胸のぽつぽつしたイボの対処法|茶色や赤いポツポツの原因は?

胸 ぽつぽつ
胸やデコルテのぽつぽつしたイボは気になるものです。

胸のぽつぽつの症状として、かゆい場合や痛い場合もありますので、なんとか対策していきたいですね。

ここでは、胸のぽつぽつしたイボの種類、原因、効果のある薬、病院での治療のやり方を詳しく説明します。

デコルテのぽつぽつのイボとほくろやニキビの違い、イボのケア方法、大きいイボの治療法なども解説しています。

また、妊娠中の胸にできるぽつぽつについての説明や、新生児の胸のぽつぽつとしたイボの対処法も書いていますので、参考にしてみてください。

ここで紹介する情報が役立てば嬉しいです。

  
胸・デコルテのぽつぽつが除去できる商品とランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

胸にできるぽつぽつしたイボの種類|茶色や赤いぽつぽつなどの症状とは?

ぽつぽつ 胸 種類

首元から胸元にかけてのデコルテの部分や胸にぽつぽつとイボができる場合があります。イボの種類は大変多く、形がいびつだったり、痛みがあるなどの症状がある場合には、皮膚科などの医療機関で診察を受けることをおすすめします。

茶色や赤いぽつぽつなどが出る症状の場合には、紫外線や老化のために、肌の新陳代謝が低下し生まれ変わりが遅くなってしまったために角質の部分が粒になっている種類の場合が多いようです。

胸に小さくて、茶色や赤いぽつぽつがある場合には、肌の生まれ変わりを促進するために化粧水や乳液、クリームなどを塗って、肌の保湿を心がけるとよいでしょう。

胸のぽつぽつが大きくなってくるようなら、茶色や赤いイボの部分に、市販のイボ専用のクリームを塗る治療法があります。老化現象によってできる種類の胸にできたイボの部分に塗って、角質を柔らかくして、肌の再生を促し、胸にあるイボの盛り上がりの部分を取ることができる可能性があります。

老化現象によってできる胸のぽつぽつは、肌色の粒ができたり、赤い色や茶色、褐色など次第に色が濃くなっていく症状が出て、だんだん大きくなるのが特徴です。放置すると大きくなっていくため、保湿をしたり、軟膏を塗るなど、早めにケアすることをおすすめします。
  

胸にぽつぽつとしたイボが出来る原因は年齢や性別に関係がある?その対処法って?

ぽつぽつ 胸 原因

気になる肌トラブルの1つに、ぽつぽつとしたイボがあげられます。イボは手足や顔など人目につきやすい部位のほかに、首元や背中、胸にもできやすいのが特徴です。

イボには多くの種類があり、原因との関係によって対処の仕方も変わってきます。ですので、まずは原因を知るのが大切になってきます。

イボの原因の1つに、紫外線の影響が考えられます。ですが、背中や胸など露出する機会が少ない部分は、年齢が関係することが多くなります。

年齢を重ねると、肌の新陳代謝が落ちてしまいます。そのため、古い角質が長く留まり続けることになります。さらに背中は角質が厚いです。また、胸のぽつぽつができやすくなります。胸のぽつぽつも年齢が関係してきますが、授乳などの刺激も原因に繋がる場合があるので気を付けましょう。

これらの胸にできたぽつぽつの対処には、肌のターンオーバーを上げるのが効果的です。保湿ケアを十分に行うことで、固くなった角質を柔らかくすることができ、胸のぽつぽつも取れやすくなるのでおすすめです。

肌の乾燥を防ぐ対処も、胸のぽつぽつのケアには効果的です。授乳をする前に肌にクリームを塗っておけば、肌がこすれて摩擦をするのを防ぐことができるので、ケアをしつつ悪化を防ぐこともできます。
  
胸・デコルテのぽつぽつが除去できる商品とランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

妊婦の人が胸元にぽつぽつが出来やすい理由と対処法とは?妊娠中は胸にイボができやすい?

