背中のぽつぽつしたイボの原因|ポツポツを治す方法を紹介!

背中 ぽつぽつ
背中や腰のぽつぽつしたイボの種類には、大きいものや老人性のもの、赤いもの、白いものなどがありますが、中には病気の可能性もあったりします。

痛い場合やかゆい場合もありますから、早めに対処していきたいですね。

背中のぽつぽつとしたイボの原因、効果のある市販薬、病院でどうやって治療していくのか、赤ちゃんの腰のぽつぽつの対処の仕方などを解説していきます。

ここで紹介する情報が役立てば嬉しいです。

  
背中のぽつぽつしたイボ対策商品とランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

背中のぽつぽつとしたイボの種類|赤いぽつぽつや白いぽつぽつなどの違いと対処法って?

ぽつぽつ 背中 赤い

背中にできる赤イボは血管腫という良性の腫瘍です。血管が拡張したり増殖したりすることで赤いぽつぽつができるのですが、健康を害するような心配はありませんが赤いと目立ちますので見た目が気になります。

この赤いぽつぽつは血管の形成異常で起こる種類と、紫外線によって刺激を受けたり皮膚が炎症を起こすことによって引き起こされる種類があります。

形成異常なら先天性血管腫ですが、ほとんどは紫外線などによる影響が原因の老人性血管腫ですので、日頃からしっかりと背中にもUV対策を行うのが大切です。また、皮膚が炎症を起こさないように日々のお手入れは慎重にしなければなりません。

水イボのように、他の種類とは違いウイルスにより感染するタイプもあります。白い塊を囲むように柔らかいイボが出現するものですが、単独でできるものが少ないという点も他のイボとは違います。

白いものはあまりないので、できたらすぐに分かるはずですが、気付いた頃には増えているというケースも少なくないです。

老化によって引き起こされる赤イボとは違い、白いものはプールなどで感染します。ですから、子供にできる場合が多く、背中のぽつぽつが広がってくる前に病院を受診するのが大切です。
  

背中にぽつぽつとしたイボが出来る原因?おすすめの改善方法とは?

ぽつぽつ 背中 原因

年齢を重ねていくと肌にシワができたり、たるみやシミなどのトラブルがあらわれやすくなります。これは、顔だけではなく背中にも起こるので注意が必要です。

背中は、普段目にする機会が少ない部位なので、気が付いた時には肌トラブルがかなり進行している場合があるんですね。これを防ぐ方法は、こまめにチェックするのがおすすめです。

背中の特有の肌トラブルには、ぽつぽつとしたイボがあげられます。このぽつぽつは、加齢による肌のターンオーバーの低下が原因の場合があります。

背中は、手足や顔などの部位と比べて角質が厚いのが特徴です。そのため、ターンオーバーが低下すると角質がさらに厚くなり、やがてぽつぽつ状態となってしまいます。

背中のぽつぽつを改善させる方法は、肌の新陳代謝をアップさせるのがおすすめです。それにはまず、保湿ケアを意識して改善していきましょう。
ターンオーバーが落ちる原因の1つに、肌の乾燥があげられます。背中は下着や衣服などが擦れることで、肌が乾燥しやすい部分なので改善する必要があります。

さらに、背中のぽつぽつの原因となる古い角質を取り除くように、きちんと意識して体を洗ってみましょう。この方法は、すぐに実践することができるので、おすすめです。
  
背中のぽつぽつしたイボ対策商品とランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

背中のぽつぽつとしたイボが悪性で病気の可能性もある?その特徴と見分け方とは?

ぽつぽつ 背中 病気

背中にぽつぽつとしたイボができた場合には、角質粒など肌の老化現象が原因でできるものと病気などが原因でできる悪性のものがあります。

肌の老化現象が原因の角質粒の場合には、痛みやかゆみを伴うことがないです。そのため、背中に出来ていることに気づかなかったという人も多くいます。角質粒は年齢を重ねるにつれてできやすくなり、30代を過ぎた頃から増え始めると言われています。

しかし、良性のものなのでそのまま放置しておいても特に問題はないです。悪性のものとの見分け方は、痛みやかゆみがあるかどうかです。

病気が原因でできる悪性のぽつぽつは、もしかしたら皮膚がんかもしれません。良性のぽつぽつとは違って、痛みやかゆみを感じることが多いのが特徴です。ですから、それが良性のものとの見分け方のポイントになります。

また、大きくなるといった特徴もあるので、1~2年のうちに大きくなっている場合には皮膚がんの恐れがあります。それから、悪性の病気が原因の場合には、色が黒くなるといった特徴もあります。
このように、かゆみや大きさ、色などが良性のものと悪性のものとの見分け方のポイントになります。背中は目に入りづらく、イボができていることに気づかないのも多いので注意が必要です。
  

背中にぽつぽつの大きいイボが出来た場合の取り方|体験談や口コミで評判の良いおすすめの方法は?

