首に出来るぽつぽつとしたイボは加齢や老化が原因?老人性のイボができる年齢って?

30代を過ぎたあたりから、首にぽつぽつとしたイボのような膨らみが出来はじめることがあります。

加齢に伴いだんだんと数が増えていることもあり、痛みやかゆみなどはなくても、見た目に気になると、悩んでいる女性も少なくないようです。

これは皮膚の老化、または体質によってできるといわれており、早い人であれば年齢が20代くらいでできる方もいるようですが、ほとんどの場合は、年齢でいえば30歳以降に発生し、加齢とともに増えていくのが一般的なようです。

特に更年期を過ぎた女性や、肥満傾向の女性に多いといわれています。中高年になると増える首のイボは、老人性イボとも呼ばれ、ぽつぽつの中身は脂肪や皮膚の線維なので、良性腫瘍ゆえ放っておいても全く問題ありません。

老人性イボの原因は、摩擦や紫外線による肌ダメージが原因の場合も多いので、加齢とともにぽつぽつを増やさないようにするためにも、首周りの保湿ケアをしっかりと行う、日焼け止めをつける、アクセサリーをつけないなど、気を付けることも必要です

。肌の老化は、ケア次第で遅らせることは十分可能で、早い年齢から皮膚を柔軟にし、摩擦を減らしていけば、この老人性いぼも対応できます。乾燥は、肌老化を加速させてしまうのです。

ぽつぽつ 首 加齢

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。