ぽつぽつ 胸 妊娠中

胸にぽつぽつとしたイボができやすいのは妊婦さんがなりやすく、妊娠中に胸元に出来物ができてしまう理由は体が乾燥してしまい肌に老化現象ができてしまうためです。

キレイな肌を保つのは人間の持つ免疫機能が働いていることで支えられていますが、妊娠中は赤ちゃんに栄養をあげるために妊婦さんの体は栄養バランスが崩れ免疫機能が低下するようになります。

お腹に赤ちゃんが宿ると胸元にぽつぽつとしたイボができてしまう理由は、体の免疫機能が落ちて保湿能力や抗体が弱くなることで起こってしまうのです。胸にできるイボは正確には「アクロコルドン」と呼ばれ、これは肌の老化現象で角質が変化することで起こります。

妊娠中に妊婦さんの免疫機能が悪くなるのは栄養バランスが崩れることだけでなく、女性ホルモンバランスが乱れやすくなることも理由にあります。

正常なホルモン分泌は免疫機能に重要なものであり、これに問題が起こると機能にも問題が出て紫外線などで肌がダメージを受けやすくなってしまいます。

胸元にできたぽつぽつを改善したいと思う場合には、自然素材で作られたジェルがおすすめです。胸のイボに塗ってマッサージすることで、角質化した皮膚を段々と落としていけます。
  

胸のぽつぽつとしたイボは病院の皮膚科で治療できる?レーザー治療は効果的ですか?

ぽつぽつ 胸 病院

胸にぽつぽつとしたイボができてしまった場合、見た目にも見苦しくなってしまいます。しかも、そのぽつぽつが胸全体に広範囲に広がってしまったり、巨大化してしまったら、それはもう市販薬による治療は難しく、皮膚科等の病院で治療してもらう必要があります。

その場合には、炭酸レーザーによる治療が効果的でしょう。勿論、全ての皮膚科や病院にレーザー設備があるわけではありませんが、もし、ぽつぽつとした胸のイボがどうにもならなくなったら、レーザー設備のある皮膚科や病院について調べてみても良いのではないでしょうか。

特に、炭酸レーザーは美容整形外科でも使用されているもので、巨大なほくろやシミもきれいに消し去ってしまいます。きれいに消すということは傷跡もほとんどの場合、全くと言っていい程わからなくなります。

しかも、麻酔を使用するので痛みもなく、入院する必要もなく、仕事帰りに治療機関に立ち寄り、消し去ってしまうのも可能です。そのため、いぼ自体の悩みは深刻でも、治すことにおいては気軽にできます。

費用もサイズや個数によって上下しますが、決して高価なものではありません。病院によっては保険適用となる場合もあるので、それも踏まえて調べてみると良いでしょう。
  

胸のぽつぽつのイボがかゆい場合や痛い場合の自分でできる治し方とは?自力で治す方法

ぽつぽつ 胸 かゆい

胸、首などにできるイボのぽつぽつがかゆい場合や痛い場合もあるかと思います。 これは、主に紫外線の影響であったり、遺伝的な要因、また角質粒などによる皮膚の老化現象が原因です。

胸にできたぽつぽつは見た目的にも良くありませんし、水着を着たり、少し露出があるお洋服の場合とても気になります。かゆい、痛いなどの症状がある場合もありますが、治し方としては、市販されているクリームなども有効です。

自力での治し方として、通販専売品のターンオーバーによる角質がたまってしまって出来るのが原因のイボ用のクリームやジェルが有効です。 もちろん皮膚科に行けばレーザーを使ったり、適した処方薬を出してもらうことができますが、自力での治し方もありますので、費用を抑えて対策していくことができますので、まずはこういったアイテムから使ってみると良いでしょう。

胸のぽつぽつのかゆい、痛いという症状があったり、それらの症状がなくても、老化現象でもありますので、見た目も悪いですし早く対策すれば、自力でも治すことができます。

1ヶ月以上は使わないと効果が出てこない場合もありますので、定期便やまとめ買いで期間的にもある程度使っていきましょう。
  
胸・デコルテのぽつぽつが除去できる商品とランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

胸のぽつぽつのイボに効く薬には市販薬もある?薬局やドラッグストアも買える?