ぽつぽつ 背中 大きい

背中や首元、顔などにぽつぽつができてしまう場合があり中には大きいものもあります。このぽつぽつは皮膚が老化してくることでできるもので、古くなった角質が固まったもので老人性イボとも言われます。

よく背中に大きいぽつぽつしたものができますがこれも老人性イボで肌の老化や紫外線などによって新陳代謝が衰えてしまい出来てしまう場合が多いのです。

このような背中の大きいぽつぽつなど取り方について口コミなどで評判になっているものがあります。取り方としてはできるだけ自然に取れてしまう方がいいと考えます。そのためには肌の新陳代謝を元に戻すという方法があります。

肌が衰えるのは紫外線や乾燥などが原因となっていることからそれらから肌を守るようにスキンケアを行うのが大切です。

背中のぽつぽつの老人性イボは良性のイボということもあり放置しても問題はないですがやはり気になるものです。
取り方としては治療薬を使用する方法と病院にいってとりのぞいてもらうという方法があります。
口コミなどで効果のある薬が評判になっています。やはり費用的には治療薬のほうが安く済むということになりますが、その分期間が掛かってしまうことになります。取り除くために病院という選択肢もあります。これら口コミや評判を見て判断をするという方法もあります。
  

背中のぽつぽつのイボに効く薬の価格相場はいくら?安い値段で買える薬もある?

ぽつぽつ 背中 薬

背中にぽつぽつとできてしまったイボに効くお薬には、塗るタイプと飲むタイプの2種類があります。

塗るタイプのものは即効性があるといわれている強いタイプのものから、穏やかに効くとされるオイルや美容液タイプのものがあります。飲むタイプのものは比較的、治療に時間がかかるとされていますので、お薬の価格と共に使用すると想定される期間を考えて選びましょう。

まず、塗るタイプのお薬ですが価格相場は600~5,000円程度となっています。
背中のぽつぽつしたイボに使う事を考えると安く買えて効くお薬としては第2類医薬品の「イボコロリ」がオススメです。オイルタイプですと大体500~2000円ほどの値段で買える「杏仁オイル」が安くて効果も期待でき、オススメです。

飲むタイプのお薬は「ヨクイニン(ハトムギ)」という成分のものが主流で、その製品により内容量は違ってきますが価格相場は1ヶ月分で1,000~5,000円ほどとなっています。

しかしその中でも、健康食品・第2類医薬品・第3類医薬品とに分類され、第2類医薬品が1番効果が期待できるとされています。

それぞれの1ヶ月の価格相場は健康食品が500~3800円程度、第3類医薬品が400~5000円程度、第2類医薬品で3800~4800円程度となっています。
  
背中のぽつぽつしたイボ対策商品とランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

背中のぽつぽつのイボに効果のある市販薬は薬局やドラッグストアでも売ってるの?

ぽつぽつ 背中 市販薬

背中のイボのぽつぽつは発症場所や寝たときなどの感触からどうしても気になってしまう症状となっているのですが、この症状に対する治療効果は薬局やドラッグストアで購入が出来る市販薬にもあるものとなっています。

これはイボコロリ液・イボコロリ絆創膏・クラシエ紫雲膏の3種類で、いずれも薬局やドラッグストアで購入が出来る市販薬としておなじみの薬となっているのです。

これら3つの市販薬は全て背中のイボのぽつぽつに塗ったり貼ったりするなどをして治療効果を発揮していく薬となっています。まず、イボコロリ系列は角質を柔らかくしてイボを取り除いていくという薬です。

そして、クラシエ紫雲膏は抗炎症作用・抗菌作用・抗腫瘍作用という3つの作用をイボに対して行っていくことで治療していくという薬ですので、イボの種類によって使い分けることが必要です。

治療期間が短いものの炎症効果などの副作用を引き起こす可能性があるイボコロリと治療期間が長いものの副作用の心配が少ないクラシエ紫雲膏という大きな違いがありますので、薬局やドラッグストアで購入出来る市販薬で背中のイボのぽつぽつを治療する場合には自分はどちらを使えば良いのかということを事前にじっくり検討した上で購入してください。
  

背中のぽつぽつのイボは病院の何科で治療できる?治療の費用はいくらかかるの?

