背中の大きいイボの取り方|口コミや評判の良いおすすめの取り方とは?

老化が進んでくると、背中に大きいイボができることがあります。そんな場合は皮膚科に行くのが一番ですが、できれば自分で取りたいと考えている人もいるのではいるのではないでしょうか。

その方法の中でも口コミで評判の良いとされる方法をご紹介します。 まず最初に、自分で取っていいイボと、ダメなイボがあるので注意してください。

自分で取っても良いイボは、「老人性」のものです。「ウイルス性」での感染の可能性のある場合は、皮膚科に任せましょう。
 
口コミで評判のある一つ目の取り方としては、イボを根元から糸で縛ってしまう方法です。おおよそ、4日から1週間くらい経てば、壊死して自然と落ちるはずです。

ただし形によっては縛れないこともあります。そこで提案する取り方はハサミで切る方法です。この方法は最も手軽と口コミで評判で、皮膚科でも行われている手法です。

大きいものでも、痛みや出血もなく簡単に取れるはずです。ただし、使用するハサミはアルコール消毒するなどして清潔にしておくことが大切です。

自分の背中にハサミを当てるのは困難ですので、誰か第三者に手伝ってもらう必要があります。 

その他の方法として、背中のイボを取るには、ドライアイスを使用する取り方があります。特に大きいイボの場合はこの方法がおすすめで、イボにドライアイスを当てて壊死させる方法となります。

イボ 背中 大きい

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。