ぽつぽつ 胸 薬

胸にできたぽつぽつは医療機関を受診して薬を処方してもらわなくても、薬局やドラッグストアで買える市販薬で充分に治療することが可能です。

胸にできたぽつぽつしたできものは、老人性イボとも呼ばれている肌の老化現象の一つとなります。

この胸の老人性イボに効果がある成分にハトムギから摂られたヨクイニンがあり、これが多く配合されている市販薬を塗れば胸のぽつぽつに効果的です。

ヨクイニンは肌に水分を与える力と古い肌の再生を促す力を持っているので、肌の老化でできる胸のぽつぽつの改善が期待できる成分となります。塗り薬だけでなく錠剤タイプもあり薬局やドラッグストアでは、ヨクイニン錠として販売されています。

胸の老人性イボを治す薬の主成分は先ほどあげたヨクイニンが主であり、薬局・ドラッグストアで買うのなら成分が配合されている市販薬を選んで購入することをおすすめします。

入手しやすい市販薬としてはイボコロリ内服錠、イボコロリ液体タイプなどが多く取り扱いされています。

薬は2千円台からとなっているので、経済的な負担が大きくない範囲で手に入れられます。胸のぽつぽつに悩んでいる人は医療機関を受診する方法もありますし、ヨクイニン入りの薬を調べる方法もあるということですね。
  

胸のぽつぽつのイボが生まれつきある、新生児や子供の対処法|子供用の塗り薬ってある?

ぽつぽつ 胸 新生児

ちょっとした刺激ですぐにぽつぽつした湿疹になることがあり日ごろから清潔を心がけるのが大切です。
良くあるぽつぽつした湿疹の中に乳児湿疹、あせも、アトピー性皮膚炎などがあります。

乳児湿疹は新生児期から乳児期で食べこぼしやよだれ、汗などが些細な原因で顔や頭、胸やお腹に発症します。
ケアとしては皮膚を清潔に保つことが大切なので汗や汚れをこまめにふいてあげましょう。

早期の受診も大切です。ステロイド薬を含まない塗り薬が処方されます。
あせもは新生児から子供まで良くある、汗のたまりやすい部位(主に首、脇、背中、時に胸や腹)に発症するぽつぽつした発疹です。

ケアとしては汗をかきすぎないよう室温を調節し、肌は清潔に保つようこまめに汗を拭きましょう。

アトピー性皮膚炎は乳幼児にかかりやすく生まれつきというイメージがありますが、主にダニやカビが原因です。但し、生まれつきアトピー性皮膚炎という子供も珍しくありません。顔、首、胸、お腹、背中などにかゆみやふけを伴います。

ケアとしてはステロイド、免疫抑制、保湿外用薬などの塗り薬を使用し体にかゆみが落ち着いた状態にすることです。
※現在はステロイドの塗り薬を処方しない医療機関も増えてます。
  
胸・デコルテのぽつぽつが除去できる商品とランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

デコルテのイボのぽつぽつはほくろやニキビとどんな違いがあるの?見分け方って?