ぽつぽつ 背中 病院

背中に目立つイボのぽつぽつが出来てしまった時は病院の何科に行けば良いか分からない場合があると思います。

または皮膚科に行けば良いと思っている方が多いかもしれませんが、実は勘違いである事が多いです。

ウイルス性ではなく老化現象による背中のぽつぽつの場合は皮膚科では取り扱っていないケースがありますので、治療する必要がないと言われる事もあります。
では背中のぽつぽつは病院の何科に行けば良いのかと言われますと美容皮膚科が答えとなります。

美容外科でも治療する事は可能な場合もありますが、費用が高額に請求される事があります。
1回の治療が高くリーズナブルな料金にしたいのでしたら専門的に診て貰える科である美容皮膚科がおすすめです。

背中のぽつぽつは何で治療するかによって費用は変わってきます。
炭酸ガスレーザーだと効果がとても高く5万円程になります。
もう少し費用を抑えたい場合は液体窒素を用いた冷凍療法で5,000円程となっています。

美容外科では手術をする事になり高額になりがちですが、美容皮膚科の方が気軽に施術してくれます。

病院で何科か迷った時は保険が適用されるのかどうかも併せて聞くと良いでしょう。
  
背中のぽつぽつしたイボ対策商品とランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

腰にぽつぽつのイボが出来るのは老人性のイボ?加齢とぽつぽつの関係って?

ぽつぽつ 腰 老人性

身体にいつのまにかぽつぽつとしたものができる場合があります。腰や首、手や肩などできる場所は様々です。ニキビか吹き出物かと思ってきれいに洗ってもなかなか治りません。

これは皮膚の老化と関係があり、古くなった角質が固まったもので、老人性イボや角質粒と呼ばれ加齢と原因があるのです。

腰や首などによくできるのは肌の老化が進んで新陳代謝が低下してくることで肌のターンオーバーのサイクルが悪くなってくるために起こります。

よく紫外線があたるところにできる場合が多いのですが、それ以外にも皮膚が擦れるような場所にもでき、いつのまにか腰などにぽつぽつとした老人性のイボや角質粒ができてしまうのです。

加齢によって皮膚にしわができたり固くなってきたりします。これも肌のターンオーバーと関係があり、早めにスキンケアを行うのが必要です。

ただこのようなぽつぽつした老人性のイボは早めにスキンケアを行うことと継続して行うことが必要です。ぽつぽつの老人性のイボは肌の加齢と関係が深く、再生する力も弱ってきているためです。

ぽつぽつした老人性のイボはスキンケアで治すことが可能です。ただし継続するのが大切です。継続してきちんとケアすることでいつのまにか取れるようになります。
  

腰に出来たぽつぽつのイボが痛い場合や痒い場合の症状と対応って?

ぽつぽつ 腰 痛い

腰にできるぽつぽつとした細かいイボは、時には痛い、痒いといった症状が伴いますから、対応する必要があります。

皮膚の老化が関係して発生するもので、皮膚は紫外線の影響や細胞の活動低下によるターンオーバーの乱れによって衰えてくると、1ミリから2ミリ程度の細かなイボができやすくなります。腰の部分でも、紫外線は服を通して肌に到達します。

イボが擦れて痛い、古い皮膚が蓄積したままだと痒いといった症状が現れることは良くあります。無理にこすったりすると痛みが増加したり肌が赤くなる、場合によっては出血を伴うことがあるので、対応するときには専門医に任せるべきです。

ぽつぽつイボを皮膚科で診てもらうと、小さなものであれば簡単にハサミで切り取ることができます。液体窒素で凍結させるとかさぶたになって自然に取れる方法もありますし、レーザーでも切除できます。

腰の部分だとそれほど跡を気にしない人もいますが、やり方によってはいつまでも取り除いた跡が残ってしまう場合があるため、対応方法は医師とよく相談して決めましょう。

ぽつぽつが痛い、痒いといった症状は取り除けば治まってきますが、クリニックに行くまでの間は冷やしたり、イボをバンドエイドなどで覆い、衣服と擦れないようにしておくと良いです。
  

腰にぽつぽつのイボがある赤ちゃんや子供の対処法は?子供用のぽつぽつ治療の薬はある?

ぽつぽつ 腰 赤ちゃん

腰にイボがぽつぽつある赤ちゃんや子供がいる場合に対処方法として子供専用のイボ治療薬があります。対処方法として子供用のヨクイニンを配合している治療薬を使います。固くなってしまった角質を柔らかくしてくれる作用があります。そして自然に排出することができます。

又皮膚科にいけば、レーザーで除去する治療法もあるので相談をしてみるときれいな肌にしてもらうことができます。しかし、皮膚科に行くと保険適応外であることが多いので治療するのに、高額になってしまいます。

そこで簡単に家でも治療する方法として子供用の治療薬を使った方が安い価格で対処することができます。ヨクイニンはハトムギを原料としていて自然成分なので赤ちゃんや子供にはとても優しく安全です。
腰のぽつぽつに塗るだけでしみたりすることもなく、痛みもないから赤ちゃんも嫌がらずに腰に塗ることができます。そこでメディパッチという減菌済みの保護パッドにイソジンを染み込ませて貼るという対処もあります。これも傷みがないので嫌がらずに継続して治療をすることができます。

ぽつぽつのイボで悩んでいるお母さんは痛みのない方法で家庭でもできる対処法を取り入れてみるべきです。子供用の薬も多くあります。
  
背中のぽつぽつしたイボ対策商品とランキングへ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。