耳のイボの原因と治療法|耳の中や耳の後ろのイボを改善する方法

耳 イボ
耳のイボができて気になる場合、原因と対処方法を知っていることが重要です。

ここでは、耳のイボができる原因、耳のイボを自力で治す方法、病院の皮膚科での治療の仕方、効果的なクリーム、口コミで評判が高い薬、効く薬が売っている通販サイトなどを詳しく説明します。

耳の中や耳の後ろのイボを改善する方法、赤ちゃんが生まれつき持っている耳のイボの対処法についても書いています。

ここで紹介する情報があなたの役に立てば嬉しいです。

  
耳イボに効くクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

耳のイボの治し方|耳のイボを自力で治す方法と注意点とは?

イボ 耳 自力

耳のイボは、自力で直すことができる方法もありますが、治し方には注意点があります。

耳にできるイボにはいくつかの原因が考えられますが、ウィルス性のものでなく老化現象や紫外線の影響によるものの場合は、市販のサリチル酸が配合された薬剤を塗ることで症状が改善することがあります。

自力で治す場合の注意点としては、薬剤の扱いには注意が必要です。
サリチル酸が配合された薬がついた部分は白く皮がむけますので、できるだけ広範囲に塗らないように気を付け、綿棒などを使ってごく小さな範囲に塗る方法が良いでしょう。

耳にできるイボに対して自力で行う治し方としては、ハトムギエキスが配合されたサプリメントや漢方薬を飲む方法があります。

ハトムギには肌をなめらかにしたり、イボを除去する効果が期待できます。
漢方薬もサプリメントにも、どちらにもハトムギが配合されているものがありますが、注意点としては即効性があるものではありませんので、ある程度期間を決めて服用するのが効果的な治し方です。

外用薬と並行して服用することで、より症状が治りやすくなる可能性がありますし、皮膚科でもハトムギエキスが配合された漢方薬が処方されることもありますので、おすすめの治し方です。
  

耳の後ろや耳の中にイボが出来る原因とその改善方法とは?

イボ 耳 原因

耳の後ろや中にイボが出来る原因には幾つかの事が考えられ、それによって改善策も異なって来ます。

まず、顔等に出来るニキビと同様のものが現れる事が考えられます。耳の後ろではその形状と場所故の洗顔料やシャンプーのすすぎ残し、中においては綿棒等による掃除のし過ぎが原因の1つになるとされます。この場合、清潔を保ちつつ不要な刺激は避ける事が改善策となります。

次に耳の後ろでは、脂漏性角化症と呼ばれるイボの一種が出る事があります。加齢と形状による皮脂の溜まり易さが原因で、これも清潔を保つ事が改善策となります。審美的に大きな問題を生じたようなケースでは、レーザー照射による切除手術も可能です。

そして耳の中においては、鼓膜に至るまでの部分に炎症が起きた場合にイボを併発する事があります。

こうした炎症は加齢に伴って片方だけで起きる事が多いのが特徴で、一時的な難聴や慢性化する痛みを伴ったり再発を起こす場合が多いので、改善策としては医師の専門的知見に任せるのが第一となります。

最後に挙げるのが症例としては比較的珍しい、耳の中における癌です。発症は年配の男性に多く、症状としてはイボに留まらず出血・難聴・顔面神経の麻痺を伴うケースが多く見られます。改善策は専ら治療に専念する事であり、放射線治療や組織の摘出手術を行います。
  
耳イボに効くクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

耳のイボが痛い場合や膿をもっている場合の自分でできる正しい処置の方法って?

イボ 耳 痛い

耳のイボが痛い場合や膿んでいる場合の正しい処置法として、耳のイボがニキビの場合はガーゼ等で膿を取り除き、患部を清潔にします。しばらく様子を見て、症状が良くならない場合は皮膚科の病院で治療を受けることが必要です。皮膚科では抗生物質を投与する薬物治療で治してもらえます。

耳のイボはホルモンバランスの崩れが原因でできる場合があります。その場合の正しい処置法として、睡眠を十分に取ることが必要になります。ぐっすりと眠ると副交感神経が優位になり、症状は改善されていきます。

痛い症状が一向に改善できない場合は、皮膚科の病院で診てもらうことが必要です。
耳のイボはシャンプーなどのヘアケア用品の含有成分が原因になる場合があります。

その場合の正しい処置法は、ヘアケア用品が肌に合っていないため、刺激の少ない無添加のものに変えることが必要です。痛い症状や膿が出る場合には、皮膚科の病院で診てもらうようにします。

耳のイボは粉瘤腫の場合があります。粉瘤腫は古くなった角質や老廃物が皮膚の中に蓄積することが原因で発症します。

粉瘤腫は手で触れると化膿する場合がありますので、手で触れないようにしてしばらく様子を見ます。膿んできた時には皮膚科や形成外科の病院で処置を受けることが必要です。
  

耳のイボが生まれつきある新生児や赤ちゃんの対処の仕方とは?

