首周りのぽつぽつしたイボは病院の皮膚科で治療できる?治療の料金相場はいくら?

首周りのぽつぽつとしたイボはウィルス性のイボや悪性腫瘍などではないので心配することはありません。首周りのぽつぽつとしたイボは、30代以降に発生しやすいイボで、小さい肌色のぽつぽつとしたイボです。

皮膚の老化に伴い加齢と共に増えるのは角質粒と言われるもので老人性イボとも言われています。放置しても問題はないものですが、首周りにできることが多いためネックレスなどに引っかかったり擦れるため気になることがあるため、病院の皮膚科で治療することが良い方法です。

病院の皮膚科の治療は小型であれば液体窒素を使った冷凍療法やハサミで切り取る方法などがあります。料金は、液体窒素による冷凍療法では10箇所未満の数が少ない場合で皮膚科で健康保険3割の負担で焼く750円程度で、数が多い場合は焼く4,000円程度の料金です。

料金はこの治療費の他に診察代がかかります。病院でも美容皮膚科もありますが、この場合の治療はレーザー治療なども可能で、殆どの場合は保険適用はないため診察料込みで焼く32,000円前後になります。

首周りのポツポツとしたイボは気になってしまうものですが、自分で除去すると悪化する可能性があるため、病院を受診することが必要です。

ぽつぽつ 首周り 病院

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。