横腹のぽつぽつのイボを病院の皮膚科で治療する場合の治療方法は?料金はいくら?

横腹部分にぽつぽつと出来たイボは、病院の皮膚科で治療を受けることが可能で、基本的には健康保険が適用されるために料金はそれほど高くなることはありません。

なお皮膚科で実施される治療の具体的な内容は、塗り薬や貼り薬、内服薬の処方が中心でぽつぽつの状況により適切な方法が選択されます。

例えば、皮膚がデリケートなタイプの場合は、横腹のぽつぽつを改善するために貼り薬や塗り薬を使用するとかぶれてしまうケースがあります。このために、このような場合は内服薬が適当ということになり、皮膚科の医師の判断により処方されることになります。

ちなみに、内服薬の主成分はハトムギ由来の生薬が主流で、塗り薬や貼り薬にはサリチル酸という成分が配合されています。これらの治療薬はいずれも保険診療として処方されるので、料金が高額になることはありません。 

ただしぽつぽつが痕になってしまうと、これを綺麗にするための治療は皮膚科ではなく、美容専門の病院となるので健康保険は適用されません。

このために、これらの美容専門の病院で行われる治療の料金は高額となる可能性があるので、横腹にぼつぼつが出来た場合は早めに皮膚科で診てもらうのが適当な方法です。

イボ 横腹 皮膚科

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。