イボ 耳 生まれつき

耳にイボが生まれつきある新生児や赤ちゃんを出産した場合、どのように対処すれば良いのか戸惑ってしまいます。

そもそも新生児の耳にできた生まれつきのイボは、正式名称は副耳と呼ばれています。母親のお腹の中で赤ちゃんの耳が形成される過程で生じるものです。生じる割合は、生まれてきた赤ちゃん1000人中15人程度にみられるので、それほど珍しくないといえます。

何も対処せずにそのまま放置すると、イボの根っこに湿疹ができやすくなる、とても目立ってくることが多いです。そのため、専門の病院で切除手術を受けると言う対処方法が一般的です。

病院での副耳の手術方法は、主に結紮術、切除術の2種類に分かれます。まず、結紮術とは、生まれつきできたイボの根本に細いナイロン糸で縛り、うっ血させて壊死させる治療です。

この治療方法は、イボに軟骨片を含まない場合に適応されます。組織を壊死させる事で、施術から1週間で自然に取れます。
  
もう1つの切除術は、軟骨を含んでいる場合に適用される施術方法です。全身麻酔を施して切除していくので、新生児は痛みを感じることもなく治療を受けられます。きれいに軟骨を含めて切除する事ができ、施術後は傷跡も残らないので、安心です。
  

耳のイボに効果的な、おすすめのクリームや塗り薬って?

イボ 耳 クリーム

加齢による肌トラブルにはさまざまな種類がありますが、とりわけ厄介なのが顔や身体にできてしまうイボです。耳なども出来やすいので、悩んでいる方は多いでしょう。

なぜこのようなイボができるのかと言いますと、加齢とともにお肌が乾燥しやすくなり、新陳代謝が悪くなって、古い角質が溜まっていきます。そうしますと、その古い角質はどんどん硬くなってしまい、結果的にイボとして残ってしまうのです。

これが原因ですので、ポツポツしたイボを柔らかくして、自然と取れるような塗り薬、またはクリームを使用していくことをおすすめいたします。ポツポツに効果的な成分といえば、あんずエキスとハトムギエキスです。

いずれもお肌の新陳代謝をアップして、古い角質を効果的に取り除いていくことができます。耳にできたポツポツでしたら、塗り薬よりもクリームを使用したほうがいいかもしれません。

インターネットで簡単に購入することができる商品でおすすめなのは、艶つや習慣というオールインワンゲルです。この商品には、効果的なあんずエキス、ハトムギエキスの両方がたっぷり含まれています。

耳にも安心して使用することができますし、塗り薬に比べるとお肌への浸透率も高いクリームですから、とてもおすすめです。
  
耳イボに効くクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

耳のイボに効果の高いと評判の薬と実際に体験した人の口コミは?

イボ 耳 口コミ

耳のイボで悩んでいる方も意外と多くいると思いますが、そんなイボに効果の高い評判の薬があります。口コミや評判を参考にして実際に利用された方の意見を参考にするといい物が見つかります。

そこでおすすめの耳のイボに効果の薬の1つに「イボコロリ」というものがあります。イボ用の市販薬の中では、口コミや評判でも人気があり、だれでも聞いたことがあるくらい有名な薬でしょう。

この薬は液体タイプと内服タイプがあります。塗るタイプは顔面への使用が推奨されていないので、内服タイプを選択するということですね。

ちなみに、イボコロリを実際に体験された方の話を聞くと評判はなかなかのものです。高評価といった印象です。さらに安い料金で買えますし、なにより自分の家で治療できるのが嬉しいですね。

そして次におすすめは「シルキースワン」という商品があります。これはポツポツの耳のイボにも効く、美容成分たっぷりのジェルタイプで、口コミや体験なども良く、効果が期待できるでしょう。

体験された方の口コミには「肌になじみやすく広い範囲に使えて満足」や、「使っているうちにポツポツが柔らかくなってきてポロっと取れる」など、使用感や効果も良さそうです。特に女性からとても支持されており、イボケア以外にも美肌効果も期待できるおすすめの商品です。
  

耳のイボに効く薬などは通販のamazonや楽天でも買えるの?

