お腹のぽつぽつしたイボ対策|赤ちゃんのお腹のポツポツ対処法

お腹 ぽつぽつ
お腹にぽつぽつとしたイボが出来たら、対策していきたいですよね。

お腹のぽつぽつイボには赤い色や茶色のイボ、小さいものや大きいイボ、老人性イボなどがあり、原因も加齢や紫外線など色々なものがあります。

今回は、お腹のぽつぽつしたイボの種類や原因、お腹のぽつぽつに効く市販薬、効果が期待できるクリーム、皮膚科でどうやって治療していくのかなどを解説していきます。

また、赤ちゃんのお腹の横腹にあるポツポツの対処法などにも触れています。

ここで紹介する内容があなたの役に立てば嬉しいです。

  
お腹のぽつぽつを取るクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

お腹のぽつぽつとした赤いイボや茶色や黒いイボなどの違いと種類とは?

ぽつぽつ お腹 赤い

お腹はイボのできやすい場所であり、あらゆるイボができる可能性があります。その中でも頻繁に見られるのがぽつぽつの老人性のイボであり、この場合のぽつぽつは加齢によって引き起こされます。

紫外線を浴びることでも起こりますので若い人でも発症することがあり、色は黒いものや茶色のものが該当します。黒いぽつぽつや茶色のぽつぽつはほくろと間違えやすい種類ですが、この種類は少しずつ大きくなる場合も多いので変化を観察していくと見分けがつきます。

黒いものや茶色のもの以外では、赤い血管腫であるケースも多いようです。この種類は血管の奇形によって引き起こされるのですが、放っておいても見た目の問題だけで済みます。

ただし、大きくなってくるとお腹部分は衣服との摩擦が心配ですので、必要に応じて病院で施術を受けるのが大切です。

お腹はとても皮膚の薄い部分ですので、他の種類のイボができて、それが摩擦によって出血を起こして赤いという場合もあり得ます。そのため、違和感を感じたら早めに受診するのも大切です。

赤いと見た目にもとてもインパクトがありますが、一般的には衣服に隠れている部分ですので見た目を気にして治療を受けるという人は少ないようです。
  

お腹にぽつぽつとしたイボが出来る原因|お腹周りや脇腹のポツポツの改善方法とは?

ぽつぽつ お腹 原因

お腹や脇腹にぽつぽつとしたものができる場合があります。これは角質粒とも言われているイボで、若いころはあまり気にならなかったけど歳を重ねてくると出来やすくなるために老人性イボとも呼ばれています。

大きさは1ミリから2ミリ程度のものでお腹や脇腹などではぽつぽつと数個できてしまう場合があります。このようなぽつぽつした老人性イボには原因があります。

皮膚は常に新陳代謝を繰り返していて、古くなった角質を新しいものに変えてきれいな肌を保とうとしています。しかしそれが加齢によって新陳代謝が鈍くなってきてしまうということです。

もうひとつの原因は紫外線があります。皮膚にシミのようなものができるのも加齢によってできやすくなりますが、これも同じ原因なのです。皮膚が擦れるようなお腹などにもできる場合があるのです。

お腹や脇腹のぽつぽつは改善することができます。要は皮膚の代謝が悪くなっているのを改善すれば良いということになります。

ポツポツはまず防ぐのが大切でストレスや睡眠不足を防ぐことです。ポツポツを改善するためスキンケアも必要です。皮膚の新陳代謝を促すようなスキンケアを続けることでこのようなポツポツを改善することができます。
  
お腹のぽつぽつを取るクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

お腹のぽつぽつのイボは加齢や老化が原因?老人性のイボのできやすくなる年齢って?

ぽつぽつ お腹 老人性

40代を超えたころから皮膚の表面にぽつぽつとしたものができる場合があります。これは老人性イボと呼ばれているもので加齢と関係があります。

年齢を重ねることでお腹や腰、首まわりや肩などにぽつぽつとできる場合が多いのです。これは皮膚を構成している角質が老化してくると新陳代謝によって新しく再生されるのですが、加齢によって新陳代謝がうまくいかずに角質が残ってしまうためにできるのです。

またこのようなぽつぽつした老人性イボが首や肩にできやすいのは紫外線との関係があります。やはり年齢を重ねることで紫外線があたる量も増えていくことになり皮膚も老化してしまいます。

またお腹や腰も皮膚がこすれたり、押さえられたりする部分でもあり皮膚の新陳代謝が衰えやすい部分でもあるためにぽつぽつとした老人性イボができてしまうのです。

加齢とともに増えてくるぽつぽつはまず防ぐのが必要です。そのためにスキンケアを行い、続けることでこのようなぽつぽつの老人性イボも治すことができます。

お腹や腰、首や肩にできたぽつぽつは市販のスキンケア用品を使って毎日使い続けることです。肌が老化してくることで衰えた新陳代謝を元に戻すのです。

スキンケアを続けることで年齢を重ねてでできやすくなるぽつぽつの老人性イボを防ぐことができます。
  

お腹のぽつぽつのイボに効く薬は市販の薬局やドラッグストアでも売ってる?