ぽつぽつ デコルテ ほくろ

加齢で起こりやすい肌トラブルには乾燥肌やシミ、くすみ、たるみなどがあげられます。さらに鼻のまわりやデコルテにぽつぽつとしたイボもできやすくなります。デコルテにできるぽつぽつは、ほくろやニキビと間違えやすいので注意が必要です。

加齢が原因のぽつぽつには、ほくろやニキビと違いがあります。ニキビとの見分け方のポイントは、ポツポツの周辺の肌をチェックします。

デコルテにできるぽつぽつの原因は、紫外線の影響により肌の新陳代謝が落ちることで起きやすくなります。新陳代謝が落ちた肌は古い角質が長くとどまり、それが固まることでぽつぽつになります。そのため、ぽつぽつイボには痛みがないのが特徴です。

ぽつぽつイボの周辺の肌が赤くなっている場合、肌が炎症を起こしている可能性が高くまります。さらに痛みがある時は、イボとは違いニキビのことが多くなります。

ほくろとの見分け方は、ぼつぼつが大きくなるかをチェックします。多くのほくろは大きくなるは稀ですが、イボの場合はぼつぽつが増えたり、大きくなる場合があります。

さらに、ほくろとの見分け方として色の濃さも手掛かりになります。色が茶色っぽく薄い場合はイボの可能性が高くなります。
  

デコルテに出来る小さいぽつぽつや大きいイボの治療法は?自力で取る場合の注意点って?

ぽつぽつ デコルテ 大きい

胸元からの首にかけてのラインが美しく、肌がきれいだと、美人度がアップしスタイルも良く見えます。

美しい首元は、女性にとってとても大切で、デコルテを強調した服を着ることも多いと思いますが、デコルテにぽつぽつが出来ていると、老けた印象になるため、気になったり、恥ずかしかったりしてデコルテを隠すような服を選びがちになってしまいます。

デコルテにできるぽつぽつと出来るイボは、小さいものから大きいものまでありますが、肌が老化したり、肌状態が低下したりしたことで、生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが長くなっているのが原因になっている場合が多く、お手入れ次第でなめらかな肌に近づくことができます。

小さいものでも大きいものでも、イボを取るためには、肌をしっかり保湿するという治療法に変わりはありません。

小さいイボをこすったり、大きいイボを引っ張ったりして、自力で取る人がいますが、肌が傷ついて跡になったり、刺激で色素沈着を起こし黒くなったりする場合があるので、正しい治療法で、イボを取ることがおすすめです。

ぽつぽつが滑らかになる専用のクリームなどを優しくつけて保湿し、肌の生まれ変わりを促すことが正しい治療法です。
  

デコルテのぽつぽつのイボ、ぶつぶつのケアにおすすめの化粧品や化粧水とは?

ぽつぽつ デコルテ ケア

年齢と共にデコルテ周辺にいつの間にか増えてくるぽつぽつ、ぶつぶつを化粧水など化粧品でケアできたら嬉しいですよね。
私のオススメはアクアビューティーの艶つや習慣です。
これから艶つや習慣の魅力をお伝えします。

1.化粧水〜クリームを全て省ける
艶つや習慣は角質ケア・化粧水・美容液・乳液・クリームの役割を果たすオールインワン化粧品です。
いろんな化粧品を使う手間もなく、忙しい朝でもこれひとつでスキンケア完了です。

2.豊富な美肌成分
艶つや習慣はターンオーバーをサポートするあんずエキス、ザラザラの肌を滑らかにするハトムギエキスの2つのエキスのパワーでぽつぽつ、ぶつぶつをケアします。
また、プラセンタエキス、アロエベラ、ヒアルロン酸も配合されています。

3.誰にでも使いやすい
艶つや習慣はさっぱりした使用感で、ベタつきがありません。
女性用の化粧品が苦手な男性や子供にも使いやすく家族みんなで使えます。
また、肌の状態によって手持ちの化粧品と一緒に使用することもできます。

4.たっぷり使える
艶つや習慣は120gの大容量で、毎日全身にたっぷり使えます。
デコルテなど気になるところに塗って、マッサージすることでぽつぽつ、ぶつぶつがポロリと落ちます。

気になるデコルテの角質粒、諦めるのはまだ早いです。ぜひ、艶つや習慣を使ってみてくださいね。
  
胸・デコルテのぽつぽつが除去できる商品とランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。