イボ 耳 通販

耳などに出来たイボに効く薬として人気を集めているイボコロリは、第二類医薬品に指定されている液体タイプと第三類医薬品の内服タイプとの2種類があり、いずれも大手通販ショップの楽天やamazonで取り扱われているので、自宅から注文することが可能です。

ちなみに、塗るタイプのイボコロリは顔面、目の周囲や唇、粘膜部分、首などの皮膚の柔らかい部分への使用は推奨されていないので、耳への使用は微妙なところです。このために、耳の問題を改善するためには、内服タイプを選択するのが適当と言えます。

なお、内服タイプのイボコロリは、ハト麦の種子から抽出したCoixを主成分としており、効くということと共に安全性においても信頼できる内容です。つまり、副作用に見舞われるような心配はほとんどないということで、安心して利用することが出来ます。

このように効くうえに安全なイボコロリは、楽天やamazonなどの通販ショップでも購入できますが、送料は必ずしも無料ではないので金額的には店頭の方がお得です。

ただし、楽天やamazonでは大手通販ショップならではのサービスも行っており、場合によってはこちらの方が低価格で購入できる場合もあるので、事前の確認が必要です。
  
耳イボに効くクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

耳のイボに効く薬に市販薬は薬局やドラッグストアでも売ってる?

イボ 耳 薬

ドラッグストアや薬局で手に入る市販薬で耳のイボに効果のあるお薬を紹介します。

ハトムギと同じヨクイニンという成分が、ターンオーバーを促す助けになって、イボ治療にとても有効だと言われ、耳だけでなく、お顔やデコルテなど、ぽつぽつに悩む人向けの化粧品にも多く使われています。ヨクイニンの市販薬を3種類ご紹介しますね。どれも、大抵の薬局やドラッグストアで扱っています。

ヨクイニンエキス顆粒クラシエ(クラシエ)
正に漢方といった感じの顆粒タイプのヨクイニンエキスの漢方薬です。成人で1日3包服用します。

ヨクイニンS「コタロー」(小太郎漢方製薬)
ヨクイニン配合ので錠剤タイプです。顆粒よりは漢方の独特の味が抑えられて飲みやすいですね。成人で1回5錠、1日3回服用します。

紫雲膏(クラシエ)
江戸時代から処方されている和草成分をベースにした軟膏タイプの漢方薬です。ひびわれやあかぎれ、火傷など、いわゆる万能タイプの軟膏ですが、老人性のイボにも効果があります。保湿効果もあるので、イボを摩擦から守ったり、周辺の予防もしてくれる効果もあります。

市販薬を紹介しましたが、耳のイボのケアは、日頃のUVケア、保湿ケアもとても大事なので、薬局やドラッグストアへお薬を買いに行ったら、たっぷり使えるハトムギ化粧品もおすすめです。
  

耳のイボは病院の何科で治療できる?治療費の相場と保険適用の有無とは?

イボ 耳 病院

耳にイボが出来てしまった場合は、皮膚科で治療をしてもらえます。
治療にはいくつか方法がありますが、液体窒素を当てる方法が一般的です。
その場合は保険が適応されるので1回の治療にかかる費用の相場は2000円ほど。しかし1回の治療で完治することは少なく、数回は治療を受ける必要があることを覚えておきましょう。

液体窒素で症状が改善しない場合は、医療レーザーを使った治療も有効です。
耳のイボを液体窒素で治療した場合は治療費には健康保険が適用されますので、割安な価格で治療を受けることが出来ますが、レーザーを使った治療の場合は健康保険は適用されないので治療費は自費となるのが一般的です。

そのため、治療にかかる費用の相場は5000~10000円程度と病院によって差があります。
しかし、耳にあるイボは目立ちますし、病院の何科に行けばよいかわからないといった場合はどこの皮膚科でも治療を受けることが出来ますので、治療を始めてみてはいかがでしょうか。

老化現象のイボの場合は紫外線が原因となっていることも多いため、紫外線の影響を避けるため帽子をかぶることで症状が悪化するのを防ぐことが出来るケースも多くあります。
  

耳のイボを皮膚科で治療する場合の治療法って?レーザーでイボを治療すると跡は残る?

イボ 耳 皮膚科

肌の老化や紫外線、摩擦が原因で発生する老人性イボは、耳にもできやすいものです。気になって触ったり、自分で無理やり取ろうとしたり、傷跡になってしまったり、バイ菌が入ってしまったりする心配があるので、絶対にやめましょう。

耳にできたイボも、耳鼻科ではなく皮膚科で治療します。皮膚科での老人性イボへの治療法には、イボの中の水分を一気に蒸発させて取り除く炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)治療があります。

炭酸ガスレーザー治療のメリットは、出血が少なく、局部麻酔を使う事で、ほとんど痛みを感じずに治療できることと、繊細な調整で、何度も通院する必要がなく基本的に1度の照射で跡もなくきれいに取り除く事ができます。術後の傷の治りも良好です。

デメリットをあげれば、この治療法は保険適用外の自由診療のため、高額の治療費が全額自己負担となってしまう事です。クリニックによって料金設定は様々で、照射範囲の大きさによっても違ってくるので、約10,000円~50,000円ぐらいという目安もありますが、皮膚科でしっかり料金についても説明を受けてから、治療を検討した方が良いでしょう。
  
耳イボに効くクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。