お腹のイボに効く市販薬|老人性イボや赤いイボなどの治療方法

お腹 イボ
お腹のイボができてしまった場合の対処法にはどんなものがあるのでしょうか?

お腹のイボの種類は色々あって、赤いイボや茶色のイボ、小さいイボ、大きいイボ、老人性イボなど様々です。

ここでは、お腹のイボの種類や原因、お腹のイボに効く市販薬、効果的なクリームなどを詳しく説明します。

横腹のイボを病院の皮膚科で治療する場合のやり方や、赤ちゃんの横腹のイボ対処法も紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

  
お腹のイボ対策ができる商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

お腹のイボの種類|赤いイボや茶色、黒いイボなどの種類と違いとは?

イボ お腹 赤い

お腹にできるイボは一種類ではありません。赤いもの、茶色いもの、黒いものなどの色々な種類がありますので、どのような違いがあるのかを知っておく必要があります。

茶色いものや黒いものは老人性のイボである可能性が高くなります。高齢者にできるものですが、中には若くてもできてしまう場合があります。良性の腫瘍ですので悪さはしませんが、年齢と共に増えてしまう場合がありますので注意が必要です。

茶色や黒いイボを予防したい時には、肌細胞の働きを活性化させるようなケアが有効です。また、強い紫外線を浴びることや衣服との摩擦によって刺激を受けることもリスクになりますので、外的刺激を与えないように気をつけなければなりません。

赤いイボの場合、血管腫である可能性が高くなります。小さな血管の奇形によりできてしまうのですが、こちらも良性ですので日常生活に支障が出なければ放っておくのも一つの方法です。

ただし、大きなものができてしまうとお腹は摩擦が起こりやすい部分ですので生活に支障が出る場合もあります。そのため、必要に応じて皮膚科で除去手術を受ける人もいます。

お腹にできている赤いイボは唇や舌にできる場合もある種類ですが、その場合は黒っぽく見えます。
  

お腹にイボが出来る原因|お腹周りや脇腹にポツポツと出来るものの改善方法って?

イボ お腹 原因

お腹周りの皮膚は柔らかく、イボができやすいです。お腹周り以外では、首や胸なども同じように皮膚が薄くて柔らかいのですが、年齢と共に少しずつ皮脂の分泌量が減ってきて保水力も低下してくると皮膚が硬くなってイボができやすくなります。

お腹周りの中でも脇腹には特にイボができやすく、衣服との摩擦も大きな要因となっています。脇腹には紫外線を浴びる機会はほとんどありませんので、摩擦や老化が主な原因と考えるのが妥当です。

万が一脇腹にポツポツができてしまったら、衣服との摩擦を起こさないように締め付けの強い衣服は避けるようにしましょう。ポツポツの原因は老化もありますので、老化による症状を改善するためにターンオーバーを高めるケアが必要です。

急にポツポツができてしまっても原因をしっかりと把握して正しい改善法を実践することができれば、少しずつ減らすことが可能です。

イボの改善には化粧品を使うのも効果的ですが、その中でもターンオーバーを活性化させるヨクイニンは非常に効果のある成分です。

ヨクイニンはハトムギ茶やサプリなどを利用して体の内側からケアを行う際にも利用されるものであり、外側と内側の両方からケアを行うことができれば、効果はより高まります。
  

お腹のイボは加齢や老化が原因?老人性のイボができやすい年齢って?

イボ お腹 老人性

お腹のイボは加齢によって引き起こされる症状の一つです。老人性のイボですので、年齢を重ねると共に増えてくる傾向にあります。

なぜ加齢によって起こるのかというと、肌が老化して皮脂の分泌量が減少し、保湿力が低下して部分的に皮膚が硬くなってしまうためです。年齢と共に肌細胞の働きが衰えるとどんどん保湿力は低下していきます。

お腹は元々皮膚の柔らかい部分ですので、若いうちはイボはあまりできません。しかし、30代以降になると老化現象の一つとして皮膚が硬くなったり水分を保持しておく働きが弱まります。

お腹周りは紫外線の影響はほぼありませんが、衣服との摩擦は頻繁に起こりますので、他の部位よりも老人性のイボができやすくなります。

老人性のイボを改善しようと思うのなら、肌代謝を高める必要があります。加齢による肌細胞の働きの衰えは誰にでも起こるものですが、老化のスピードは年齢と比例するわけではありません。

同じ年齢であっても若々しい肌の人もいますし、老化の目立つ肌の人もいます。ですから、予防のためにも肌の働きを衰えさせないようにヨクイニンなどの成分を上手く活用したり、保湿を行って水分と油分のバランスを整えることが大切です。
  
お腹のイボ対策ができる商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

お腹のイボに効く薬は市販の薬局やドラッグストアでも売ってる?