ぽつぽつ お腹 薬

お腹のぽつぽつに効く薬は、薬局やドラッグストアで購入できる市販のものもあります。

塗るタイプで最も有名な市販薬には「イボコロリ」があります。こちらは液状のタイプで、ぽつぽつに直接塗って治療します。イボに塗ると白く固まるので、お腹にできたぽつぽつでも洋服に薬がつくのを気にせず治療することができます。

固まった「イボコロリ」をピンセットなどで剥がし、また塗る、を3、4日繰り返して治療していきます。

次に同シリーズの「イボコロリ絆創膏」があります。こちらは名前の通り絆創膏タイプで、お腹のぽつぽつに直接貼ることで患部を治療できるため、とても手軽な方法です。

他にも飲み薬は様々なメーカーから発売されており、薬局やドラッグストアで購入できる市販のものには「イボコロリ」の飲み薬タイプもあります。

これらの錠剤は、イボに効果的と言われる有効成分ヨクイニンが配合されているものが多く、内側からしっかり治療したい人向けです。イボに効く漢方などもありますので、体質から改善したいという方は、お近くの漢方薬局で処方してもらうという方法もあります。

気になるぽつぽつは、ドラッグストアなど身近なお店で買える商品で治療していきたいですね。
  

お腹のぽつぽつのイボに効果のある薬の価格相場|安い値段で買える薬もある?

ぽつぽつ お腹 効果

お腹のイボのぽつぽつで悩んでいる方も多いでしょう。そんな方のために効果のある薬を手軽にドラッグストアなどで購入することができます。薬局やドラッグストアなど市販の物が多くあります。

そこでお腹のぽつぽつを取るのならよく名前を聞いたことがある「イボコロリ」があります。液状タイプになっているものがおすすめで、気になるところに直接このイボコロリを塗っていきます。

すると患部が時間が経つと白く固まっていきます。そして固まりが自然と取れていき、お腹のぽつぽつがきれいになります。

気になる価格は10ミリリットルの液体で1000円以下で購入でき、このようなイボケア商品としては安い値段で買えるので助かります。だいたいのぽつぽつイボの薬の相場を見てみると1000円以上から高い物で3000円もするものもあっていろいろあります。

このイボコロリは価格が安いのに効果も高いとのことで人気も高く、特に主婦にとっては嬉しい値段設定でしょう。イボに効果的なヨクイニンという成分が配合されているので安い値段でも効果が期待できる商品です。

ぽつぽつのイボで悩んでいるのなら価格は1000円前後で買える物でも十分に効果が期待できるのでドラッグストアで探してみると良いでしょう。
  
お腹のぽつぽつを取るクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

お腹のぽつぽつのイボに効く薬は通販のamazonや楽天でも買える?

ぽつぽつ お腹 効く

お腹にぽつぽつと出来たイボに効く薬は、楽天やamazonなどの通販サイトで様々な種類が販売されています。しかも、楽天やamazonは通販サイトの中でも大手ということで、ドラッグストアーよりも品揃えは豊富です。

例えば、塗るタイプのぽつぽつイボに効く薬を求めているのであれば、イボコロリがオススメです。この薬は、関西では特に有名で、製造販売を始めたのは何と大正8年(1919年)のことです。つまり、100年近い歴史を積み重ねてきたということで、多くの人に愛用されています。

なお、このイボコロリは、平成10年(1998年)には絆創膏タイプ、平成24年(2012年)には内服タイプがラインナップに加えられています。これらは、いずれも全身のイボに効果を発揮しますが、お腹に出来たぽつぽつには絆創膏タイプがオススメです。

何故なら、塗るタイプよりも肌への刺激が少なく、内服タイプよりもピンポイントでアプローチできるからです。

このように、お腹のぽつぽつに効く薬には様々な種類があるだけではなく、塗るタイプや飲むタイプ、絆創膏タイプと形態も多様です。これらは、いずれも楽天やamazonなどの通販サイトで取り扱われているので、症状や好みに合わせて選択することが出来ます。
  

お腹の小さいぽつぽつとしたイボに塗る、塗り薬やクリームはある?口コミで人気の高い商品って?

