔など、仕上がりが特に気になる場所については外科手術と同時に美容整形も必要になりますので、一部保険が適用されません。しかし足であればぽつぽつが無くなるだけでも十分にきれいになったと思えるものです。

皮膚の老化現象でできるぽつぽつイボの除去はすぐに終わる手術ですので、早く治してしまいたいと思う方には費用の面でもお薦めの治療法と言えます。思っているほど大変ではないため、気軽に皮膚科の受診をするのも良いでしょう。
  
足のぽつぽつ対策ができるクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

足のぽつぽつとしたイボに効く薬には市販薬もある?薬局やドラッグストアでも売ってる?

ぽつぽつ 足 薬

いつの間にか足にぽつぽつしたイボができていて、歩く時に痛みを感じてしまった人は多いです。足のぽつぽつは日常生活に支障をきたす場合がほとんどで、早めに薬などで治療をする必要があります。

しかしぽつぽつをレーザー照射や手術によって切除するのはお金と手間がかかり、手術自体が怖くなって除去に踏み切れない人もいます。ぽつぽつのイボは自然治癒では治りにくいので、薬を使った治療をおすすめします。

薬で治したい人のために、薬局やドラッグストアで売られている市販薬でぽつぽつのイボを消す方法をご紹介します。

足のイボを消すのに有効な成分はサリチル酸と呼ばれています。サリチル酸はイボなどの固くなった皮膚を腐食させ柔らかくします。柔らかくなった皮膚の下では新しい皮膚が再生されていき、イボを含む古い皮膚を押し上げぽつぽつを除去します。

サリチル酸を配合した市販薬にイボコロリがあります。イボコロリは薬局やドラッグストアだけでなく、通販でも購入できます。スピール膏もあり、こちらは患部に貼るものと塗って使うタイプがあります。

イボの除去には一番有効ですが、欠点としては刺激が強めの成分だということです。肌の弱い人は乾燥・炎症を起こす可能性があり、薬局・ドラッグストアで販売している市販薬でも用法・用量を守らなければ副作用が生じやすくなります。
  

足のぽつぽつとしたイボが子供や幼児に出来た場合の対処法|子供用の安心して使える塗り薬はある?

ぽつぽつ 足 子供

イボは大人が出来ると言うイメージが強いですが、子供でもイボは出来てしまいます。大人にイボが出来る原因は、紫外線を長年浴び続けたり、皮膚の老化により新陳代謝が悪くなり、メラニンが排出されずに溜まってしまう事で起こります。

足のイボのぽつぽつは、殆どが足のサイズに合っていない靴を履いて、足に負担をかける事により出来てしまいます。特に子供は成長が早い為、大きめの靴を買ってしまう事が多いからです。

きちんと自分の足のサイズにあった靴を履くことが重要です。ですが、出来てしまったら治療しなければなりません。

皮膚科にいくと足のイボのぽつぽつは、液体窒素による治療が行われます。ぽつぽつを取る治療ですが、痛みがあるので子供には辛いかもしれません。幼児ともなれば尚更です。

そこで、子供や幼児のイボのぽつぽつを薬で治せたら楽です。幼児でも安心して使える塗り薬を紹介しますので参考にしてください。クラシエの紫雲膏と言う商品です。

これは、漢方の塗り薬なので安心して使えます。抗腫瘍作用があるのでイボに効果があります。効き目はゆっくりな塗り薬ですが、副作用が少ないので安心です。値段も900円程で購入することが出来ます。
  

太ももに出来るぽつぽつのイボを自力で治す事はできる?その治し方の注意点やおすすめの方法とは?

ぽつぽつ 太もも 自力

太ももや首などにぽつぽつとした小さいイボができることがあります。年齢を重ねるとほくろが増えてきたり、シミが増えることがありますが、同じようにぽつぽつも増えるものなのです。

太ももなどにできると目立ってしまうこともあり、衣服に触れて痒いこともあります。このようなぽつぽつの主な原因は肌のターンオーバーがうまく行うことができなくなった時にできてしまうのです。そのため歳をとるとできやすくなるのです。

太ももにできたぽつぽつのイボを治す場合、病院で治す方法と自力で治す方法があります。病院の場合は費用がかかってしまいますがいろいろカウンセリングを受けながら早く治すことができます。

自力でなんとかしたい場合は治し方があります。原因である肌のターンオーバーを正常に戻すためにスキンケアを行うことです。治し方はスキンケアを継続して行うことです。

おすすめの治し方は市販のスキンケア用品を購入して使用するのです。いくつか種類がありますがイボ用のスキンケア用品がありそれを使用するのがおすすめです。

自力で治す方法は病院と違って時間がかかることになります。毎日ケアをするという必要もありますが、病院へいく時間がない人、イボを予防したい場合におすすめの方法です。
  
足のぽつぽつ対策ができるクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

太もものぽつぽつしたイボに効果のある薬の価格|安い値段で買える薬はある?

ぽつぽつ 太もも 効果

太もものイボのぽつぽつに悩まされていると言う人が増えています。このぽつぽつは爪を立てて取ろうとすれば取れますが、すぐに再発してしまいます。

市販の薬で効果があるのはスピール膏という比較的値段の安いお薬です。スピール膏は価格の割には効果がある代物です。スピール膏は様々な商品が出ていますが、使い方は基本的に同じです。

太ももなどのぽつぽつ部分に合わせてスピール膏をハサミで切り幹部に貼ります。お風呂に入っても水が入らない様に密閉してください。効果が出るまで5日ほどかかるのですが、そのままにしておきます。

張ってから5日後に剥がします。そうすると硬くなった部分が柔らかくなります。値段の安い薬ですが、非常に効果が期待できます。太ももは目立ちますがこのお薬なら価格が安いですがお値段以上が期待できます。

イボが出来る原因には様々ありますが、角質層が固まり皮膚にぽつぽつができてくるのが、一般的なイボです。身体の様々な所にできる恐れがありますが、致命的な病気ではないので心配しすぎることもありません。

市販の薬で充分対応が可能ですので、じっくり治しましょう。スピール膏は価格の割には高い効果が期待できます。簡単な市販治療薬でぽつぽつを除去しましょう。
  

太もものぽつぽつとしたイボの対処法としておすすめの口コミや評判で人気の高いクリームは?

ぽつぽつ 太もも 口コミ

太ももにぽつぽつと出来たイボの対処法としておすすめなのは、口コミや評判でも人気の高い「Potturun」という商品です。このクリームは、皮膚科のドクターが開発したもので、塗るだけでぽつぽつを綺麗に除去することが出来ます。

なお、Potturunを実際に使用した人の感想が記されている口コミでは、全身のイボに対しての効果が記されています。このために、太もも以外の部分に対しての使用も可能であり、あらゆる場所のぽつぽつを改善することが出来ます。

一方、この人気のクリームの口コミの中には効き目を体感できなかったというネガティブなものも存在していますが、これらの大部分は短期間で評価しているということが共通しています。

ちなみに、Potturunの公式サイトでは、効き目を体感するまでには個人差があり、2週間から1か月程度で実感するケースが多いと掲載されています。

このために、この人気のクリームで太もものイボを治したい場合は、最低でも2週間から1か月程度は使い続けなくてはなりません。

これよりも短い期間しか使わない場合は、口コミの悪い評判と似たような結末となってしまいます。
良い評判通りの効果を実感するためには、長く使い続けるのがポイントです。
  
足のぽつぽつ対策ができるクリームとランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。