イボ お腹 薬

老人性イボは「脂漏性角化症」と呼ばれ、お腹や首周りにボツボツが出来る症状です。原因は紫外線や遺伝だと言われており、脂漏性角化症は良性腫瘍であるため、放置していても特に悪影響はありませんが、自然に完治することがないのです。

病院にいくことでも治療することが出来ますが、来院するのが恥ずかしいと思う方も多いはずです。

ですが、安心してください。市販の薬でも治すことが可能です。ドラッグストアや薬局にも売っている市販薬をご紹介致します。

まずは「ぽっつるん」です。「ぽっつるん」はヨクイニンエキスとリピジュアが配合されている軟膏タイプの薬品となっており、
・じっくり時間をかけても良いので肌に優しいもので治したい
・価格が安めなものが良い
という方におすすめで、薬局やドラッグストアで入手可能です。

次に「イボコロリ」です。「イボコロリ」は、足に魚の目が出来てしまってお世話になった方も多いのではないでしょうか。イボコロリはドラッグストアや薬局では置いてないところがないほどメジャーな商品で
・お腹や首元皮膚が多少荒れても早く治したい
・お腹や首周りに安定して付けておきたい
という方におすすめです。

どちらも市販されていることが多いので、お好きなもので治療してみてはいかがでしょうか。
  

お腹のイボに効果のある薬の価格相場は?安い値段で買える薬もある?

イボ お腹 効果

お腹はイボができやすく、できてしまうと気になる部位ですので、薬で治したいと考えるのは当然ですが、この時、気になるのが効果的な薬を安い値段で買えるのかという価格のことでしょう。

お腹にできるイボは老人性、ウイルス性など様々な種類がありますが、このうち、老人性でもあるアクロコルドンはイボに効果のあるとされる市販の薬で対処することができます。

例えば、ヨクイニンエキスが配合されている飲み薬や紫雲膏などの塗り薬など種類は数多くあり、この場合の価格相場は1000円から3000円程度となっていますので、その中から安い値段で買えるものを選ぶとよいでしょう。

またアクロコルドンは妊娠中のホルモンバランスの変化などでも出来やすいため、このような場合は、胎児への影響も考慮する必要がありますので、自己判断で薬を使うのではなく産婦人科の医師に相談をすることが大切です。

ただお腹にできるイボは、先述したようにウイルス性のものもありますので、変に自分で触ってしまい患部を拡げてしまわないためにも、まずは皮膚科で診察を受けることが大切です。

また処方薬の方が効果もあり、実は値段も安いことが多いため、価格を気にするのであれば皮膚科が一番ともいえるのです。
  

お腹のイボに効く薬は通販のamazonや楽天でも買える?

イボ お腹 効く

お腹のイボに効く薬は、通販サイトのamazonや楽天でも購入することができます。

ドラッグストアなどで手に入るものもありますが、amazonや楽天などの通販サイトのほうが扱っている種類も多く、様々な商品から選ぶことができます。

まず最も有名なのが「イボコロリ」です。こちらは塗り薬タイプで、液状の薬をお腹のイボに塗ると白く固まります。これを3、4日繰り返し塗ることで、お腹のイボが剥がれてくれるという商品です。薬が固まってくれるので、お腹に塗っても服につくことがなく、しっかり患部に効くお薬です。amazonで購入可能です。

次に飲み薬タイプですが、「本草 ヨクイニン錠S」があります。こちらはイボに効くことで有名な有効成分ヨクイニンエキスがしっかり含まれています。

ヨクイニンとはハトムギの種皮を取り除いた種子のことで、栄養価が高く古来から肌荒れの薬として使われてきました。肌の入れ替わりである新陳代謝を促してくれるので、体の内側から治療できるお薬です。 こちらは楽天で購入可能です。

これ以外にも、通販サイトでは様々な商品を取り扱っています。取り入れやすい塗り薬や飲み薬といった2タイプも種類豊富ですので、ご自身に合ったお薬を探してみてはいかがでしょうか。
  
お腹のイボ対策ができる商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

お腹の小さいイボに効く塗り薬やクリームは?口コミで人気の高い商品って?

イボ お腹 小さい

お腹の小さいイボは、加齢の影響で乾燥し、古い角質が硬くなってしまったことが原因の可能性が高いです。これは角質粒とも呼ばれるのですが、サイズも小さいので、それほど目立つものではないかもしれません。

しかし、やはりお腹に小さいイボが出来てしまうと気になるものですから、治したいと考える方も少なくないでしょう。塗り薬やクリームを使用してお手入れしていけば、皮膚が柔らかくなって自然と小さいイボが取れるようになるので、ご安心ください。

おすすめなのは、イボ専用のクリームです。塗り薬のほうが効果が高いと思われることが多いのですが、実はそうでもありません。

あんずエキス、ハトムギエキスが配合されている専用のクリームでしたら、お腹にできてしまったポツポツも解消することができますし、お肌のお手入れもできるようになるので、今後同じような角質粒ができないように予防することも可能です。

口コミで人気の商品といえば、艶つや習慣です。口コミサイトでの評価が非常に高いクリームで、あんずとハトムギのエキスが両方とも配合されています。

塗り薬では単に角質粒を取り除く効果しか得られませんが、艶つや習慣のような口コミ人気のクリームなら美肌効果まで得られるので、試してみてください。
  

横腹のイボが生まれつきある赤ちゃんや幼児の対処法は?