ぽつぽつ お腹 小さい

お腹に出来る小さいイボのぽつぽつに塗るクリームや塗り薬でおすすめなのが、口コミでも評判の艶つや習慣という商品です。

このぽつぽつ対策ジェルは、角質ケア・美容液・化粧水・乳液・保湿と一本で様々な役割をこなせるオールインワンタイプで、単にぽつぽつを改善するだけではなく、お肌の健康を守りながら美しさを引き出すという効果も発揮します。

なお、艶つや習慣がお腹の小さいぽつぽつに効き目を発揮するのは、杏子エキスとハト麦エキスというダブルエキスのパワーによるものです。

これらの成分により、お肌のターンオーバーが活性化されるうえに、加齢により失われてしまう潤いを回復させます。このために、お腹に限らず老化や乾燥などが原因のぽつぽつイボであれば、どの場所に出来たものであろうと改善効果を期待できます。

さらに、この塗り薬タイプのクリームには、アロエエキスやプラセンタエキス、ヒアルロン酸など様々な種類の美容成分が配合されています。このために、小さいぽつぽつだけではなく、様々なお肌のトラブルに対して効果を発揮します。

ちなみに、このクリームの詳細な内容を知る上で便利なのが、実際に使用した人による口コミです。口コミの中には、この塗り薬を使用したことによる色々な体験談が記されており、購入する際の貴重な参考資料として利用できます。
  
お腹のぽつぽつを取るクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

横腹のぽつぽつとしたイボが生まれつきある赤ちゃんや幼児の対処法は?

ぽつぽつ 横腹 赤ちゃん

赤ちゃんや幼児にぽつぽつとしたイボがあると、お母さんはとても心配になります。ウィルス性のイボだとかゆみがあるので、赤ちゃんや幼児が掻かないように注意しなければいけません。生まれつきイボのある赤ちゃんもいます。

横腹にできてしまったぽつぽつとしたイボが、ウィルス性か角質や紫外線の影響でできた老化現象が原因のイボか分からない時は皮膚科を受診するのが一番です。

赤ちゃんや幼児でも老化現象が原因のぽつぽつイボはできます。生まれつき横腹にぽつぽつとしたものがあるなら、イボではなく脂肪腫の可能性もあります。皮膚科を受診するのがイボの原因や対処方法が分かるのでおすすめです。

老化現象が原因のイボなら自宅で軟膏を塗ったり飲み薬を服用する治療法になります。生まれつきイボがある赤ちゃんや幼児は特別な対処をしなくても完治する場合があります。いずれにせよ、自分で判断せずに病院で診察してもらうことが大切です。

イボは種類によって対処方法が全く違います。ウィルス性の水いぼなどは触ってはいけませんが、老化現象が原因なら軟膏を塗ってあげなければいけません。

対処方法が分からないと不安になってしまいますが、横腹のぽつぽつをあまり触らないようにして病院で早めに診察してもらえば安心です。
  

横腹のぽつぽつのイボを病院の皮膚科で治療する場合の治療方法は?料金はいくら?

イボ 横腹 皮膚科

横腹部分にぽつぽつと出来たイボは、病院の皮膚科での治療が可能で、基本的には健康保険が適用されるために料金はそれほど高くなることはありません。

なお皮膚科で実施される治療の具体的な内容は、塗り薬や貼り薬、内服薬の処方が中心でぽつぽつの状況により適切な方法が選択されます。

例えば、皮膚がデリケートなタイプの場合は、横腹のぽつぽつを改善するために貼り薬や塗り薬を使用するとかぶれてしまうケースがあります。このために、このような場合は内服薬が適当になり、皮膚科の医師の判断により処方されることになります。

ちなみに、内服薬の主成分はハトムギ由来の生薬が主流で、塗り薬や貼り薬にはサリチル酸という成分が配合されています。これらの治療薬はいずれも保険診療として処方されるので、料金が高額になることはありません。

ただしぽつぽつが痕になってしまうと、これを綺麗にするための治療は皮膚科ではなく、美容専門の病院となるので健康保険は適用されません。

このために、これらの美容専門の病院で行われる治療の料金は高額となる可能性があるので、横腹にぼつぼつが出来た場合は早めに皮膚科で診てもらうのが適当な方法です。
  

横腹に出来た大きいイボのぽつぽつに効く取り薬や飲み薬は?自分で大きいぽつぽつを取る取り方って?

ぽつぽつ 横腹 大きい

横腹に出来たイボのぽつぽつに効く取り薬や飲み薬の中で最も有名なのは、大正8年から販売されているイボコロリで、この内の絆創膏タイプは大きいぽつぽつの取り方として特におすすめです。

使い方は極めて簡単で、薬剤部を横腹のぽつぽつ部分にずれないようにあてて、2~3日間貼り続けるというだけです。すると、薬剤部から有効成分が浸透するので、ぽつぽつが徐々に白く変化します。

やがて、これが軟化して剝がれ始めるので、ピンセットで痛みを感じないように除去します。これが、具体的な取り方で、患部をお湯につけるとさらに取りやすくなります。

なお、大きいイボに関しては、このような取り薬が適当ですが、体質から改善したいという場合は飲み薬の方が有効です。イボコロリの飲み薬は、平成24年に販売を開始されたという新しい薬で、ハトムギエキスを主成分としています。

一方、この飲み薬のデメリットは、効果があらわれるまでに時間がかかるということで、スピードという点においては取り薬には及びません。このために、急いでいる場合の取り方としては適当ではないということになります。

つまり、横腹の大きいイボを取りたいときには、急いでいる場合は取り薬、根本的に改善したい場合は飲み薬がオススメと言えます。
  
お腹のぽつぽつを取るクリームとランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。