イボ 横腹 赤ちゃん

幼児や赤ちゃんの横腹に見られる生まれつきのようなイボは、遺伝や衣服との接触などが原因で、これらへのアプローチが適切な対処法となります。

ちなみに、遺伝性のイボは肌のターンオーバーが何らかの原因で乱れてしまい、メラニン色素が沈着して積み重なったことによるもので、加齢や紫外線が原因でできるものと仕組みは同じです。このために、これらと同様の対処法が適当ということになります。

一方、衣服などの刺激が原因で出来たイボは、盛り上がっている部分が固いのが特徴です。こちらは、最も一般的なイボで、横腹だけではなく、指やひじ、ひざなどの接触が多い場所にも起こりがちです。

この接触が原因で出来たイボの場合は、生まれつきのものと同様に自然に治るケースもありますが、赤ちゃんや幼児は抵抗力が弱いので皮膚科で診てもらうというのが最適な対処法となります。

このように、赤ちゃんや幼児の皮膚のトラブルの中には、生まれつきのように見える症状でも、実は後天的な原因により発症しているケースがあります。本来は、皮膚のターンオーバーが活発な時期なので早期の改善が可能ですが、いつまでも治らない場合は専門家に診てもらうのが適当です。

横腹で目立たないということで発見するのが遅れてしまいがちですが、状況に応じて適切な行動を取るようにしましょう。
  

横腹のイボを病院の皮膚科で治療する時の方法と料金って?

イボ 横腹 皮膚科

横腹のイボを病院の皮膚科で治療する場合の料金について紹介します。

横腹にできるイボは、アクロコルドン(老人性イボ)という現象で、皮脂の分泌量や肌の保水機能が低下する事が原因で、皮膚が硬くなって肌表面に突起のように現れます。

病院の皮膚科で治療する場合、液体窒素とハサミ、レーザーの3つの方法があります。

液体窒素での除去方法は、-200度近い液体窒素で冷却したピンセットなどの器具で、つまむようにして凍結させると、2週間ほどでかさぶたとなって自然に剥がれ落ちます。

目安で料金は1個につき4~500円程度と安価で治療できます。デメリットは、完治するまでに何度か通院の必要がある事と、色素沈着を起こして跡が残りやすい事です。

皮膚科での、ハサミを使った横腹のイボ切除の料金は、目安で5,000円~8,000円程度です。

レーザー治療(炭酸ガスレーザー)は、一気にイボ内の水分を蒸発させて切除します。この方法では、痛みもほとんどなく、傷の治りも早めで傷跡が残りにくく、1回で完治させる事ができます。

デメリットは、保険適用外の自由診療のため、全額自己負担で料金が高額になります。目安は1mmあたり2,000円程度ですが、個数や大きさ、病院によっても料金設定が違うので、事前に調べてから行くようにしましょう。
  

横腹に大きいイボが出来た場合に効く、取り薬や飲み薬は?自分で大きいイボを取る場合の取り方

イボ 横腹 大きい

普段人目にさらされない横腹のイボでも大変気になります。大きいものや数が増えてくると大いに悩むものです。出来ることなら皮膚科や美容整形外科での外科手術ではなく、市販の取り薬や飲み薬を使用して取り去りたいものです。

大きい横腹のイボの取り方には飲み薬を使用する方法と取り薬を利用する方法があり、イボコロリという商品が有名です。イボコロリにはいくつか種類があるのですが、イボコロリ絆創膏という貼るタイプの方が効果が現れるまでの期間が短いです。

時間がそれほどかからない取り方を選びたいなら、イボコロリ絆創膏でのケアを考えてみても良いかもしれませんね。イボコロリ絆創膏は比較的安価です。500円前後で購入することもできます。

一方で、イボコロリ内服錠という飲み薬を使った取り方もあります。こちらはヨクイニンエキスという成分が配合されています。ヨクイニンはイボに効果が期待できる成分と言われています。体質から改善したいということであれば、イボコロリ内服錠を検討してみても良いかもしれませんね。

このように、横腹の大きいイボをケアするための取り薬や飲み薬というのは種類があり、それぞれ特徴が違いますので、あなたに合った方法を選ぶのが大切です。
  
お腹のイボ対策ができる商品とランキングはコチラ

>管理人イチ押しの「艶つや習慣プラス」の詳細はコチラ

  

執筆者:かおり

コメントは受け付けていません。